ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

第7回神戸マラソンで『朝日新聞フィニッシャーズ号外』を発行 

第7回神戸マラソンで『朝日新聞フィニッシャーズ号外』を発行 
新聞1面にランナーの名前と記録が! 一枚一枚刷り分ける世界に一つの記念新聞
株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は、 11月19日開催の「第7回神戸マラソン」(兵庫県、 神戸市など主催、 朝日新聞社など共催)で、 参加ランナーを対象に、 『朝日新聞フィニッシャーズ号外』を発行、 販売します。 昨年の大会で試行し好評を博したため、 今回は初めて本格的に実施します。
<『朝日新聞フィニッシャーズ号外』とは>
1面にランナーの名前や記録のほか、 当日の模様やコースマップなども掲載する、 新聞と同じ大きさのパーソナル号外です。 写真サイト「オールスポーツコミュニティ」からお好みの写真を1点選び、 1面に掲載することもでき

ます(「個人写真あり」の場合)。 朝日新聞社所有のデジタル印刷機で、 ランナーごとに一枚一枚刷り分け、 世界に一つのかけがえのない新聞を製作し、 お届けします。

■仕様

・ブランケット判(新聞と同じ大きさ)、 2ページ。
・ランナーが選んだ自分の写真を掲載できる「個人写真あり」(送料・申込手数料込2,495円)と、 当日の模様を収めた報道写真が掲載される「個人写真なし」(同795円)の2種。

フィニッシャーズ号外の例(一部加工処理をしています)
フィニッシャーズ号外の例(一部加工処理をしています)



■朝日新聞社のデジタル印刷機について

朝日新聞社は、 東京本社(中央区築地)内に連帳式のデジタル印刷機を保有し、 スポーツ催事のみならず、 様々な催事等でサービスを提供しています。 1部ごと、 1ページごとに異なる内容を刷り分ける「バリアブル印刷(可変印刷)」に対応しているほか、 国内ではあまり例を見ない「新聞サイズ」での印刷が可能です。 また、 専用の後加工機で、 断裁、 丁合い、 折りを行って新聞の体裁に仕上げることができ、 ブランケット判、 タブロイド判ともに、 最大96ページの高速カラー印刷が可能です。
本社では今後、 「フィニッシャーズ号外」のように、 お客様にとってかけがえのないシーンを掲載するパーソナル新聞をはじめ、 自社内外を問わず、 さまざまな展開をしていく予定です。
 

朝日新聞社のデジタル印刷機
朝日新聞社のデジタル印刷機

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です