ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

加藤ミリヤ、“全ての女子達に捧ぐ”新曲『新約ディアロンリーガール feat.ECD』リリースを発表

加藤ミリヤ、“全ての女子達に捧ぐ”新曲『新約ディアロンリーガール feat.ECD』リリースを発表
加藤ミリヤがニューシングルとして、 『新約ディアロンリーガール feat.ECD』を12月6日(水)にリリースする事が発表された。


この楽曲は、 2005年に『ECDのロンリー・ガールfeat. K DUB SHINE』に対するアンサーソングとしてリリースされた加藤ミリヤの3rdシングルで、
自身のキャリアの中でも最重要曲の一つである『ディア ロンリーガール』同様、 マーヴィン・ゲイ『Sexual Healing』 、
佐東由梨『ロンリー・ガール』、 ECD『ECDのロンリーガール feat. K DUB SHINE』をサンプリングしている。

現在「anan」で連載中であり11月24日(金)に単行本発売される自身の小説「28」(トゥエンティーエイト)の内容が、
加藤ミリヤ自身と同世代の女子の群像劇となっている事から、 “全ての女子達へ捧ぐ”というコンセプトの下、
同小説にインスパイアされて制作された。

「新しく結んだ約束・誓い」という意味の言葉である「新約」をタイトルに冠した今回の楽曲は、 同じ楽曲を同一手法
でサンプリングしているとは言え、 全く新しい歌詞とメロディを乗せた新しい歌に仕上がっている。

『ディア ロンリーガール』をリリースし、 “女子高生のカリスマ”であった当時から10年以上を経た今の加藤ミリヤだからこそ歌える、
当時とは変わった事、 どれだけ時が過ぎて人生のステージや状況が変化してもずっと変わらずにある事が重なった、
まさに“全ての女子達に捧ぐ”一曲だ。

また、 『ディア ロンリーガール』の着想の基ともなっている『ECDのロンリーガール feat. K DUB SHINE』の生みの親であり、
日本語ラップのオリジネーターの一人でもあるECDが楽曲に参加。 ECDのラップのレコーディングには、 加藤ミリヤ本人も立ち会った。
そのほか、 楽曲のトラックメイクをKOHHの楽曲の多くのトラックメイキングを担っている事で話題のRIKI(理貴)が手掛け、
「キエるマキュウ」のメンバーでECDの盟友でもあるILLICIT TSUBOIがミックスエンジニアとして参加。
日本のHIP-HOPのレジェンドと若き才能が交わった作品となっている。

加藤ミリヤにとっての新たなキャリアの始まりを予感させるリリースの発表であり、 今後解禁されるであろう楽曲の詳細に目が離せない。

■CDリリース情報
加藤ミリヤ シングル「新約ディアロンリーガール feat. ECD」
発売日:2017年12月6日(水)
初回生産限定盤(SRCL-9602) CD+DVD  ¥1,574+税
通常盤(SRCL-9604)CDのみ ¥1,204+税

■書籍リリース情報
『28』(トゥエンティエイト)
加藤ミリヤ著 ポプラ社刊 11月24日(金)発売
224ページソフトカバー 税抜1,200円 ISBN978-4-591-15416-8
ご購入はこちら→  https://www.amazon.co.jp/dp/4591154165/

■プロフィール
1988年生まれのシンガーソングライター。 2004年に「Never let go / 夜空」でデビューするとリアルで等身大な歌詞とメロディセンス、 生きざまが支持され瞬く間に“女子高生のカリスマ”として注目を集めた。
ファッションデザイナーとしても活躍する彼女の髪型やメイク、 ファッションを真似する“ミリヤー”現象を巻き起こし、 『VOGUE JAPAN WOMAN OF THE YEAR 2010』に選ばれる。 現在は小説家としても才能を発揮。
デビュー10周年を経て、 現在も現代女性の愛や葛藤を歌い続け、 “時代の代弁者”と呼ばれている。

■オフィシャルHP
http://www.miliyah.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です