ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

外国人向けに多言語で物件情報を配信する不動産ポータルサイト『japan-property.jp』がサービス開始

外国人向けに多言語で物件情報を配信する不動産ポータルサイト『japan-property.jp』がサービス開始
拡大する外国人向け不動産取引市場での取引活性化をお手伝い。
アークライズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、 代表取締役 渡邊大輔、 以下アークライズ)は、 2018年11月1日、 外国人向け不動産ポータルサイトを開設し、 日本国内の賃貸物件・売買物件情報を多言語で配信するインターネット広告事業を開始いたしました。

少子超高齢化の急速な進展に伴い、 平成25年の時点で820万戸といわれる全国の空き家は2030年頃には2000万戸を超えるとの予測もあり、 国内不動産市場は年を追うごとに厳しさを増していくと予測されています。

そのような状況下においても、 相続税法改正による相続税対策や超低金利などを背景に住宅建設は増え続け、 住宅市場は飽和状態を通り越して大幅に余剰と言える状況にあります。

一方、 外国人からの需要に目を向ければ、 急速に経済発展するアジア諸国からの投資ニーズの拡大、 生産労働人口の減少による外国人労働者の受け入れ拡大、 世界的な高度人材獲得競争の流れを受けて高等教育の段階から人材獲得を目指す政府による外国人留学生の受け入れ目標拡大、 訪日外国人観光客の増加にともなう短期滞在需要の急拡大などで、 外国人向け不動産取引市場は拡大し続けています。

現在は言葉の壁や生活習慣の違いにより、 外国人との取引に積極的に対応できる不動産会社はまだまだ少なく、 それゆえに早い段階から積極的に参入した場合の先行者メリットは大きいと思われますが、 外国語対応が可能な人材の確保や集客コストの面で外国人との取引に参入するハードルは高い状況にあります。

そこで、 『japan-property.jp』を運営するアークライズでは、 日本語で入稿した売買物件・賃貸物件情報を自動で英語、 中国語(繁体字・簡体字)、 タイ語に変換して配信するインターネット広告配信サービスとともに、 多言語メール翻訳や多言語電話通訳もオプションサービスとして提供することにより、 外国語ができるスタッフが在籍しない不動産会社でも低コストで外国人向け不動産市場へ参入できるようお手伝いいたします。


■ japan-property.jp について

japan-property.jpは全国の不動産会社・ディベロッパーの皆様から提供された不動産物件情報を集約し、 インターネットを通じて多くの外国人見込み客に提供する不動産ポータルサイトです。 物件情報は日本語で入稿すれば自動的に英語、 中国語(繁体字・簡体字)、 タイ語に翻訳されて配信されるため、 不動産会社様の方で予め翻訳を手配いただく手間や翻訳費用なども抑えられます。

少子高齢化にともない縮小する国内不動産市場において、 着実に拡大し続ける外国人向け不動産取引市場でビジネスチャンスを広げ、 全国の不動産会社の収益拡大や空室率改善のお手伝いをいたします。


■ 広告掲載料金について
掲載物件数に応じた従量制の月額料金となっております。 幅広い料金プランを用意しておりますので、 お客様のご予算に合わせた広告掲載が可能です。
また、 無料トライアルキャンペーンなどを実施しておりますので、 詳細は下記までお気軽にお問い合わせください。

■  広告掲載料金に関するお問合せ先
アークライズ株式会社
担当:営業推進チーム 渡邊
TEL: 044-873-2852 E-mail: service@japan-property.jp
URL: https://www.japan-property.jp/ (外国人向け不動産ポータルサイト)
URL: https://www.agent.japan-property.jp/ (不動産会社様向けサイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です