ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

幻冬舎×テレビ朝日×pixiv 小説コンテスト「ピクシブ文芸大賞」大賞受賞作品は『Q&A』に決定!

幻冬舎×テレビ朝日×pixiv 小説コンテスト「ピクシブ文芸大賞」大賞受賞作品は『Q&A』に決定!
幻冬舎×テレビ朝日×pixiv 小説コンテスト「ピクシブ文芸大賞」
大賞受賞作品は『Q&A』に決定!

株式会社幻冬舎、 株式会社テレビ朝日、 ピクシブ株式会社が2016年10月27日~2017年3月31日まで開催した小説コンテスト「ピクシブ文芸大賞」の受賞作品がついに決定しました。

文芸に特化した小説投稿サイト「ピクシブ文芸」にて、 これからのエンターテイメント界を牽引していく才能を探す本コンテストでは、 ピクシブにおける小説コンテスト史上最多の応募総数3600作品以上が集まりました。

力作揃いの中から大賞に選ばれたのは、 小林大輝さんの『Q&A』です。
大賞作品は、 幻冬舎にて書籍化、 テレビ朝日にて映像化が予定されています。

特別賞として、 文芸誌「小説幻冬」での連載権を獲得できる小説幻冬賞には『からっきし又右衛門』、 表紙イラストを募集するイラストコンテストをpixivで開催&幻冬舎で電子書籍化が予定されているpixiv賞には『夢渡り』『旧暦編纂のサイダーセブン』、 テレビ朝日賞は大賞も受賞した『Q&A』に贈られます。

各賞についての講評は下記をご覧ください。

【大賞、 テレビ朝日賞のW受賞 『Q&A』講評】

幻冬舎
冒頭から、 ぐっと引き込まれました。 被害者と犯人が交互に問いと答を出し合う「Q&A」の形式が取られるストーリーは、 緊張感があり時間を忘れさせてくれます。 練られた仕掛け以上に、 世界の不条理や人間のありようについての強い訴えが漲っていて、 世の中にこの小説を問いたいと思い大賞に選びました。

テレビ朝日
事件があって、 警察がノートを発見する。 そこに「謎」がある。 刑事サスペンスを入口にしながら、 世の中の不条理を訴えるテーマ性に加え、 数々の仕掛けを用いた高い構成力に惹きつけられました。 童話的な世界観でもあり、 今後様々な展開がイメージできることから、 大賞とテレビ朝日賞のW受賞としております。

ピクシブ
殺人現場に残されていたのは、 被害者と犯人と思われる人物が交互に問いかけあうノート。 事件の真相を知るために読み始めた警察官は、 いつしか二人の過去にのめり込んでいく…。 哲学的テーマを描きつつエンターテイメント性があり、 大変読みやすかったです。 他の応募作のどれとも似ておらず、 巧みな構成力は群を抜いています。 やや性急な展開にも今後の伸びしろを感じ、 大賞としました。

【小説幻冬賞 『からっきし又右衛門』小説幻冬編集部講評】
まず、 時代小説として大変面白く読めました。 生きていくことに付いて回る喜怒哀楽は時代がどうあれ普遍だと思いますが、 その意味では現代を生きる僕らが読んでも沁みる物語だと思います。 国にも個人にも、 「語られる歴史」と「語られぬ歴史」があります。 後者に思いを馳せる感性の持ち主であれば、 たまらない読後感が味わえるはずです。

【pixiv賞 『夢渡り』『旧暦編纂のサイダーセブン』 講評】
「夢渡り」
夢の中で己を殺し続ける主人公と、 それを救済する『獏』。 巧みな描写で描かれる夢の世界は美しく、 それゆえにその景色が死と結びついていることに底知れぬ恐怖を感じました。 明るく個性のあるキャラクター達がすっと心に瞬間が心地良かったです。 仄暗い夢と優しい現実の狭間でさ迷う気持ちに、 共感する読者も多いのではないでしょうか。 イラストコンテストでは、 ぜひそれぞれの『夢渡り』を描いて欲しいと思います。

「旧暦編纂のサイダーセブン」
ほとんどの人類がアンドロイドに生かされ、 ドラッグで快楽を貪る自堕落な生活を送る時代。 歴史家の青年は、 人間を初めて殺した"機械"が幽閉されている地へと赴く――。 AIやシンギュラリティなど、 現代的かつ普遍的なテーマに切り込んだ作品。 機械が語る過去と、 スピード感のある会話に思考を刺激されます。 切り取るシーンによって全く違う画が浮かび、 想像が広がる面白さがありました。


◆幻冬舎×テレビ朝日×pixiv「ピクシブ文芸大賞」概要

【応募期間】2016年10月~2017年3月末まで
【作品テーマ】
自由、 未発表のオリジナル作品に限る(80,000~200,000字)
プロ、 アマ問わない。
【選考委員】(株)テレビ朝日、 (株)幻冬舎、 ピクシブ(株)
◆ピクシブ文芸とは?
出版社・(株)幻冬舎と投稿サービスの大手・ピクシブ(株)が10月27日にスタートする文芸小説に特化した投稿サイトです。 投稿はオリジナルの文芸作品に限り、 小説家を目指す人たちのための連載コンテンツも充実しています。 https://pixiv-bungei.net/

◆会社概要
(株)幻冬舎
http://www.gentosha.co.jp/
所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
代表取締役社長:見城徹
設立:1993年11月12日
事業内容:書籍・雑誌・電子書籍の発行及び販売業務

(株)テレビ朝日
http://www.tv-asahi.co.jp/
所在地 :本社〒106-8001 港区六本木6-9-1
代表取締役社長:角南源五
設立:1957年11月1日
事業内容:放送法による基幹放送事業および一般放送事業

ピクシブ(株)
http://www.pixiv.co.jp/
所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル2F
代表取締役社長:伊藤浩樹
設立:2005年7月25日
事業内容:インターネットサービス事業

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です