ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

紅葉の“いま”をもっと楽しむ アウトドア✕ウイスキーのススメ

紅葉の“いま”をもっと楽しむ アウトドア✕ウイスキーのススメ
グランピングスタイルで実現するスコッチシングルモルトウイスキーの新たな楽しみ方
 MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社(以下MHD、 本社:東京都千代田区神田神保町1-105神保町三井ビル13階、 代表取締役社長:ブルノ・イヴォン)が運営する『タリスカーオンライン』では、 “LIFE WITH TALISKER(タリスカーをもっと楽しむコラム)”と題した「カッコイイ大人になるためのウィスキーコラム」をお届けしております。 今回の更新では、 スコッチシングルモルトウィスキー12ブランドを取り揃えたテイスティングイベント「グランド モルト ティスティング(GMT)2017」(9月開催)で好評だったタリスカーとともに愉しむ“グランピング”をテーマにお届けしております。 紅葉の美しい今の時期、 是非、 週末の外出の参考にしてみてはいかがでしょうか。

タリスカーオンライン URL: https://talisker-online.jp/

■自然の中で“グランピング”スタイルでウイスキーを愉しむ
 「グランピング(Glamping)」は、 “グラマラス(魅力的な、 ワクワクさせる)”と“キャンピング”をかけ合わせた造語で、 欧米では100年以上も前からセレブリティの文化として定着。 貴族、 映画スターや作家、 ファッションデザイナーなどが海や山の大自然の中で都会での快適な生活を送るスタイルとして人気です。
 特に、 忙しい現代人のライフスタイルを考え、 自分にとって必要不可欠なものを我慢せずに自然の中に持ち込み、 日常の喧騒から距離を置いて心と体をリラックスさせてくれる“グランピング”は一つのトレンドであることに間違いありません。
 タリスカー蒸留所のあるスコットランド、 スカイ島は、 “ミストアイランド(霧の島)”と呼ばれる厳しい海洋性気候の島です。 そこで育まれたタリスカーの味わいは、 “MADE BY THE SEA”、 スカイ島の自然をまさに体現した海潮の風味が感じられ、 海辺でのグランピングならば格別な味わいになることは間違いありません。 是非、 タリスカーのグラスを片手に海辺のグランピングで、 読書や休憩をお愉しみください。

■ テイスティングイベント
 「グランド モルト ティスティング(GMT)2017」開催内容紹介

MHDシングルモルトアンバサダー、  ロバート(ボブ)・ストックウェル: GMT2017会場にて
MHDシングルモルトアンバサダー、 ロバート(ボブ)・ストックウェル: GMT2017会場にて

 「秋の夜長とシングルモルト」をコンセプトに、 シングルモルトのある豊かなライフスタイルを提案するテイスティングイベント、 「グランド モルト テイスティング」、 2017年のテーマはグランピング。 会場は恵比寿アクトスクエアで、 1階の受付を抜け、 2階に上がると、 シングルモルト12ブランドのティスティングカウンターが広がり、 入場者から感嘆の声が。 360°スクリーンに囲まれた円形のメインステージには森のような空間が出現。 来場者は芝生に腰を下ろしたり、 ハンモックに寝そべったり、 と思い思いのスタイルで、 好みのシングルモルトとともに都会の真ん中で森のグランピングを楽しみました。 3階では海辺のグランピングを表現、 タリスカーのフォトブースでは、 まるでスカイ島の海嵐をタリスカー10年の瓶の上で体験しているような写真が撮れるとあって、 訪れたお客様は様々なポーズをきめていました。
さらに、 作家のロバート・ハリス氏と、 写真家兼アウトドアコーディネーターの猪俣慎吾氏によるトークショーでは、 実際に猪股氏がスコットランドで体験したグランピングの写真とともに、 お店や家庭に留まらない、 シングルモルトの新しい愉しみ方についてトークが繰り広げられました。
イベントの最後には、 幅広い世代から愛されるアーティスト、 Caravan氏のライブショーケースも行われ、 シングルモルトともに、 グランピングの中で上質な音楽を聴く体験は、 イベントを更に盛り上げました。

各ブランドの世界観を体現したメインステージ
各ブランドの世界観を体現したメインステージ

全12ブランドのシングルモルトウイスキーを飲み比べ
全12ブランドのシングルモルトウイスキーを飲み比べ

Caravan氏によるライヴショーケース
Caravan氏によるライヴショーケース

ロバート・ハリス氏 × 猪俣 慎吾氏トークショー
ロバート・ハリス氏 × 猪俣 慎吾氏トークショー

スコッチシングルMHD シングルモルトアンバサダーロバート(ボブ)・ストックウェルモルトウイスキーについて語る
スコッチシングルMHD シングルモルトアンバサダーロバート(ボブ)・ストックウェルモルトウイスキーについて語る

「タリスカー」テイスティングブース
「タリスカー」テイスティングブース



















■ MHDシングルモルトアンバサダー
 ロバート(ボブ)・ストックウェル氏がおすすめする、 グランピングで味わいたいタリスカーと相性抜群のフードとは

 「グランド モルト テイスティング2017」では、 タリスカーの海潮や黒胡椒の風味、 スモーキーさとマッチする、 ちょっと贅沢なフィンガーフードを4種用意し、 来場者に提供しました。

 

鴨とネギのピンチョス
鴨肉でネギを巻いたピンチョスで、 上にはハーフカットのオリーブをトッピング。

<ボブさんのおすすめポイント>
タリスカーの黒胡椒のような風味は鴨肉などのジビエ料理の味わいを深めます。 ストレートよりも、 タリスカー スパイシーハイボールの方が合いますよ! 
 

サーモンと蕪のマリネ
スライスしたサーモンを蕪で挟み込んだひと口サイズのマリネ。

<ボブさんのおすすめポイント>
タリスカーの海潮の風味は魚料理と相性抜群!



 

ベーコンとチーズのカナッペ
こんがりジューシーなベーコンに口どけの良いチーズを合わせ、 仕上げにピンクペッパーをトッピング。

<ボブさんのおすすめポイント>
ベーコンはタリスカーのピーティさ、 海潮の風味を引き立てます!

 

フロランタン
甘さ控えめでサクサクのフロランタンの上に、 ピスタチオと金箔をトップにあしらい、 大人の味に。

<ボブさんのおすすめポイント>
食後のデザートに、 さっくりとした食感のフロランタン。 アーモンドの風味は、 タリスカーのバニラのような風味やナッティさを引き立ててくれてGood!


この他「牡蠣」や「燻製料理」など、 タリスカーオンラインでは相性の良い料理について詳しく紹介しています。

タリスカーオンライン URL: https://talisker-online.jp/
 

牡蠣
<ボブさんのおすすめポイント>

タリスカーの海潮の風味、 スモーキーさは牡蠣のクリーミーさと、 これ以上ないほど好相性!冬場の旬の季節には生牡蠣が絶対におすすめです。 それ以外にも焼き牡蠣、 蒸し牡蠣はもちろんのこと、 牡蠣フライや牡蠣のオイル漬けもおいしいですよ。


 

燻製料理
<ボブさんのおすすめポイント>

スモークする前に、 材料にタリスカーをかけたり、 マリネなどにすると、 さらにタリスカーにぴったりの燻製料理に仕上がります!ナッツ類は、 敷き詰めすぎないようにスモークすると上手くできますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です