ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

国内最大の放送・映像制作機器の展示会「2017年国際放送機器展(Inter BEE 2017)」に出展

国内最大の放送・映像制作機器の展示会「2017年国際放送機器展(Inter BEE 2017)」に出展
キヤノンは、 2017年11月15日(水)から17日(金)まで、 幕張メッセで開催される国内最大の放送・映像制作機器の展示会「(第53回)2017年国際放送機器展(以下、 Inter BEE 2017)」に出展し、 「映像表現に拡がりを、 創り手にチカラを。 」をコンセプトに新製品やキヤノンの最先端技術を紹介します。

 

キヤノンブース(イメージ図)
キヤノンブース(イメージ図)

1. 4K/HDR対応のシネマカメラやディスプレイなど幅広い映像制作機器を展示
 映像制作機器CINEMA EOS SYSTEMのフラッグシップモデル「EOS C700」(2016年12月発売)や「EOS C200」(2017年7月発売)などの入力機器から、 業務用ディスプレイ「DP-V2411」(2017年12月上旬発売予定)などの出力機器まで、 プロの映像制作ワークフローを強力にサポートする4K/HDR対応の幅広い映像制作機器を体験することが可能です。
 さらに、 4K対応の業務用ビデオカメラ「XF405/XF400」(2017年11月10日発売)や業務用HDビデオカメラ「XA15/XA11」(2017年9月発売)のタッチ&トライ、 4Kプロジェクターの新製品「4K600Z」(2017年12月上旬発売予定)の展示や4K HDRシアターなどを通して、 幅広い製品を紹介します。

2. 自由視点映像生成システムによる3D映像などを初公開
 キヤノンが開発中の自由視点映像生成システムを用いて制作した3D映像や、 音響効果とあわせて視聴が可能な映像を大画面シアターで初公開します。 サッカーの試合をさまざまな視点や角度から視聴することができるため、 実際にフィールドにいるような臨場感・没入感のある映像体験が可能です。

3. 開発を進めているさまざまな製品や技術を紹介
小型多目的モジュールカメラ「MM-100WS」や、 約2.5億画素のCMOSセンサーを応用し制作した約2.5億画素/約10億画素の超高精細な映像、 8K対応のカメラ、 レンズ、 ディスプレイなど、 キヤノンが開発を進めているさまざまな製品・技術を通して、 新しい映像制作の可能性を提案します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です