ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

2018年2月1日(木)「SAKU REN JIMBOCHO /サクレン神保町」開業

2018年2月1日(木)「SAKU REN JIMBOCHO /サクレン神保町」開業
~機能的な現代デザインにレトロが調和する文化空間~東京・神保町にレトロモダンホテルが誕生2018年2月1日(木)、「SAKU REN JIMBOCHO/サクレン神保町」開業
株式会社リブホテル(東京・港区 代表取締役 福元恒徳)は、 機能的なデザインにレトロが調和する文化空間として、 レトロモダンホテル「SAKU REN JIMBOCHO」を2018年2月1日(木)、 東京・神保町に開業いたします。

株式会社リヴホテル(東京・港区 代表取締役 福元恒徳)は、 神保町で初めてのレトロモダンホテル「SAKU REN JIMBOCHO/サクレン神保町」を2018年2月1日(木)に開業いたします。 東京の中心地である千代田区神保町。 ここは古くから多くの文学ファンや作家が訪れる古本書店の街であり、 書店以外にも楽器やレコードなどの街としても愛され、 常に古き良き文化と新しい文化が融合する場所として創作エネルギーあふれる文化の街です。

この文化街 神保町に、 和のインテリアとクラシカルなイメージを融合させた5種類の部屋を用意して、 静かでゆったりと寛げる洗練されたプライベート空間を作り出すレトロモダンホテル「SAKU REN JIMBOCHO /サクレン神保町」が開業します。 訪れる人が肩の力を抜いて、 心身ともにリフレッシュし、 気持ち新たたにスタートを実現できるホテルサービスを目指し、 客室には機能性にこだわった広めのバスルームや、 快眠を提供する、 カスタムメイドのシモンズ社製マットレスを採用。 畳や障子などの和の要素を要所に取り入れたクラシカルな設えで、 落ち着きのある空間を演出します。 また、 厳選された古書が並ぶロビーでは、 緩やかに流れる1900年代のJAZZと共に、 ホスピタリティ溢れるスタッフがお客様をお迎えします。 変化に富んだ様々なライフスタイルに対応できる利便性を備えた、 都市型レトロモダンホテルの誕生です。
インテリアデザイン及びコンセプトメイクは、 100件以上のホテルや旅館の経営コンサルティングを手掛けてきた株式会社咲楽(東京・渋谷区 代表取締役 高橋祐一)が担当し、 ホテルの運営管理は、 株式会社ケラススホテル&リョカン(東京・渋谷区 代表取締役 高島祐一)が担当してまいります。

※「SAKU REN JIMBOCHO /サクレン神保町」の詳細についてはこちらをクリックしてください。
https://saku-ren.com/


SAKU R E N JIMBOCHO 」概要

住      所:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2丁目 5-13
電話番号:03-3461-7281 (株式会社ケラススホテル&リョカン/開発準備室)
総客室数:地上12階 全32室
客室タイプ:5タイプ 
Type1 23.09m2 ×10室 / Type2 22.52m2 ×10室 / Type3 23.02m2 ×10室
Type4 36.93m2 ×1室 / Type5 37.20m2 ×1室(畳ZENルーム設置)
※ベッドにはシモンズ社のマットレスを採用                                     
ホテルフロントスペース : 様々なジャンルの本とレコードを陳列
年間目標平均室料 : 19,500円
年間目標平均稼働率 : 87%
アクセス: 都営三田線,新宿線、 営団地下鉄半蔵門線「神保町」駅下車徒歩1分



客室Type 1 23.09m2 × 10 部屋)



客室Type 2 22.52 m2 × 10 部屋)



客室Type 3 (23.03 m2 × 10 部屋)



客室Type 4 (36 .93 m2 × 1 部屋)



客室Type 5 (37.20 m2 × 1 部屋)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です