ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

ATOMがハウステンボスに仲間入り!! 11月7日(火)からテーマパーク内の「ロボットの館」で展示スタート!

ATOMがハウステンボスに仲間入り!! 11月7日(火)からテーマパーク内の「ロボットの館」で展示スタート!


株式会社講談社(本社:東京都文京区、 代表取締役社長:野間省伸)は、 全70巻のパートワーク・シリーズ『週刊 鉄腕アトムを作ろう!』を刊行中ですが、 来年9月の全70巻完結より一足早く、 完成したロボット「ATOM」* がハウステンボス(本社:長崎県佐世保市、 代表取締役社長:澤田秀雄)に登場します。
「ATOM」は最新の人工知能(AI)技術を搭載した、 日本初の本格的コミック・キャラクター型コミュニケーション・ロボット。 最大12名の家族や友達を認識し、 会話するごとに会話力が成長していきます。
ハウステンボスは今年で開業25年を迎える日本最大のテーマパーク。 数々の王国で構成されていますが、 2016年7月に最先端ロボットの世界を楽しめる「ロボットの王国」が6番目の王国としてオープンしました。
「ロボットの王国」はロボットと触れ合える4大スポットで構成されます。 全長13m、 全高6.5m、 世界最大級の「巨大ロボットドラゴン」、 “初めてロボットがスタッフとして働いたホテル”としてギネスにも世界記録(R)として認定された「変なホテル」、 ロボットの店長とシェフが取り仕切る「変なレストラン」、 そしてロボットのいまと未来を体験できる「ロボットの館」の4つです。 このうち「ATOM」の常設展示がスタートするのは、 最先端ロボットに触れて遊べる「ロボットの館」になります。 コミュニケーション・ロボット「ATOM」は、 おしゃべり大好きなロボットですから、 ロボットに興味を持った人たちといろいろな会話をしてくれます。 さらに会話だけでなく、 クイズやしりとり、 年齢当て、 絵本の読み聞かせやラジオ体操、 歌やダンスなど、 多彩な「ATOM」のパフォーマンスをこの機会に体験してみてはいかがでしょうか。



●コミュニケーション・ロボット「ATOM」の情報は
公式サイト『週刊 鉄腕アトムを作ろう!』 http://atom2020.jp/ にて

●ハウステンボス内「ロボットの館」の基本情報
【所在地】長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1 アトラクションタウン内
【料金】パスポート対象
【営業時間】9:00~ハウステンボス営業終了
【問い合わせ】電話0570-064-110(ハウステンボス総合案内ナビダイヤル)
【公式サイト】 http://www.huistenbosch.co.jp/event/robot/

*「ATOM」プロジェクトは株式会社講談社と、 株式会社手塚プロダクション(本社:東京都新宿区)、 株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区)、 富士ソフト株式会社(本社:神奈川県横浜市中区)、 VAIO株式会社(本社:長野県安曇野市)との5社プロジェクトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です