ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』待望のシーズン4が2017年12月1日(金)より、プライム・ビデオにて見放題独占配信スタート

『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』待望のシーズン4が2017年12月1日(金)より、プライム・ビデオにて見放題独占配信スタート
更に、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル Documentary of Documental』の配信が2017年11月15日(水)に決定!

『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン4 キービジュアル
『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン4 キービジュアル

Amazonは、 大人気の日本オリジナルバラエティシリーズ、 『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』(以降、 ドキュメンタル)のシーズン4を2017年12月1日(金)よりAmazonプライム・ビデオにて毎週金曜日1話更新で全5話の見放題独占配信を開始します。 更に、 2017年11月15日(水)より、 新たに撮り下ろした松本人志氏のインタビューと幻のパイロットシーズン映像を含めた全2話からなる『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル Documentary of Documental』(以降、 ドキュメンタリー オブ ドキュメンタル)を見放題独占配信することを発表します。

シーズン4の参加者は、 宮迫博之氏(雨上がり決死隊)、 藤本敏史氏(FUJIWARA)、 飯尾和樹氏(ずん)、 くっきー氏(野性爆弾)、 井戸田潤氏(スピードワゴン)、 黒沢かずこ氏(森三中)、 西澤裕介氏(ダイアン)、 ノブ氏(千鳥)、 大悟氏(千鳥)、 クロちゃん氏(安田大サーカス)の10名です。 今シーズンも、 毎シーズン変わるメンバーによって生み出される一度きりの“笑い”を存分に楽しめる展開となっており、 何よりこれまでで最もツッコミとボケが入り乱れる本気の会話劇が見所です。

また、 シーズン4に先駆け配信されるドキュメンタリー オブ ドキュメンタルは、 本シリーズのファンの方にとってはもちろんのこと、 これからドキュメンタルを初めて観るお客様にとっても全シリーズをより楽しんでもらうために必見の内容となっています。 松本氏がこれまでの3シーズンを名場面とともに振り返り、 分析し、 未だ続く“実験的バラエティ”である本番組への思い入れや今後について語る貴重な撮り下ろしのインタビュー映像と、 これまで観られることがなかった番組の原点となるパイロットシーズンの映像で構成されています。 この「シーズン0」の参加者は秋山竜次氏(ロバート)、 ハチミツ二郎氏(東京ダイナマイト)、 内間政成氏(スリムクラブ)、 大島美幸氏(森三中)、 斎藤司氏(トレンディエンジェル)、 こいで氏(シャンプーハット)、 清人氏(バッドボーイズ)、 久保田和靖氏(とろサーモン)、 おにぎり氏(ニューロマンス)、 板東英二氏となっています。

Amazonプライム・ビデオ コンテンツ事業本部長 アジア・パシフィック リージョナルヘッドのジェームズ・ファレルは次のようにコメントしています。
「Amazonプライム・ビデオの大人気シリーズであるドキュメンタルの新シーズンを皆様にお届けすることができ、 大変嬉しく思います。 シーズン4も個性豊かな芸人さんたちが集まり、 新しい“笑い”を生み出してくれました。 『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル Documentary of Documental』ではシーズン1を配信してから約1年経つ本シリーズについて、 松本さんのインタビューをご覧いただけますのでご期待ください。 」

宮迫博之氏(雨上がり決死隊)は次のようにコメントしています。
「人生色々辛い思いをしていて、 笑えない時が最近もいっぱいあったので、 その時の気持ちで一切笑わず、 賞金もらいます。 」

藤本敏史氏(FUJIWARA)は次のようにコメントしています。
「今回は、 優勝できるところまで来ていると思うので優勝目指します。 」

飯尾和樹氏(ずん)は次のようにコメントしています。
「緊張で朝から不整脈出ていますけど、 こうなったら片道切符でいきます。 帰る家は売ってきましたので頑張ります。 」

くっきー氏(野性爆弾)は次のようにコメントしています。
「これまで参加した時は勝ちにこだわっていなかった結果だと思うので、 今回はしっかり勝ちにこだわっていきます。 」

井戸田潤氏(スピードワゴン)は次のようにコメントしています。
「一千万取りに来ました。 新たな井戸田が見せられればと思っておりますので、 皆さん最後まで応援お願いします。 」

黒沢かずこ氏(森三中)は次のようにコメントしています。
「30代最後の瞬発力をここで出したいと思います。 」

西澤裕介氏(ダイアン)は次のようにコメントしています。
「色んなタイプのメンバーがいると思いますが、 いかに現場で自分の空気を出せるかが勝負だと思うので、 かなり頑張ります。 」

ノブ氏(千鳥)は次のようにコメントしています。
「喉が壊れてもいい覚悟で、 どんな人が来ようが、 フルで大声出して突っ込んでいきたいと思います。 」

大悟氏(千鳥)は次のようにコメントしています。
「できるだけ残って楽しんで、 勝っても負けても“良い1日だった”と思える戦いにしたいです。 」

クロちゃん氏(安田大サーカス)は次のようにコメントしています。
「松本さん、 クロちゃんの内なるもの信じてくれてありがとうございます。 新しいもの見せて仕事増やします!」

