ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

サイクルモード史上初!現役ツール・ド・フランス覇者によるトークショーも CYCLE MODE international 2017 開催

サイクルモード史上初!現役ツール・ド・フランス覇者によるトークショーも CYCLE MODE international 2017 開催
サイクルモレースバイクから日本初上陸のスポーツe-BIKEまでスポーツ自転車の “ミライ” がここに本格的なレースの迫力とオフロードコースを体感できる屋外イベントも!
 サイクルモード実行委員会は、 今年で13年目を迎える日本最大級のスポーツ自転車フェスティバル「CYCLE MODE international 2017」を11月3日から5日までの3日間、 幕張メッセにて開催いたします。
<スポーツ自転⾞のすべてがここに。 自由で楽しいサイクルライフを体感!>
 サイクルモードはレースシーンで活躍するロードバイクやマウンテンバイク、 そしてクロスバイクや小径車といったあらゆる車種の展示はもちろんのこと、 70~90年代に活躍したヴィンテージバイクや高い人気を誇るハンドメイドバイシクルといった企画展示エリア、 さらにレース志向のサイクリストに向けセミナーや、 キッズ向け自転車教室などあらゆる世代が体感できる、 自転⾞の魅力が詰まったスポーツバイクエンターテインメントショーです。
 


< “スポーツe-BIKE元年” 日本初上陸のe-BIKEなど自転車の最先端を体感!>
 ヨーロッパをはじめとする海外では健康意識や自然環境への配慮の高まりにより、 電動アシスト市場が急速に拡大しています。 日本でも2011年から2016年まで、 子ども乗せ自転車に代表される街乗りタイプの電動アシスト自転車の販売台数は右肩上がりで増加しています。
 サイクルモードでは、 今年を“e-BIKE元年”と位置づけ、 海外で注目されている未来的な電動アシスト車の展示・試乗と併せて、 e-BIKE先進国であるヨーロッパではどのようにスポーツe-BIKEを楽しまれているかを紹介する情報発信エリア設置することで、 次世代自転車の遊び方を提案いたします。

<本格的なロードレースの迫力や年々注目の高まるオフロード車を体感できる屋外イベントも充実!>
 幕張メッセ隣接の幕張海浜公園をはじめとした幕張新都心エリアでは、 ライトアップされたオフロードコースを自転車が疾走するシクロクロスレース「弱虫ペダル STARLIGHT CROSS in CYCLE MODE」や、 第一線で活躍するプロロードレーサーの走りを間近で見ることのできる「第2回 JBCF 幕張新都心クリテリウム」の同時開催が決定。 さらに注目度が年々高まっているマウンテンバイクやシクロクロスといったオフロード車を存分に試乗することができる「オフロードバイクデモ」を大々的に実施します。

<2017年ツール・ド・フランス覇者クリス・フルーム選手・プロロードレーサー新城選手がステージに!>
 コミックス累計発行部数1700万部を超える『弱虫ペダル』の原作者・渡辺航先生をはじめ、 7度目のツール・ド・フランス完走を果たした新城幸也選手や、 ビッグゲストとして今年のツール・ド・フランス、 ヴエルタ・ア・エスパーニャを同年制覇したチームスカイのクリス・フルーム選手がサイクルモードメインステージに初登場します。 メインステージでは他にも大人気サイクルロードレースコミック『弱虫ペダル』の原作者である渡辺航先生のトークショー、 アスリートワークショップでは業界屈指の講師陣が“より速く、 強く”を目指すレーサー向けの本格的なセミナーを連日開講します。
 
  • 注目の会場内コンテンツ
 

アクティブ試乗コース
スポーツ自転車にはロードバイクやクロスバイクに小径車など、 様々な種類があり、 乗る人のライフスタイルに合った自転車を選べるのがサイクルモードの魅力の一つです。 全天候型全長1.4km超の試乗コースで乗り比べることにより、 自分に合った一台を見つけられるチャンス。
 

 

e-BIKE EXPO

海外では電動アシストタイプのロードバイクやMTB、 そして旅に適したツーリング車など幅広い車種が発売され、 サイクリストを新たなフィールドへ誘うジャンルとして、 近年急速に需要が高まっています。 日本においてもスポーツタイプモデルの人気が拡大しており、 サイクルモードでも2015年より“e-BIKE EXPO”を開設してトレンドを発信してきました。 2017年はさらに拡大して実施。 日本メーカーが新たに投入するバイクに加えて、 海外メーカーの日本初上陸モデルが登場するなど、 未来の遊びツールとして大注目のe-BIKEをぜひご覧ください。
 

