ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017 出展作家 高橋匡太 トークイベント開催! ~11月17日(金)六甲オルゴールミュージアムで開催~

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017 出展作家 高橋匡太 トークイベント開催! ~11月17日(金)六甲オルゴールミュージアムで開催~
阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:秦雅夫)のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)が六甲山上で運営する六甲オルゴールミュージアム(博物館相当施設)では、 2017年11月17日(金)に、 現代アーティスト高橋匡太(たかはしきょうた)が、 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017出展作品である≪ミシュレの「魔女」より≫について、 その想いなどを語るトークイベントを開催します。
高橋匡太は、 六甲オルゴールミュージアムに隣接する、 六甲高山植物園でも、 ザ・ナイトミュージアム※1限定の来場者参加型作品も公開しています。

※1 10月20日(金)~11月12日(日)に実施される、 アート作品や紅葉のライトアップをお楽しみいただく、 期間限定のイベントです。

 
  • 概要:高橋匡太 トークイベント

高橋匡太
高橋匡太

【開催日時】
  2017年11月17日(金) 17:00~18:00
 ※予約不要。 入館券のみで参加いただけます。
【内容】
 高橋匡太が、 六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017のために制作した作品≪ミシュレの「魔女」より≫について、 ゲストに樋口ヒロユキを迎え、 作品の歴史的な背景や作品に込めた想いを語ります。 作品の鑑賞と、 対談をお楽しみください。
【作家プロフィール】
  高橋匡太(たかはしきょうた)
 1970年京都生まれ。 1995年京都市芸術大学大学院美術研究科彫刻専攻修了。 光や映像によるパブリックプロジェクション、 インスタレーション、 パフォーマンス公演など幅広く国内外で活動を行っている。 東京駅100周年記念ライトアップ、 京都・二条城、 十和田市現代美術館など光により建築空間をイメージに取り込みダイナミックな作品を創り出す。 多くの人と共に作る大規模な参加型アートプロジェクトも数多く手がけている。

≪Glow with night Garden Project in Rokko 提灯行列ランドスケープ≫2016年 六甲高山植物園
≪Glow with night Garden Project in Rokko 提灯行列ランドスケープ≫2016年 六甲高山植物園

【ゲスト】
  樋口ヒロユキ(ひぐちひろゆき)
 SUNABAギャラリー代表、 エッセイスト。 関西学院大学文学部美学科卒。 PR会社勤務を経て2000年より執筆活動開始、 2015年4月SUNABAギャラリー開業。 単著に『ソドムの百二十冊』『真夜中の博物館』共著に『寺山修司の迷宮世界』『絵金』など。



≪ミシュレの「魔女」より≫概要

ミシュレの「魔女」より
ミシュレの「魔女」より

 高橋匡太が、 当館の所蔵品であるアンティーク・オルゴールや自動人形などとコラボレーションした作品を上演します。 やさしく幻想的な魔女の物語を照明や映像を使って空間全体で表現する、 新作のインスタレーション作品です。
(写真右)作品上演イメージ
<開催期間> 2017年9月9日(土)~11月23日(木・祝)
<上演時間> 10:30~16:30の毎時30分から(約25分間)
<作品概要> 19世紀フランスの歴史家ジュール・ミシュレの著作『魔女』(1870年)にインスピレーションを受けて、 猛毒を持つ「ベラドンナ」の花をモチーフに、 美しい映像と空間を満たす光と音響、 アンティーク・オルゴールの演奏やオートマタの実演などを交えて、 展開する。

 

 
  • 『六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017』開催概要

現代美術二等兵≪KoiのRock n Roller≫2017年 六甲山カンツリーハウス
現代美術二等兵≪KoiのRock n Roller≫2017年 六甲山カンツリーハウス
【会期】
 9月9日(土)~11月23日(木・祝) ※76日間、 会期中無休
【開催時間】
 10時~17時
 ※六甲ガーデンテラス等、 会場により17時以降も鑑賞できる作品があります。
【会場】
 六甲ガーデンテラス、 自然体感展望台 六甲枝垂れ★、 六甲山カンツリーハウス★、 六甲高山植物園★、 六甲オルゴールミュージアム★、 六甲ケーブル、 天覧台、 六甲有馬ロープウェー(六甲山頂駅)、 六甲山ホテル
[プラス会場]TENRAN CAFE [サテライト会場]神戸市立六甲山牧場
【料金】
 
★印の有料施設をお得に巡ることができる「鑑賞チケット」を発売
 当日券:大人1,850円、 小人930円
  ※会期中で当日外のお好きな日に、 いずれかの有料施設に更に1回入場できる特典つきです。
 (通常料金は4施設+1施設で、 合計大人2,870円~3,600円)
 ※小人料金:4歳から小学生。
 ※中学生以上の学生は、 学生証の提示で学生割引料金(1,650円)を適用。
 ※本チケットで4つの有料施設(★印)にそれぞれ会期中1回の入場(当日は再入場可)が可能です。
 ※六甲ケーブル及び六甲山上バス、 六甲摩耶スカイシャトルバス、 六甲山東西急行バスの運賃、 「TENRAN CAFE」での飲食料金、 「神戸市立六甲山牧場」の入場料は含まれていません。
 ※プラス会場「TENRAN CAFE」の展示作品については、 カフェのご飲食利用が必要です。
 ※サテライト会場「神戸市立六甲山牧場」の展示作品は、 別途入場料金が必要です。

コンサートの様子はこちらをご参照ください。
コンサートの様子はこちらをご参照ください。


【主催】
 六甲山観光株式会社、 阪神電気鉄道株式会社
【共催】
 
六甲摩耶観光推進協議会
【運営協力】
 
一般財団法人 神戸すまいまちづくり公社、 神戸市立六甲山牧場、 六甲山ホテル
【特別協力】
 
一般社団法人 兵庫県宅地建物取引業協会
【総合プロデューサー】
 
野田英明  六甲山観光株式会社 取締役 営業推進部長
【総合ディレクター / キュレーター】
 
高見澤清隆  六甲オルゴールミュージアム シニアディレクター

 
  • 会場とロケーション
 「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2017」は、 六甲山の自然を感じながら、 ピクニック気分で現代アート作品を楽しむ展覧会です。 すばらしい眺望やオルゴールの澄んだ音色、 高山植物や紅葉など、 従来の施設の魅力を楽しみながら、 アートにふれることができます。
 
  • 作品イメージ    
 六甲山というエリアの特性をじっくりと読み込み、 自然や景観、 歴史を採り入れた作品を各会場に展示します。
 ※次の作品は、 2017年のものです。

 

(左より)明和電機≪ひっぱれ!六甲ケーブルカー≫、  久保寛子≪Sleeping Guardian≫、  奥中章人≪Inter-world-sway≫
(左より)明和電機≪ひっぱれ!六甲ケーブルカー≫、 久保寛子≪Sleeping Guardian≫、 奥中章人≪Inter-world-sway≫




<六甲オルゴールミュージアム 営業概要>
【入館料】大人(中学生以上)1,030円、 小人(4歳~小学生)510円
【営業時間】10:00~17:00(16:20受付終了)
【休館日】展覧会開催期間中無休
【所在地】神戸市灘区六甲山町北六甲4512-145


<リリースに関するお問い合わせ先>
六甲オルゴールミュージアム 広報担当
TEL:078-891-1284/FAX:078-891-0111
HP: https://www.rokkosan.com/museum/


リリース: http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/5501.pdf


発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です