ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

【新刊書籍のご案内】『日本の歴史的広告クリエイティブ100選』

【新刊書籍のご案内】『日本の歴史的広告クリエイティブ100選』
日本人なら誰もが知っている!?広告100点、厳選しました!
株式会社宣伝会議(本社:東京都港区 代表取締役社長:東 彦弥)では、 『日本の歴史的広告クリエイティブ100選』を2017年11月10日より、 全国書店、 インターネットにて順次発売いたします。

不二家「ペコちゃんいくつ?」(1958年)
不二家「ペコちゃんいくつ?」(1958年)

 現代人にとって、 広告はより身近なものとなっています。 街を歩けばポスターやデジタルサイネージが目に飛び込んでくるのは当たり前。 スマホの普及によって、 ベッドの中などプライベートな空間でも広告を目にする機会は増えました。
 それらの広告はすべてクリエイティブです。 その歴史を振り返ると、 先人たちの決して色あせないアイデアが詰まっているはずです。 本書では、 江戸時代から現代までの代表的な広告を100点選出し、 その歴史的背景を含めて「アイデアの素」を紐解きます。
 なお、 本書は広告の歴史を時間軸に沿って紹介する、 いわゆる「歴史の本」ではなく、 「あっと驚く、 人を惹きこむ広告」や「社会に訴える、 問題提起する広告」など 9つの項目に分けて紹介しているため、 どこから読んでも楽しめる「アイデアのカタログ」としても活用していただけます。

※著者への取材・講演、  献本希望、  書籍のプレゼントキャンペーンのご相談も承っております。
※著者への取材・講演、 献本希望、 書籍のプレゼントキャンペーンのご相談も承っております。

 

 

<掲載広告例>
・山東京伝店「謎絵入り引き札」(1795年)
・味の素「断じて蛇を原料とせず」(1922年)
・阪急百貨店「開店広告」(1929年)
・壽屋「出たオラガビール」(1930年)
・森永製菓「エンゼルは男の子?女の子?」(1957年)
・パイロット万年筆「はっぱふみふみ」(1969年)
・日本国有鉄道「国鉄は話したい」(1975年)
・西武百貨店「おいしい生活。 」(1981年)
・としまえん「史上最低の遊園地。 」(1990年)


【著者略歴】
岡田芳郎 (おかだ・よしろう)
1934年、 東京・小石川に生まれる。
早稲田大学政経学部卒業後、 1956年(株)電通に入社。 営業企画局次長、 コーポレートアイデンティティ室長などを経て電通総研常任監査役を務め98年に退職。 大阪万博「笑いのパビリオン」企画、 「ゼロックス・ナレッジイン」はじめ数々の都市イベントをプロデュース。 電通のCIビジネスへの取組みにリーダーとして、 アサヒビール、 NTT,JR,東京電力はじめ数多くのプロジェクトを推進した。 また、 企業メセナ協議会の創設に尽力した。

 
 ◆本書に関するお問い合わせはこちら
株式会社宣伝会議 書籍企画部
TEL : 03-3475-3030〒107-8550東京都港区南青山3-11-13  http://www.sendenkaigi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です