ヴィンテージバイクマーケット

 

製造から永い年月を経てもなお魅力を放ち続ける自転車たち。 より良い性能を追い求めて、 進化を遂げてきた自転車には、 その形状、 素材、 そして何よりも機能美が宿っています。 ヴィンテージバイクの愛好家はもとより、 一般のサイクリストにも、 現在のレースシーンで活躍する高性能なロードバイクへと進化した歴史を目の当たりにできる当コーナーは必見。 最新ロードバイクとヴィンテージバイクを圧倒的スケールで見比べられるのはサイクルモードだけです。

コンセプトバイクAREA
自転車は楽しみ方に合わせてカスタムすることで、 楽しさや愛着がアップする乗り物です。 「コンセプトバイクAREA」では街での自転車ライフやちょっとしたお出かけ・女性ならではの楽しみ方など、 ライフスタイルに合わせた「走る」ことだけにとどまらない自転車の魅力が結集しています。


【「自転車✕ピクニック」の愉しみ 】
「自転車で出かけるピクニック」をテーマに、 コーヒーの野点を楽しむランチピクニックと、
秋の夜長を楽しむナイトピクニックを紹介します。

 

【Smokin' fire road 17. 】
欧米で大きな人気を獲得したMTBとロードバイクのちょうど中間に位置する、 日本でも注目度上昇中の“グラベルロード”を展示するなど、 カスタムハンドメイドの魅力に溢れたブースを展開します。
 


【Pelago BICYCLES】
2009年に北欧フィンランドのヘルシンキで産声を上げ、 日常使いや野外でのアクティブサイクリングに適したPelago BICYCLES。 その機能的な自転車に加え、 パーツやフレーム・オリジナルアパレルも展開します。

 

【絹代presents girl's bike cabin】
女性ならではの悩みや課題の解決法・お助けアイテムなど女性にオススメだけれど、 意外と女性が触れる機会が少ないアイテム等をサイクルライフナビゲーターの絹代さんが紹介します。


【第1回『ニッポン サイクルツーリズム シンポジウム』】
自転車は基本的にオールシーズン楽しむことのできるスポーツです。 そこで、 1つの自転車大会の集客だけを追求する“一大会集約型”にとどまらず、 すべての季節を通して誘客できる“通年活性型”の仕組みを作ることが重要となってきます。 本シンポジウムでは、 これらの内容を実践する先進事例の紹介と、 これから進むべき日本のサイクルツーリズムの未来について意見交換を行います。

【ビギナー必見!スポーツバイクはじめて講座Supported by あさひ】
スポーツ自転車にこれから乗り始めるビギナーの方々を対象に、 「パンク修理」や電車に自転車を積む際に必要な「輪行方法」、 愛車のキレイに保つための「洗浄」など、 習得しておいて損はないお役立ち情報満載のステージです。

【ウィーラースクール×サイクルモード】
キッズゾーンが今年は大きく変わり、 「子どもたちに自転車の楽しみを」をテーマに、 今年は「自転車の教育」についてみんなで考えるステージができます。 ウィーラースクールのブラッキー中島が、 自転車をこよなく愛する様々なゲストをステージに招いて、 自転車の教育について楽しいトークを繰り広げます。 もちろんこれまで通り、 子どもたちへの楽しいスクールも開催します。

NEW AGING ~The Journey of a Lifetime~
「高齢者」の概念は20年前と今では大きく異なり、 現在の定年世代は新しい趣味や仕事に精をだし、 非常にアクティブな方が多いのが現状です。
そうした現代を生きるシニア世代を「NEW AGING」と名付け、 その世代の方々に楽しんでいただける「企業と学校が考える社会派の自転車」を考案・製作。 バックブランド「FREITAG」の協力もあり、 “バッグ+自転車”の新提案としてご来場のお客様にアイデアをご提供します。

【ハンドメイドバイシクルコレクション】
自転車ファンの“憧れ”であり、 日本が世界に誇るフレームビルダーが集結するハンドメイドバイシクルゾーン。 自分の好みと体格に合わせてオーダーメイドできる世界でたった1台という魅力に加え、 ビルダーたちの個性と卓越した技術が注ぎ込まれたハンドメイドフレームは必見です。

