ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

【南紀白浜温泉ホテル川久】和歌山県で第1位! 楽天トラベル 朝ごはんフェスティバル(R)2017のセカンドステージに進出

【南紀白浜温泉ホテル川久】和歌山県で第1位! 楽天トラベル 朝ごはんフェスティバル(R)2017のセカンドステージに進出
『熊野牛と梅鶏の旨味スープに和歌山県産食材を豊富にのせた米粉麺‶ 川久フォー″』
南紀白浜温泉 ホテル川久(〒649-2211和歌山県西牟婁郡白浜町3745、 総支配人 川地由人)は、 旅行予約サービス「楽天トラベル」が主催する、 日本全国の登録宿泊施設の中から朝ごはん日本一を決定するコンテスト「楽天トラベル 朝ごはんフェスティバル(R)2017」の「ファーストステージ」にて和歌山県第1位を獲得し、 「セカンドステージ」への進出を決定しました。
ホテル川久のエントリーメニューは、 「王様のビュッフェ」の朝食としてご提供した一品『熊野牛と梅鶏の旨味スープに和歌山県産食材を豊富にのせた米粉麺‶ 川久フォー″』。 ご宿泊のお客様へweb投票のお願いやSNSなどで情報を拡散し、 クチコミでも高い評価を得て和歌山県第1位を獲得しました。
関連URL: https://travel.rakuten.co.jp/special/asafesta/2017/1st_stage/

熊野牛と梅鶏の旨味スープに和歌山県産食材を豊富にのせた米粉麺“川久フォー″
熊野牛と梅鶏の旨味スープに和歌山県産食材を豊富にのせた米粉麺“川久フォー″

「王様のビュッフェ」会場イメージ
「王様のビュッフェ」会場イメージ
*「朝ごはんフェスティバル(R)」は、 楽天株式会社の登録商標です。


熊野牛と梅鶏の旨味スープに 和歌山県産食材を豊富にのせた米粉麺 "  川久フォー
和歌山県産の熊野牛、 梅鶏、 鯛からとった旨味を凝縮したスープと和歌山県産の米粉麺を合わせた『川久フォー』。 トッピングには、 熊野牛筋の佃煮や和歌山ジビエ鹿ミンチオリエンタル風肉味噌、 白浜名物アイゴの干し物を使用した梅風味のペースト、 地元の昔ながらの手間栽培で作った打谷農園の路地野菜、 さらに打谷農園の唐辛子、 紀北の山椒、 地場産柑橘類の皮、 田辺のアオサノリなどで作った自家製七味などを用意。 和歌山の大地と海の恵みをふんだんに使った滋味深い味わいの川久オリジナルの朝ごはん「川久フォー」が完成しました。


楽天トラベル朝ごはんフェスティバル(R)2017一次審査の「ファーストステージ」には、 1900以上の宿泊施設がエントリーしました。 9月29日(金)~10月5日(木)に実施された、 一般の楽天会員が「泊まってみて朝ごはんがおいしかった宿泊施設」「朝ごはんを食べてみたいと思う宿泊施設」「応援したい宿泊施設」などに投票するウェブ投票の結果と、 これまで楽天トラベルに寄せられた実際の宿泊者の「食事」に関するクチコミ評価を基に、 各都道府県の上位が決定されました。
二次審査の「セカンドステージ」は、 11月20日(月)・21日(火)、 二子玉川ライズ 中央広場・iTSCOM STUDIO & HALL(東京都世田谷区)で開催されます。 ファーストステージを勝ち抜いた日本全国の宿泊施設が会場で自慢の朝ごはんを調理し、 一般から募集した審査員約600人らによる試食・投票で、 最後の「ファイナルステージ」に進むベスト6を選出します。
和歌山県を含む紀伊半島は、 世界的にも有名な旅行ガイドブック出版社ロンリープラネットが最も旬な旅行先を紹介する世界ランキング「Best in Travel 2018(地域編)」で、 高野山や熊野古道などの世界遺産がある場所として第5位に選ばれたばかり。
和歌山の奥深い食と文化の魅力を発信しながら、 セカンドステージを突破しファイナルステージ出場を目指して参ります。

≪ホテル概要≫

 

■ホテル名:南紀白浜温泉 ホテル川久  
■所在地:〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町3745
■アクセス:JR白浜駅より無料送迎バス運行あり/大阪なんばOCATより有料送迎バスあり(予約制)/羽田空港より飛行機で約60分/白浜空港より車で15分/JR白浜駅より車で10分/阪和自動車道南紀田辺ICより19km
■駐車場:80台 無料
■客 室:85室 全室スイートルーム 
2016年7月露天風呂付最高級スイートルーム
「プレジデンシャル スパ・スイート」誕生
2016年7月2フロアで繋がる最高級スイートルーム「プレジデンシャル メゾネット」誕生
■温 泉:2016年7月海を見渡す温泉サロン「ROYAL SPA」誕生
2016年10月森に抱かれる温泉サロン「ロイヤルスパ悠久の森」誕生
■レストラン:「フォルナーチェ」王様のビュッフェ、 「イゾラベラ」創作フレンチ、 「敷島」和食会席
■チェックイン:15:00 チェックアウト:10:30
■URL: http://www.hotel-kawakyu.jp/



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です