ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

「読む」から「体感」するアートへ『マンガ マッピン!』始動

「読む」から「体感」するアートへ『マンガ マッピン!』始動
村松亮太郎率いるネイキッド × 佐渡島庸平率いるコルク × エイベックスによる初共同アートプロジェクト
株式会社ネイキッド(東京都渋谷区、 代表 村松亮太郎 英語表記:NAKED Inc.)は、 株式会社コルク(東京都渋谷区、 代表:佐渡島庸平)、 エイベックス・エンタテインメント株式会社(東京都港区、 代表:黒岩克己)企画協力のもと、 マンガ×現代のアートで新たなマンガ表現の楽しみ方を、 日本から世界に発信するプロジェクト『マンガ マッピン!』を始動することをご報告いたします。

 

 

  • ネイキッド×コルク×エイベックスが表現する、 現代的なアートのあり方とは?

『マンガ マッピン!』プロジェクトは、 村松亮太郎の「マンガの世界が現実に現れたら」という着想を元に、 村松と、 コルク代表 佐渡島庸平氏との出会いによって、 生まれました。 それぞれがクリエイティブ、 出版、 音楽と違う分野で、 新しい潮流を創ってきた、 ネイキッド、 コルク、 エイベックスがマンガ表現を通して、 現代的なアートのあり方を模索します。 空間、 web、 SNSなど、 リアルとwebを超えた「場」から生まれる、 マンガ表現の新たな楽しみ方にご期待ください。

また、 アーティストライブでのマンガ マッピン!コラボ演出、 新人作家×ミュージシャンのマンガ表現開発など、 マンガ家だけでなく、 ミュージシャンなど様々なクリエイターともコラボレーションを予定しています。
 
  • 世界中に、 ノンバーバルなマンガ表現を体感するアートを発信


本プロジェクト内で、 「平面」であるマンガ表現を、 「立体」で体感するアートを定期的に発表していきます。 マンガ表現を、 空間、 音、 触覚、 ネットワークなどを用いて、 「読む」「見る」から、 「体感する」「参加する」体験へ。 日本から生まれた表現であり、 世界中の人々とノンバーバルなコミュニケーションが可能となる「マンガ表現」のアートを、 国内だけでなく、 欧米、 アジアなどの世界各地で、 展開予定です。

※第一弾の作品発表の詳細については11月上旬に別途発表いたします

 
  • プロジェクト概要

・プロジェクト正式名称:マンガ マッピン!プロジェクト(英語表記:MANGA MAPPIN’)
※マンガとマッピンの間は半角アケ、 !は全角です
・主催:NAKED Inc.
・企画・演出・制作:NAKED Inc.
・企画協力:株式会社コルク、 エイベックス・エンタテインメント株式会社
・『マンガ マッピン!』プロジェクト公式サイト: http://naked-inc.com/comic/
※作品発表に関する詳細は11月上旬に発表予定です



<村松亮太郎(株式会社ネイキッド)について> 

アーティスト。 クリエイティブカンパニーNAKED Inc.代表。 大阪芸術大学客員教授。 環境省が認定した日本一の星空の村「阿智村(あちむら)」阿智★昼神観光局の ブランディングディレクター。 自社で企画・演出するプロジェクトとして、 東京を体感するアート展『TOKYO ART CITY by NAKED』や花の体感型イベント『FLOWERS by NAKED』などを展開し、 新しい体験や価値を提案してきた。 2017年は「食×アート」に挑戦する新プロジェクトとして、 「LIFEにクリエイティビティを」をテーマに新しいライフスタイルを提案する『TREE by NAKED』を始動。 近年は地方創生にも注力し、 佐賀県庁全体を遊べるアート空間へとプロデュースする『アート県庁プロジェクト 星空のすいぞくかん Art Produced by NAKED』の常設展示を手掛ける。 また、 2016年5月には市川染五郎主演の歌舞伎ラスベガス公演”Panasonic presents Wonder KABUKI Spectacle'KABUKI LIONʼ ”の空間創造を手掛けるなど、 伝統文化の方面でも積極的に活動をしている。

・NAKED Inc.公式サイト: http://naked-inc.com 
・NAKED Inc. Twitterアカウント:@naked_inc
・NAKED Inc. Instagramアカウント:@naked_inc
・村松亮太郎公式フェイスブックページ: https://www.facebook.com/MuramatsuRyotaro 



<佐渡島庸平(株式会社コルク)について> 


2002年に講談社に入社し、 週刊モーニング編集部に所属。 『バガボンド』(井上雄彦)、 『ドラゴン桜』(三田紀房)、 『働きマン』(安野モヨコ)、 『宇宙兄弟』(小山宙哉)、 『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、 『16歳の教科書』などの編集を担当する。 2012年に講談社を退社し、 クリエイターのエージェント会社、 コルクを設立。 現在、 漫画作品では『オチビサン』『鼻下長紳士回顧録』(安野モヨコ)、 『宇宙兄弟』(小山宙哉)、 『テンプリズム』(曽田正人)、 『インベスターZ』(三田紀房)、 『昼間のパパは光ってる』(羽賀翔一)、 小説作品では『マチネの終わりに』(平野啓一郎)の編集に携わっている。
(Photo: KENTARO KAMBE)

・株式会社コルク公式サイト: http://corkagency.com
・佐渡島庸平 公式Twitterアカウント:@sadycork



<エイベックス・エンタテインメント株式会社について> 

主に音楽事業を担うエイベックス・グループの一社。

(エイベックス・グループについて)
1988年、 エイベックス・ディー・ディー(株)を設立し、 レコード輸入卸販業を始める。 1990年、 自社レーベル「avex trax」を設立、 「JULIANA’S TOKYO」CDシリーズなど、 様々なダンスコンピレーションアルバムを発売。 1993年、 邦楽第一弾アーティストTRFがデビュー。 以降、 Every Little Thing、 浜崎あゆみ、 倖田來未、 AAAらが所属し、 EXILEほか数々のアーティストの音楽制作および販売も手掛ける。
1999年、 東証一部上場後は音楽以外の事業も積極的に展開。 現在は、 新たなタグライン(企業理念)「Really! Mad+Pure」のもと、 「avex group成長戦略2020~未来志向型エンタテインメント企業へ~」を推進。 音楽、 アニメ、 デジタルの3つに事業ドメインを集約し、 新たなヒット創出を目指している。

・エイベックス・グループポータルサイト: http://avexnet.jp



※ニュースリリースに掲載されている社名および製品名は、 各社の商標または登録商標です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です