ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

チームJAPAN完全制覇!「第41回世界オセロ選手権(ベルギー)」終了

チームJAPAN完全制覇!「第41回世界オセロ選手権(ベルギー)」終了
無差別・女子・ユース・団体  8年ぶりとなる全部門優勝!!
  ボードゲーム・オセロの世界一を決める「第41回世界オセロ選手権(41st World Othello Championship)」
が2017年10月31日(火)~11月4日(土)にベルギー・ゲントにて開催されました。
 この大会は、 オセロの世界チャンピオンを決める大会で、 今年41回目を迎え27の国と地域から86名の代表選手
が参加し、 個人(無差別の部・女子の部・ユースの部)及び団体で競われました。 無差別の部では高梨 悠介さん、
女子の部では菅原 美紗さん、 ユースの部では高橋 晃大さん、 団体では日本チームが優勝しました。 全部門で
日本選手が優勝を果たすのは8年ぶりとなります。
オセロ発祥国日本! 団体では13連覇達成!

日本人対決となった決勝の様子
日本人対決となった決勝の様子

 

予選の様子
予選の様子

 

 

2年ぶり5度目のチャンピオンに!

無差別の部 優勝 高梨 悠介(たかなし ゆうすけ)さん(25歳・神奈川県)

「2009年に初めて世界一になったこの場所(ベルギー・ゲント)でこうしてまた最高の結果が残せて嬉しいです。 予選2日目は苦戦しましたが、 決勝ラウンドでは自分らしいオセロができたと思います。 水戸で開催した昨年の大会では、 日本人が決勝に残れなくて口惜しい思いをしました。 今回の決勝でオセロ大国日本の意地を見せられたと思います。 」

オセロをはじめて約2年!急成長の小学生!

無差別部門でも予選単独1位の快進撃で決勝進出!世界2位!
無差別の部 2位 & ユースの部 優勝 高橋 晃大(たかはし あきひろ)さん
(小学6年生・大阪府)
「ユースチャンピオンになれてすごくうれしいです。 予選通過した時点ではユースの優勝は決まったのですが、 ユースの決勝はちょっとやってみたかったです。 」(無差別の決勝進出の為、 ユース部門での決勝戦は行われませんでした。 )

会場の選手からは、 1日目終わった辺りから、 「日本人のあの少年はなんなんだ?強すぎる」等と言う声が聞こえ始め、 2日目には「あの強さは本物だ。 優勝してしまうんじゃないか?」と驚きの声も聞かれたそうです。

初出場優勝!

女子の部 優勝 菅原 美紗(すがわら みさ)さん(24歳・山形県)
「初めての世界大会で、 さらに皆が応援してくれていたので勝たなければいけないと思い緊張していました。 優勝できて嬉しいです。 決勝戦は最後まで何がおこるかわからないので、 集中していました。 日本チームや日本で応援してくれている人のためにも勝ててよかったです。 」

<試合結果>

無差別部門(左から Liさん、   Aunchuleeさん、  高橋さん、  高梨さん)
無差別部門(左から Liさん、 Aunchuleeさん、 高橋さん、 高梨さん)

■無差別の部
優勝:高梨 悠介(日本)
2位 :高橋 晃大(日本)
3位 :Piyanat Aunchulee(タイ)
4位 :Chun Wan Li(香港)

■女子の部
  優勝:菅原 美紗(日本)
  2位 :Jiska Helmes(オランダ)
  3位 :Charinee Mitmean(タイ)

■ユースの部

日本人選手(左から 福永さん、  菅原さん、  栗田さん、  高橋さん、  高梨さん)
日本人選手(左から 福永さん、 菅原さん、 栗田さん、 高橋さん、 高梨さん)

 優勝:高橋 晃大(日本)
 2位:Micky Shifman(イスラエル)

 

■団体
 優勝:日本
 2位 :タイ
 3位 :フランス



■■大会概要■■
■大会名 :第41回世界オセロ選手権
      41st World Othello Championship
■日程  :2017年10月31日(火)~11月4日(土)
■会場  :ベルギー・ゲント(Ghent Meeting Center Akkerhage 2, Ghent, Belgium)
■競技内容:オセロ対局(無差別部門・女子部門・ユース部門・国別部門)
      予選13戦(全部門混合)、 予選の上位者による部門別決勝ラウンド
■参加者 :27の国と地域から86名
      日本選手は国内大会を勝ち上がった、 女性1名、 小学生1名を含む計5名が参加
■主催  :World Othello Federation・Belgium Othello Federation
■大会HP  : https://woc2017.worldothello.org/

<オセロ>
 今では誰もが知っている家庭用ボードゲーム「オセロ」は1973年に茨城県出身の故長谷川五郎氏(一般社団法人日本オセロ連盟会長:2016年6月20日死去83歳)の発明で誕生し、 株式会社ツクダ(現在、 株式会社メガハウスで販売)から発売しました。 長谷川氏が中学時代に、 仲間たちと「休み時間10分以内に決着のつくゲームを」という発想から考え付いたゲームで、 原型は牛乳瓶のふたを使っていたそうです。
 「覚えるのは1分、 極めるのは一生」と呼ばれるほど、 ルールは簡単でありながら奥の深いオセロ。 発売から現在に至るまで、 多くの家庭で親しまれ、 初年度は30万個を売り上げ、 現在累積出荷個数は 2,490万個(1973年4月~2017年3月)を更新、 競技人口も年々増え続けています。 今後もその魅力を日本から発信して参ります。

 【歴史】
1972年10月   長谷川氏が (株)ツクダ(現在、 (株)メガハウスで販売)

         へ商品企画持込→商品化決定
1973年      日本オセロ連盟設立
1973年4月7日  「第1回全日本オセロ選手権 (商品発表会)」開催 (以後毎年開催)
1973年4月29日  オセロ発売(当時:2,200円)
1977年     「第1回世界選手権」開催 日本人優勝(以後毎年開催)
ホームページ         http://othello-official.jp/
TM&(C) Othello,Co.and MegaHouse

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です