ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

シーザーズ・エンターテインメント、日本社長にウィリアム・シェン氏を任命

シーザーズ・エンターテインメント、日本社長にウィリアム・シェン氏を任命
【2017年11月1日 東京】 世界で最も多角的なカジノ・ホスピタリティー・エンターテイメント企業であるシーザーズ・エンターテインメント・コーポレーション (NASDAQ上場:ティッカーコード CZR、 以下「シーザーズ」)は、 ウィリアム・シェン氏をシーザーズ・エンターテインメントの日本社長兼代表執行役員に任命したことを発表しました。



シーザーズ・エンターテインメントは日本で統合型リゾートを開発するにあたり、 これまで15年にわたり日本で様々な議論を通じて準備を続けてきました。 今後、 シェン氏は日本を拠点にシーザーズの日本における取り組み全体の統括者として、 政府・地方自治体によるIR実現への協力、 パートナーシップに基づく事業開発、 日本チームの強化といった役割を担います。 シェン氏は家族とともに東京へ拠点を移し、 東京・六本木のシーザーズのオフィスにて勤務を行います。

シェン氏はIR業界で12年の経験を有し、 これまでに定期的に日本を訪れ政府のIRへの取り組みをサポートしてきました。 ここ6年はシーザーズ韓国の社長として、 韓国における日々の事業開発を統括し、 韓国政府が外国資本へ初めて付与する暫定的IRライセンスの確保に成功しました。 また、 合弁事業の相手企業であるアジアの主要なデベロッパーとのパートナーシップ契約の交渉、 ソウルオフィスでのチームの構築なども行いました。 今後も韓国合弁事業の共同CEOとして韓国仁川におけるシーザーズ統合型リゾート開発を統括して参ります。

シーザーズ・エンターテインメントの国際ビジネス開発プレジデントのスティーブン・タイトは次のように述べています。 「業界での豊富な経験とアジアの政府渉外、 広報、 事業開発、 プロジェクト・マネジメントに実績を持つ幹部社員の東京への配置は、 私たちの日本市場に対する確固たるコミットメントの表れに他なりません。 現在シーザーズ・エンターテインメントは日本国内に5人のフルタイムのチームメンバーを有し、 香港ならびにラスベガスの事業開発専門家が日本チームをサポートする体制となっています。 加えて、 外部アドバイザーとコンサルタントからなるチームも拡大し、 日本における事業展開の準備は万全であると考えています。 」






シーザーズ・エンターテイ メントについて
シーザーズ・エンターテイメント・コーポレーション( (NASDAQ上場:ティッカーコード CZR)は、 ゲーミング、 ホスピタリティー、 ライブ・エンターテイメント業界のグローバルリーダーです。 80年前の創業以来、 成長を続け、 現在世界で約50のカジノ、 ホテル、 リゾートを運営しています(うち9つは米国ラスベガス)。 世界トップクラスの統合型リゾートへの滞在客は、 年間1億人以上にのぼり、 リゾート内ではセリーヌ・ディオン、 エルトン・ジョン、 ジェニファー・ロペス、 ブリトニー・スピアーズなどのスーパースターによるライブ公演に加え、 セレブリティ・シェフのゴードン・ラムゼイ、 松久信幸(ノブ)、 ウォルフギャング・パックなどのレストランをお楽しみいただいています。 また、 シーザーズはMICE業界のリーダーとしても知られ、 2,000人を越える専任スタッフが、 年間2万件の会議、 カンファレンス、 イベントをサポートしています。 同社は、 イノベーションの実績で知られており、 過去5年間に新規および既存施設へ50億ドル(約5500億円)以上の設備投資を実施しています。

シーザーズは、 最高水準の規範に基づいた運営によって、 責任あるゲーミングの分野のパイオニアとして広く認識されています。 シーザーズは、 1980年代に責任あるゲーミング・プログラム制度を確立し、 以来、 この分野における数十年にもわたる専門的経験を有しています。 従業員数は約6万人、 その50%以上が女性社員となっており、 ラスベガス・レビュー・ジャーナルなどから「最も働きやすい職場」に選ばれ続けています。 シーザーズは、 責任ある環境対応も行っており、 気候変動対策の分野では、 持続可能な経済を推進する国際非営利プロジェクトCDP(カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)において参加企業のうち評価上位30社のみに与えられるトリプルA判定を3分野で獲得しています。
シーザーズは、 質の高い雇用やその他経済メリットの創出を通して日本の地元の地域社会を活性化し、 世界各地から観光客を呼び込むことができる世界基準のJapanese Entertainment Resortを開設・運営するため、 日本への長期にわたる投資家となり日本のパートナーと協業していくことに尽力します。
より詳しい情報は、 http://www.caesars.com/ および http://www.caesarscorporate.com  にてご覧頂けます(英語のみ)。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です