ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

webサイト「ザテレビジョン」の【視聴熱】10/30-11/5ウィークリーランキング 「ホンネテレビ」が驚異の120万ptを突破!稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾も上位に

webサイト「ザテレビジョン」の【視聴熱】10/30-11/5ウィークリーランキング 「ホンネテレビ」が驚異の120万ptを突破!稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾も上位に
株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松原眞樹)は、 webサイト「ザテレビジョン」にて、 【視聴熱】ウィークリーランキング(対象期間=10月30日~11月5日)を発表しました。 【視聴熱】はSNSや独自調査を集計し、 盛り上がり度=“熱”をポイント(pt)として算出。 今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標です。 【視聴熱】サイト: https://thetv.jp/shichonetsu/weekly/

【人物ランキング】
1位 嵐/2位 香取慎吾/3位 稲垣吾郎

 第1位 嵐(285,081pt)…11月3日にCDデビュー18周年を迎え、 多くのファンからSNSなどに祝福のコメントが寄せられた。 また、 この日は二宮和也の主演映画「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」が公開。 東京・TOHOシネマズ上野で行われた初日舞台あいさつに登壇した二宮は、 CDデビュー18周年と公開日が重なったことについて「こんなことありえるのかなと。 ドンピシャで。 メンバーも驚いていました」と語った。

 第2位 香取慎吾(274,061pt)…稲垣吾郎、 草彅剛と共に出演したAbemaTV「72時間ホンネテレビ」が11月2日~5日に放送された。 5日は大河ドラマ「新選組!」(2004年)で香取と共演した佐藤浩市や、 親友・山本耕史がゲスト出演したほか、 香取がドナルド・トランプ大統領を模した“カトルド・トランプ”に扮して浅草の街を歩く企画も。 ラストの72曲ノンストップ生ライブまで、 見事完走した。 番組中はSNSにも挑戦し、 Instagramを担当した香取はライブ中にフォロワー数100万を突破。 総“いいね!”数は1426万以上と、 驚異の数字を記録した。

 第3位 稲垣吾郎(182,372pt)…11月2日よりスタートしたAbemaTV「72時間ホンネテレビ」が5日夜9時に終了。 稲垣は5日に、 街中でナンパした女性と模擬結婚式を行う企画を実施した。 最後には、 これまで出演したゲストからのコメントVTRが流れたが、 4日に登場した森且行の「ずっと仲間だから」とのコメント直後に稲垣が号泣。 あまり感情を表に出さないことが多い稲垣だけに、 大きな反響を呼んだ。 放送中に更新し続けた稲垣のブログは、 Amebaブログで3日連続総合1位に。 また、 放送後にTwitterで感謝の気持ちと打ち上げの報告もし、 長丁場を締めくくった。 本ランキングでは、 2位の香取、 3位の稲垣に続き、 草彅が4位にランクインしている。

【ドラマランキング】
1位 陸王/2位 コウノドリ/3位 先に生まれただけの僕

 第1位 陸王(34,249pt)…11月5日にTBS系で第3話を放送。 宮沢(役所広司)のこはぜ屋では、 「陸王」の開発チームに飯山(寺尾聰)が加わって本格的なソール作りが始まり、 飯山は開発室を覗いた大地(山﨑賢人)に手伝うよう指示する。 一方、 茂木(竹内涼真)は「陸王」の初期モデルの履き心地に驚くが、 走るうちにソールの不安定さが露呈する。 平均視聴率は15.0%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区)と自己最高を記録した。 また、 竹内が自身のTwitterで、 ライバルの毛塚を演じる佐野岳とオンエアを見ていることを明かしたことにも大反響が。

 第2位 コウノドリ(33,441pt)…11月3日にTBS系で第4話を放送。 トーラック(帝王切開後の自然分娩)を望む蓮(安めぐみ)について、 希望を優先してあげたいサクラ(綾野剛)と、 リスクが高いと考える四宮(星野源)の意見が激しく対立。 そんな蓮の出産に向き合うことで、 研修医・吾郎(宮沢氷魚)が、 自身の中で何かが変わるのを感じる姿が描かれた。 また、 第1子の子育てに悩み、 「お腹を痛めて産むことで赤ちゃんに愛情がいくのでは…」と考えた、 蓮の気持ちを察する意見がSNSに続々とアップされた。

 第3位 先に生まれただけの僕(33,376pt)…11月4日に日本テレビ系で放送された第4話で、 いよいよ鳴海(櫻井翔)による授業改革がスタート。 鳴海がアクティブラーニングの導入を提案し、 教師たちの意見が分かれる中で、 生徒らには好評を博す。 しかし、 受験を控えた3年生は対象から除かれることになったため、 疎外感を覚えた3年生たちが鳴海に訴え出ることに。 ラストでは、 鳴海が3年生に向けたロングスピーチで、 現実の厳しさを教えつつも「1人の人間として人間力で勝負しなければならない」「何もしないやつにチャンスはやってこない」と未来へのエールを送り、 視聴者も「心に刺さった」と感想を寄せた。

【アニメランキング】
1位 けものフレンズ/2位 サザエさん/3位 キラキラ☆プリキュアアラモード

 第1位 けものフレンズ(61,461pt)…東京・池袋で、 7月から期間限定オープンしていた屋外フードパーク「お祭だよ!けものフレンズがーでん」が10月31日に終了。 30日には、 CVの小野早稀、 相羽あいな、 根本流風が来場した様子が、 “けもフレがーでん”公式Twitterにアップされた。 また、 11月26日(日)に開催される東京・慶應義塾大学の学園祭「三田祭」にて、 たつき監督とヤオヨロズの福原慶匡プロデューサーがトークショーを開催することが明らかになり、 ファンを喜ばせている。

