ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

SPACE SHOWER TV × BEAMSの共同プログラム『PLAN B』

SPACE SHOWER TV × BEAMSの共同プログラム『PLAN B』
11月は”YOSHIROTTEN × 発光する音”を特集

Photography_ Ryuichi Taniura

株式会社ビームス(本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:設楽洋)は、 2017年9月より日本最大の音楽専門チャンネルスペースシャワーTVとの共同プログラム『PLAN B』の第四弾をスタートし、 10月のピックアップ・アーティストにはYOSHIROTTENの出演が決定いたしました。
『PLAN B』とは、 BEAMSとスペースシャワーTVのタッグで実現した共同プログラム。 音楽を生業とするアーティストと様々なクリエイターの自由な“創造力”が交差する、 予測不能の音楽と映像の実験的番組です。 番組ではこれまで、 Suchmos、 ぼくのりりっくのぼうよみ、 水曜日のカンパネラ、 D.A.N.、 THE OTOGIBANASHI’S、 HUE、 WONK、 chelmico、 Alfred Beach Sandal+STUTS、 Yogee New Wavesといった気鋭のアーティストを特集してきました。
2017年11月のピックアップ・アーティストは、 これまでに、 さまざまな空間演出を手がけ、 国内外からの評価の高いグラフィックアーティスト・YOSHIROTTEN。
今回彼が仕掛けたのは、 閉店後のビームス 原宿をキャンパスに、 デジタルアートで空間を彩る新感覚のディスプレイ「FRAMED*」を用いた一夜限りのインスタレーション。 映像と照明、 そして彼が「発光」をイメージするUTENA DESTROY NAOMI、 Qiezi Mabo、 Takakahnという3組のアーティストの演奏や、 自身のDJによって、 妖しい異空間へと変貌させた本企画は、 その印象的なビジュアルとともに多くのメディアで拡散された。 今回のPLAN Bでは、 このインスタレーションの準備から開催にいたるまでの舞台裏を追うドキュメンタリーを中心に構成。 アーティストにとって発表の場でもある「展示」に対して、 彼がどのように向き合ってきたか、 またインスタレーションの全貌を反芻するにうってつけの内容となっている。

<番組詳細>
・放送チャンネル:SPACE SHOWER TV (スペースシャワー TV)
・放送スケジュール:毎週金曜日 20:57~21:00(※月4回のオンエア)
・11月放送スケジュール:#45 / 11月3日(金)、 #46 / 10日(金)、 #47 / 17日(金)、 #48 / 24日(金)
※24日(金)のみ放送時間が19:57~20:00となります。


※いずれも初回オンエアの日程です。 各回2度のリピート放送を実施します。
※オンエア終了後からは、 BEAMSのオフィシャルウェブサイトで過去の放送番組を視聴いただけます。


番組関連情報、 アーティストプロフィール等もBEAMSのオフィシャルウェブサイトにて特集しております。
■BEAMS OFFICIAL WEBSITE『PLAN B』特設ページ: http://www.beams.co.jp/special/plan_b/
■番組公式Instagram: planb_mag
 


▼YOSHIROTTEN プロフィール
1983年生まれ魚座。 グラフィックアーティスト、 アートディレクター、 デザイナー。
国内外多くのレコードジャケットやファッションブランドとのコラボレーション、 パッケージ、 広告に至るまで幅広く活動中。
http://yoshirotten.com/






 

▼UTENA DESTROY NAOMI プロフィール
小林うてな(長野県原村出身。 東京を拠点に活動するソロアーティスト。
ラップトップ、 ラップ/オペラ/メタルなどから影響を受けた歌唱、
スティールパン、 マリンバ、 シンセサイザー、 パッドなどの機材を多様に用い、 演奏手段を選ばない独創的な作曲スタイルを持つ)とnaomi(jan and naomiとして<狂気的に静かな音楽> という新たなミュージック・スタイルを確立し、 東京を拠点に活動中) の二人組み。


▼ Qiezi Mabo プロフィール
http://qiezimabo.com/
https://www.instagram.com/qiezimabo/









 


▼TAKAYUKI ISAYAMA(Takakahn/NOOS.)
職業/COMPOSER.
THE REALITY SEEN BY THE THIRD EYE(第三の眼で視る現実)
美しいと思い、 想い、 それを返す事の手段として音楽を描いています.
https://soundcloud.com/noos-2


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です