ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

本州日本海側最大!!食の国際総合見本市「フードメッセinにいがた2017」=11/8(水)から開催!=

本州日本海側最大!!食の国際総合見本市「フードメッセinにいがた2017」=11/8(水)から開催!=
過去最多!!国内外から450のサプライヤーが出展!
9回目となる今回は、 昨年より大幅増となる全国32都府県、 海外4か国から450社が出展し、 過去最大規模での開催。 「にいがた6次化フェア2017」を同時開催する他、 注目企画として「災害食コーナー」や「海外パビリオン」をご用意。 また新潟市長による「食と農の力を活かした地方創生~レストランバスが産地を巡る!農業特区効果を追い風に新潟市が進めるガストロノミーツーリズム~」と題した基調講演をはじめ、 伝統食品、 地方百貨店による地域活性化の取組みなど各種セミナーを予定しており、 必見の内容。

 「フードメッセinにいがた」は、 「食」をキーワードに国内外の情報やモノを新潟に集め、 そしてこれらを新潟から全国に、 さらには世界に発信して、 食に係る産業の創造と振興を図ることを目的に、 本格的な食の見本市とし、 実績を積み重ねてきました。
 また、 全日程をビジネス来場者のみの入場とし、 販路開拓に集中できる環境の整備を行うことで、 出展しやすいBtoB商談会として定着し、 今回で9回目と回数を重ねてきています。
 公式サイトはこちら → http://foodmesse.jp/

日時:平成29年11月8日(水)~10日(金) 午前10時~午後5時(10日は午後4時まで)
 ※8日は、 午前9時30分よりオープニングセレモニーあり
会場:朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター 展示ホール(新潟市中央区万代島6番1号)
入場料:3,000円 「特別ご招待状」をご持参の方、 もしくはWEBから事前来場登録をされた方は無料で入場いただけます。
 ※事前来場登録はこちらから → http://eventregist.com/e/foodmesse2017
 ※商談会ですので、 一般の方の入場はできません。

【お問い合わせ】
新潟市役所食と花の推進課内
食と花の世界フォーラム組織委員会事務局
TEL:025-226-1802
 

フードメッセ2016の様子
フードメッセ2016の様子

【注目企画】
○「災害食コーナー」
日本災害食学会の協力により、 注目を集める災害食の展示コーナーをご用意
食支援の在り方を考える基調講演やシンポジウムも同時開催(11/9(木))
http://foodmesse.jp/disaster-food/

災害食コーナー2016の様子
災害食コーナー2016の様子

○「海外パビリオン」
新潟を中心とした日本海側のバイヤーに対し、 海外製品の販路拡大を目的に、 イタリア、 オーストラリア、 スペイン、 ベルギーの特設ブースを設置

海外パビリオン2016の様子
海外パビリオン2016の様子

○「新潟の食 輸出商談会」
新潟を拠点に食品輸出の促進を目指して、 シンガポール及び台湾の食品バイヤー15社を招き、 個別商談会を開催

輸出商談会2016の様子
輸出商談会2016の様子

【講演・セミナー】
 新潟発信「最先端の食と農」、 世界に向けた地方の挑戦、 食産業への新提言など3日間で基調講演2、 セミナー5、 シンポジウム2を開催
http://foodmesse.jp/seminar/

【同時開催】
○にいがた6次化フェア2017
「地域食品・食材」を探す有力バイヤーと6次産業化に取組む全国の生産者の出会いの場をご用意しました。
○第3回6次化大賞が決定!
 事前審査により決定した15社による自慢の食品のプレゼンテーションをバイヤー、 6次産業化プランナー等の有識者が専門的な視点で厳正に審査。 グランプリ、 新潟市長賞、 日本食糧新聞社賞などの各賞を決定します。 最終日には受賞者による記念プレゼンテーションも実施。
 その他にも、 6次化セミナー・6次化相談コーナー、 個別商談会なども実施します。
http://foodmesse.jp/6fair/

第2回6次化大賞グランプリ (株)ぐらんふぁーむ 代表取締役 阿部 靖氏
第2回6次化大賞グランプリ (株)ぐらんふぁーむ 代表取締役 阿部 靖氏

(写真は、 第2回6次化大賞グランプリ (株)ぐらんふぁーむ 代表取締役 阿部 靖氏)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です