ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

Fリーグ覇者シュライカー大阪の木暮監督による、「フットサルトレーニング本」を刊行!

Fリーグ覇者シュライカー大阪の木暮監督による、「フットサルトレーニング本」を刊行!
株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、 2017年11月16日(木)に、 『フットサル戦術 トレーニングデザイン ~Fリーグ優勝チームが実践する勝利のメソッド~』を刊行いたしました。

2016年Fリーグ王者・シュライカー大阪の木暮賢一郎監督が、 限られた場所や時間、 戦力でトレーニングするための方法を伝授します。

2016-17シーズンの「Fリーグ」を制した、 シュライカー大阪・ 木暮賢一郎 監督によるフットサル戦術書の 決定版

選手の半数以上がアマチュアのチームを優勝に導いた秘訣は、 木暮監督が編み出した「 トレーニングデザイン 」というメソッドにある。
「限られた戦力、 時間、 場所において、 最大限のパフォーマンスを引き出す」チームとしての目標、 コンセプトを設置・呈したうえで、 それを実現するためにトレーニングをデザインしていく。

ウォーミングアップからクールダウンまで、 全ての練習がコンセプトに沿って行われるため、 練習でやったことが、 すぐさま試合につながる のが、 この「トレーニングデザイン」の最大のメリット。

残念ながら、 日本のフットサルを取り巻く環境は十分とはいえないのが現状。

練習回数が十分にとれない……
GKの選手がいない……
コートが狭い……
ゴールが一つしかない……
選手が集まらない……

そうした 限られた環境 の中でもチームを 強く していくためには、 それぞれのチームに合った、 トレーニングを考えることが重要になる。

本書では、 木暮監督がFリーグクラブで実践して優勝に導いた独自のメソッド「トレーニングデザイン」を紹介する。 具体的なトレーニングとともに、 どんな目的 で行うのか、 どのような設定 にするのか、 なども詳しく解説。

練習回数、 プレーヤーの質、 所属カテゴリーなどそれぞれのレベルに応じて 最適なメニューの組み立て方 が学べるので、 本格的なチームから初心者チームまで、 どんなチームにも応用可能。

本気で上を目指して頑張っている
なかなか結果が出なくて悩んでいる
選手のレベルにばらつきがある
格上の相手に勝利したい

あらゆるレベルでプレーしているチームにオススメの1冊。

【目次抜粋】
・トレーニングデザインの考え方
・フットサルの基本戦術
・トレーニングプランの組み立て方

【著者プロフィール】
1979年11月11日生まれ、 神奈川県出身。 大学生のときにフットサル日本代表に選ばれる。 ファイルフォックスで数々のタイトルを獲得し、 2005年にはスペインリーグのナサレノに移籍。 2008年、 Fリーグ・名古屋オーシャンズで日本復帰を果たす。 日本代表として2004、 2008、 2012年とフットサルW杯3回連続出場。 2006年にはアジア最優秀選手に輝く。 2012年に引退後は指導者の道に進み、 FリーグU—23選抜監督を経て、 現在はシュライカー大阪を率いる。 2016-17シーズン、 Fリーグ優勝、 全日本フットサル選手権優勝の「2冠」に導く。 2016年4月に日本代表が出場した3カ国対抗戦では監督として優勝に導く。

【書籍概要】
書 名:『フットサル戦術 トレーニングデザイン ~Fリーグ優勝チームが実践する勝利のメソッド~』
著 者:木暮賢一郎
仕 様:A5判、 240ページ
定 価:1600円+税
配本日:2017年11月16日(木)
ISBN:978-4-416-61772-4

【書籍のご購入はこちら】
紀伊國屋書店: https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784416617724
楽天ブックス: https://books.rakuten.co.jp/rb/14993386/
ヨドバシ.com: http://www.yodobashi.com/product/100000009002806851/
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4416617720/
honto: https://honto.jp/netstore/pd-book_28525929.html
オムニ7: http://7net.omni7.jp/detail/1106820372

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック: https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター: https://twitter.com/seibundo_hanbai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です