【試乗前レッスンコーナー】
「ロードバイクに乗りたいけどちょっと不安」そんなビギナーの方を対象に、 プロショップのスタッフが、 楽しく安全に乗るための基礎知識や、
操作方法を基礎の基礎から、 丁寧にレクチャーします。
 
  • 屋外コンテンツ

【第2回 JBCF 幕張新都心クリテリウム in CYCLE MODE】
 全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)が主管する一般道を使用した周回ロードレース「第2回 JBCF 幕張新都心クリテリウム in CYCLE MODE」を、 幕張メッセに隣接する北側周回道路にて開催します。 プロのエキシビジョンレースにはじまり、 Jエリート、 Jフェミニンツアーでは実業団所属選手の年間チャンピオンが決まる重要なレースです。 第一線で活躍するプロロードレーサーが疾走する姿はもちろんのこと、 息遣いや、 チェーンが高速に回転する“音”まで体感いただける、 迫力満点のレースとなっています。


【弱虫ペダル STARLIGHT CROSS in CYCLE MODE】
 オフロードを疾走する自転車レース「弱虫ペダルSTARLIGHT CROSS in CYCLE MODE」が、 幕張メッセに隣接する幕張海浜公園で11月3日(金・祝)に開催決定。 国際自転車競技連盟(UCI)の公認レースとなってよりパワーアップした今回は、 全国各地からライダーが集結し、 幻想的にライトアップされた特設コースが激しい戦いの舞台へと変貌します。 DJによるミュージックと観客の声援が、 ライダー達の熱いバトルを盛り上げること必至。 さらに今年はレース以外のカテゴリーも充実。 キッズ向けのキックバイクレースや、 パンプトラックタイムトライアル、 サバイバルエンデューロレースなど多彩なラインナップで皆様の参加をお待ちしています。


【オフロードバイクデモ】
 11月4日・5日は、 スターライトクロス(シクロクロスレース)と同じコースを全面開放し、 舗装路~草地~泥地~砂地などあらゆる路面を思う存分走ることができる「オフロードバイクデモ」を開催。 野山を自転車で駆け巡るオフロード自転車は、 都心部から離れた自然豊かな場所に専用コースが設置されているケースが多く、 愛好者は遠方まで足を運ぶ必要があります。 しかし、 この大都会に出現した2km超のオフロード専用コースを備える「オフロードバイクデモ」は、 都心から約1時間以内で到着する好立地。 最新マウンテンバイクの性能をしっかりと試したいライダーから、 これから始めてみたいエントリーユーザー、 これまで体験したことのない新たなスポーツを探しているアクティブユーザーに至るまで、 どなたでも楽しんでいただけるおススメイベントです。

 
  • 注目のイベント

メインステージ・弱虫ペダル×チームキープレフト

11月3日(金) [13:20~13:50]
11月5日(日) [12:15~12:45]
アニメ第4期放送直前!『弱虫ペダル』プレミアムトークショー
自転車ロードレースに青春を懸ける高校生たちの熱い闘いと、 さまざまな人間ドラマを描く大人気ロードレース漫画『弱虫ペダル』。 いよいよ2018年1月から始まるアニメ第4期の放送を記念して、 原作者である渡辺航先生のトークショーを行います。
最新刊52巻も発売され、 もはや長編コミックとなった漫画を描き続ける先生の熱い思いや、 スポーツ自転車に対する思い入れなど、 漫画家渡辺航に迫る、 ファンならずとも見逃せない内容となっています。

【弱虫ペダル×チームキープレフト】

11月3日(金・祝) [11:45~ ]
11月5日(日)[13:45~ ]
弱虫ペダルチャリティーサコッシュサイン会
チームキープレフトブースにて渡辺航先生によるサコッシュのサイン会を行います。
※サイン会への参加は抽選となります。 詳細は下記よりご確認いただく事ができます。
http://www.cyclemode.net/yowapeda/

【メインステージ】

11月4日(土) [15:30~16:00]
世界的な美女サイクリストが初来日! パック ムーネン トークショー
オランダ・ベルギーに拠点を置き、 アンドレ・グライペルやアダム・ハンセンなどの有名選手を擁するロードレースチーム『ロット・ソウダル』に期待の女性レーサーが加わったパックムーネン。 インスタグラムでレースシーンやオフショットを公開し、 その容姿端麗さにフォロワーは23万人超え。 ロードレース界におけるダイヤモンドの原石が、 サイクルモードのメインステージに登場します。
アマチュアからプロデビューを果たした道のりや世界の女性ロードレース現場、 今後の抱負などを中心に、 ベールに包まれた世界的美女レーサーの魅力に迫ります。
 