ドキュメンタルのルールは下記の通りです。
・参加者10人はそれぞれ参加費100万円を用意
・制限時間は6時間
・同じ部屋に集まった参加者同士が笑わせ合う
・松本の判断により、 笑った参加者は退場
・最後の1人に残ったものが優勝賞金1000万円を獲得
・出演者には、 1回笑わせる度に1ポイント付与。 制限時間、 残り1時間となった時点でポイント数を公表。 2人以上で制限時間を迎えた場合は、 ポイント数が1番高い参加者が勝者となる。
・1人でも退場者が出た場合、 その後松本の判断により、 “ゾンビタイム”が導入される。 ゾンビタイムでは、 敗者が一時的に『ドキュメンタル』に復帰し、 生き残っている参加者に”笑い”を仕掛けられる。 (ゾンビタイムに参加するかどうかは自身の判断)生き残っている参加者を全員笑わすことができた場合、 ノーコンテストとなり参加費が返還される。

Amazonビデオについて
Amazonビデオは、 プレミアムなオンデマンド・エンターテイメント・サービスです。 お客様が、 見たい作品を見たい方法でご覧いただけるよう多様な選択肢をご提供しています。
• プライム・ビデオ :数千本もの人気映画やテレビ番組、 また、 各賞を受賞したAmazonスタジオ制作による、 オリジナル・ドラマ『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』、 『高い城の男』、 『トランスペアレント』、 子ども向けシリーズ『タンブルリーフ』、 そして日本オリジナル作品『仮面ライダーアマゾンズ』、 『はぴまり~Happy Marriage!?~』、 『クレヨンしんちゃん外伝』シリーズ、 『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シリーズ、 『バチェラー・ジャパン』などを、 プライム会員であれば見放題でご覧いただけます。 また、 現在プライム・ビデオは、 www.primevideo.comにて世界の200以上の国・地域で視聴可能です。
• レンタルおよび購入 :Amazonをご利用されるお客様は、 数十万本の新作映画やテレビ番組をオンデマンドでレンタルまたは購入いただけます。  
• どこでも視聴 :プライム・ビデオのアプリをご利用いただければ、 対応するテレビ、 PlayStation、 Wii、 Xbox、 モバイルデバイス、 Amazon Fire TV、 Fireタブレット、 オンラインなどで、 どこでも視聴いただけます。 ご利用いただけるデバイスのリストは、 https://www.amazon.co.jp/gp/video/getstarted/をご参照ください。
• プレミアムな特長 :4KウルトラHDやHDRに対応。 モバイルデバイスにダウンロードすればオフラインでも視聴いただけます。

Amazonプライムについて
プライム・ビデオを会員特典の一つとする、 Amazonプライムは、 3,900円(税込)の年会費もしくは400円(税込)の月会費で、 ショッピングだけでなく、 観る、 聴く、 読むなど様々な特典をご利用いただけるプレミアムサービスです。 ショッピングではお急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで何度でもお使いいただけます。 食品・日用品をひとつから必要なだけご購入いただけるAmazonパントリー(取扱手数料ひと箱あたり・税込290円)、 毎日のお買い物が最短1時間でお手許に届くPrime Now、 生鮮食品や専門店グルメ、 日用品まで必要なものが1か所で揃うAmazonフレッシュ(月会費・税込500円)もご利用いただけます。 さらにボタンを押すだけでお使いの日用品を簡単に注文できる小型端末「Amazon Dash Button(アマゾン ダッシュ ボタン)」もプライム会員のみがご購入いただける商品として登場しました。 また、 デジタル特典として、 対象の数千本もの人気映画、 テレビ番組やAmazonオリジナル作品が見放題のプライム・ビデオをはじめ、 100万曲以上の楽曲が聴き放題のPrime Music、 写真を保存し放題のプライム・フォトを提供。 そしてKindle端末またはFireタブレットで毎月電子書籍1冊を無料で読めるKindle オーナーライブラリーに加え、 数百冊の本・マンガ・雑誌の電子書籍をお手持ちの端末でお楽しみいただけるPrime Readingも登場し、 様々なライフシーンで会員特典をお楽しみいただけます。 プライムに関する詳細と30日間の無料体験はwww.amazon.co.jp/primeまで。

Amazonについて
Amazonは4つの理念を指針としています。 競合他社ではなくお客様を起点にすること、 創造への情熱、 優れた運営へのこだわり、 そして長期的な発想です。 カスタマーレビュー、 1-Click注文、 パーソナライズされたおすすめ商品機能、 Amazonプライム、 フルフィルメントby Amazon(FBA)、 アマゾン ウェブ サービス(AWS)、 Kindleダイレクト・パブリッシング、 Kindle、 Fireタブレット、 Fire TV、 Amazon Echo、 Alexaなどは、 Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です