 第2位 サザエさん(42,781pt)…高須クリニック」の高須克弥院長が、 11月1日に自身のTwitterで、 アニメ「サザエさん」(フジテレビ系)のスポンサーの交渉に入ったことを明かし、 大きな話題を呼んでいる。 「サザエさん」の放送が始まった1969年から48年間スポンサーを務めた東芝が降板するのを受けたもので、 2018年3月末にも切り替わる可能性があると報じられている。 “ホリエモン”こと堀江貴文氏が、 今年2月に「5時に夢中!」(TOKYO MX)に出演した際、 「東芝が『サザエさん』のスポンサーを降りたら、 高須院長が手を挙げそう」と発言したことも掘り下げられて話題に。

 第3位 キラキラ☆プリキュアアラモード(41,927pt)…公開中の「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」が、 10月28日&29日の週末興行成績と動員数ランキングで1位を獲得。 2日間で観客動員数17万人、 興行収入1億9000万円を突破した。 11月2日には新宿バルト9で大ヒット舞台あいさつが行われ、 キャスト陣が快挙に対する気持ちを語った。 美山加恋は「プリキュアの長い歴史に爪痕を残したいと思っていたので、 爪痕を残せたのではないかなと思います!みなさんのおかげです。 ありがとうございます!」、 福原遥は「作品がみなさんにこんなに愛されているんだなと、 改めて幸せな気持ちになりました!」とコメント。

【バラエティーランキング】
1位 めちゃ×2イケてるッ!/2位 アメトーーク!/3位 おじゃMAP!!

 第1位 めちゃ×2イケてるッ!(52,043pt)…11月4日にフジテレビ系で、 三浦大知とのコラボで岡村隆史が史上最難関ダンスに挑んだ“岡村オファーシリーズ”のその後をオンエア。 協力してもらったダンサーたちの元を“岡村ブラックスカル”がサプライズ訪問し、 お礼の品としてブラックスカルの衣装を届けるといった内容で、 戸惑うダンサーたちと共に、 ついには「(RE)PLAY」ブラックスカル版のMVを完成させた。 そして番組終盤、 ブラックスカル姿の岡村に、 番組総監督から来春での“めちゃイケ”終了が告げられた。

 第2位 アメトーーク!(24,848pt)…11月2日にテレビ朝日系で“相方のツッコミ最高~芸人”を放送。 フットボールアワー、 千鳥、 ナイツ、 東京03のボケ担当が相方のツッコミの魅力を紹介し、 ゲストには嵐の二宮和也が初登場。 後藤輝基に“例えツッコミ”をしてほしいという二宮は、 別番組での後藤とのエピソードを披露した。 また、 5日の「日曜もアメトーーク!」では、 「仲良し同居芸人」と「プロレス大好き芸人ゴールデン」の2本立て2時間SPをオンエア。

 第3位 おじゃMAP!!(23,601pt)…11月1日にフジテレビ系で「草なぎ剛が要求!2人旅おもしろシーンもっとあっただろ緊急SP」を放送。 草なぎと愛犬・くるみちゃんをゲストに迎え、 10月4日オンエアの2時間SPの未公開シーンを振り返った。 前回の放送ではモザイクだらけだった香取慎吾の自宅だが、 雑誌のインタビュー記事に掲載されたことが判明し、 今回はモザイクを大幅にカットして再放送。 それを見た香取が「スタッフ~!」と慌てる一幕も。 なお、 次回は2002年に放送された香取主演のドラマ「人にやさしく」(フジテレビ系)のメンバー・松岡充、 加藤浩次、 須賀健太が出演するとあり、 大きな話題を呼んでいる。

【熱トピ】
稲垣吾郎、 草彅剛、 香取慎吾の「ホンネテレビ」が1週間で120万ptを突破

 上記4つのランキングには入らないが、 テレビ界で注目を集めているトピック=【熱トピ】では、 ホンネテレビ(1,205,985pt)をピックアップ。 「72時間ホンネテレビ」が11月2日夜9時より5日夜9時まで、 AbemaTV SPECIALにて生放送。 稲垣吾郎、 草彅剛、 香取慎吾が“今までできなかったこと”を72時間ぶっ通しで実現していった。 3人はそろってSNSデビューし、 “世界トレンド1位”獲得に挑戦。 4日の午後、 森且行に会うため浜松オートレース場を訪れた際に“森くん”というワードが世界5位に急浮上し、 香取が「みんなでもっとつぶやいて世界1位にしましょう!」と呼びかけた10数分後、 世界一位を獲得。 「森くんで世界一位を獲るのはある意味一番うれしいこと!」と3人で喜びを爆発させた。

【視聴熱】とは、 SNSやザテレビジョンの独自調査を集計し、 世間で今注目を集めている「番組」や「人物」を発表。 視聴者の“熱”をポイント化してテレビの最新トレンドに迫る、 ザテレビジョン独自の新指標です。 WEBサイト「ザテレビジョン」ではウィークリー、 デイリー、 リアルタイムの視聴熱ランキングを紹介。 視聴率だけでは測れない、 本当に盛り上がっているテレビの話題を、 人々の“熱”から探ります。

●【視聴熱】サイト: https://thetv.jp/shichonetsu/weekly/
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です