 

11月5日(日) [11:30~12:00]
新城幸也スペシャルトークショー
今シーズンよりバーレーン・メリダへ移籍し、 新天地で激戦を繰り広げる新城選手が、 サイクルモードのステージに。 ツール・ド・フランス7度目の完走や世界選手権への出場など、 活躍を続ける世界の“ユキヤ”の1年を振り返るスペシャルトークショーを開催します!

 

11月5日(日) [15:00~15:30]
7代目「自転車名人」就任セレモニー
自転車の安全利用および総合的な自転車政策確立のために活動しているNPO法人・自転車活用推進研究会が2年に1度、 自転車に親しみながら安全活用の模範となっている著名人=「自転車名人」。 その栄えある七代目就任のセレモニーをメインステージで華々しく開催。 初代・忌野清志郎氏から二代目・鶴見辰吾氏、 三代目・勝間和代氏、 四代目・片山右京氏、 五代目・谷垣禎一氏、 六代目・渡辺航氏に続く七代目には、 いったい誰が就任するのか!?

11月5日(日) [16:00~16:30]

“ツール・ド・フランス”総合優勝4回! ダブルツール達成の現役最強レーサー クリス・フルーム プレミアムトークショー
2017年、 “ツール・ド・フランス”4回目の総合優勝、 さらにスペインの“ブエルタ・ア・エスパーニャ”を制し、 イギリス人初のダブルツールを達成したクリス・フルーム。 現役最強の呼び声も高い名選手が、 “ツール・ド・フランス”&“ブエルタ・ア・エスパーニャ”で実際に使用したスペシャルカラーのピナレロ ドグマF10と共に『サイクルモード インターナショナル2017』に登場! その最高の走りを支えているイタリアの名門ブランド「ピナレロ」を率いるファウスト・ピナレロ社長も迎え、 世界最高峰のロードレースの魅力に迫ります! 

CYCLE MODE international 2017 開催概要
◆日  時
11月3日(金・祝) 10:00~18:00  ※販売店関係者 9:30~ 優先入場
11月4日(土)   10:00~18:00    ※販売店関係者 9:30~ 優先入場
11月5日(日)       10:00~17:00
◆場  所:  幕張メッセ 1~4ホール
◆主  催: サイクルモード実行委員会(テレビ東京/テレビ大阪/テレビ大阪エクスプロ)
◆入場料: 
【前売券】(税込)   前売券 1,200円 、 女性券 1,000円、 2日券 1,900円
【当日券】当日券 1,600円 、 WEB当日券 1,400円
※中学生以下無料
※チームキープレフト会員は期間中フリーパス
◆お問い合わせ先: サイクルモード事務局 TEL:03-3239-3155 (平日11:00~18:00)
◆公式ウェブサイト:  http://www.cyclemode.net/
◆後援: 経済産業省、 国土交通省、 自転車活用推進本部、 千葉県、 千葉市、 (一財)自転車産業振興協会、 (一財)日本自転車普及協会、 (一社)自転車協会、 (公財)日本自転車競技連盟、 (公社)日本トライアスロン連合、 日本マウンテンバイク協会、 日本経済新聞社

<屋外フィールド 開催概要>
名称 : 弱虫ペダル STARLIGHT CROSS in CYCLE MODE
開催日: 11月3日(金・祝) 
場所 : 幕張海浜公園 Gブロック
主催 : スターライトクロス実行委員会
内容 : シクロクロス、 レース
公式サイト:  http://starlightcross.com/

名称 : 第2回 JBCF 幕張新都心クリテリウム in CYCLE MODE
開催日: 11月3日(金・祝)
会場 : 幕張メッセ 北側周回公道(約1km/周)
主催 : 一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟(JBCF)
共催 : 千葉市
内容 : クリテリウムレース
公式サイト :  http://www.jbcf.or.jp/races/20171103_id=15009

名称 : オフロードバイクデモ ※試乗誓約書への記入が必要です。
開催日: 11月4日(土)・5日(日)
場所 : 幕張海浜公園 Gブロック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です