ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

生活情報誌「Mart」から 大人のための街歩きガイド「Sprout 日帰りで行く 大人のおいしい街歩き 4」発売!

生活情報誌「Mart」から 大人のための街歩きガイド「Sprout 日帰りで行く 大人のおいしい街歩き 4」発売!
首都圏発 「ふらりと楽しむ日帰り旅」ムック第4弾は「昭和」を感じる街歩き特集です


子育てが一段落して、 自由に使える時間が増えてきた大人へ向けて、 昨年秋にリニューアルした「Sprout」。 「日帰りで行く 大人のおいしい街歩き」をテーマに、 気軽に出かけられる首都圏の街&食情報を紹介しています。 11月10日に発売されたVol.4では、 「昭和」をキーワードに、 銀座と下町を特集。 路地の奥にある昔ながらの名店や、 昭和の雰囲気がまだ残る、 懐かしい街並みを紹介しています。
 

<特集>
路地まで巡れば昭和の魅力がいっぱい
もうひとつの「銀座」
もう一つの「下町」


【Part1】 ずっと変わらない銀座
金春通り・見番通り・西五番街通り・あずま通り・ガス燈通り・三原通り

銀座の大通りから一本奥へ入った通りを散策。 金春通りや見番通りなど江戸時代の名残から名付けられた通りには、 100年以上続く老舗がいまもいくつかあり、 また、 ビルの合間を通り抜ける薄暗いの小道の奥に名店が佇むなど、 いつもと違う銀座を楽しめます。


【Part2】 昔懐かしい風景の下町
浅草 観音裏・東上野・根岸・佃・月島

国内外から多くの観光客が訪れる浅草と上野。 メインエリアから少し離れた、 地元住民エリアにある下町ならではの洋食屋さんや純喫茶などを紹介。 月島はもんじゃ焼きではないお食事どころと、 風情ある佃の街並みが必見です。

<その他の企画>
御朱印集めて福を呼ぶ
谷中・日本橋 「東京七福神」巡り

都内でも30コースほどあるという、 人気の七福神巡り。 その中から、 江戸最古の「谷中七福神」と、 日本一コンパクトなコースの「日本橋七福神」をご紹介。 巡る途中のお休みどころも調べました。

古墳・貝塚・縄文土器
教科書のあの舞台へ 東京にある「遺跡」を訪ねて

都心の意外なところに古墳や貝塚があることをご存知ですか? 学生時代に教科書で見たあの場所を訪ねて、 古代に思いを馳せてみましょう。

名店ぞろいの沿線です
「世田谷線」おいしいパンを味わう一日

100年続く老舗や、 1ヶ月先まで予約待ちの人気店など、 東急世田谷線の沿線にはパンの名店がいっぱい。 二両編成のかわいい電車、 世田谷線に揺られてお気に入りのパン屋さんを見つけてください。

まだまだあった「小江戸の風情」
ちょっとはずれた「川越」の街並み散歩

重厚な蔵造りの建物が並ぶ通りに人があふれるほどの人気となっている川越。 にぎわう場所を楽しんだら、 見事な庭の歴史ある料亭や、 静かな神社、 寺院を巡ってみましょう。 そこでは川越も違った表情見せてくれます。

生田智子さんがレポート
川越名物の舞台裏
「昔ながらの味づくり」

創業250年の川越の醤油蔵や、 酒蔵を訪れます。 女優の生田智子さんが、 江戸時代から続く醤油づくりを見学し、 お話もたっぷり聞いてきました。 また、 銘酒を復活させた酒蔵、 伝統菓子いもせんべいの製造現場もレポート。

ほっとする光景があります
地元の人たちも愛する ノスタルジックな「仙台」

東京から新幹線で約1時間半、 日帰りしても「旅心」を満たしてくれる街、 仙台。 戦後から続く朝市や、 ノスタルジックな気分を満喫できる横丁など、 地元の人も訪れる場所をご案内。 旬の名物料理情報もおさえました。



■バックナンバーも発売中です。

 


■「Mart」とは
「“私の半径5m”に幸せがある」をキャッチフレーズに、 ありきたりの日常をもっと楽しく、 幸せに生活していくことを提案、 発信するミセス向け女性月刊誌。 毎月28日発売。
http://mart-magazine.com/contents/index.shtml?utm_source=pr_171110&utm_medium=pr&utm_medium=earned&utm_campaign=pr_dsc_171110


■「Mart Community Blog」も続々公開中
Martの世界観を反映した鮮度の高いNEWSを、 「読者」や「スタッフ」がほぼ毎日ミニブログのように配信していくサイトがMart Community Blog。 ズパゲッティ企画やこれHIT通信ほか、 4つのテーマで展開中。 ご注目ください。
http://mc.mart-magazine.com/?utm_source=pr_171110&utm_medium=pr&utm_medium=earned&utm_campaign=pr_dsc_171110


「Sprout」および「Mart」に関するお問い合わせ先:光文社 Mart編集部 03-5395-8150



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です