ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

大人気!日本美術の魅力を、ココロに響く直感キーワードで鑑賞。美術入門画集『直感こども美術館 すごいぞ!ニッポン美術』(西村書店)発売!

大人気!日本美術の魅力を、ココロに響く直感キーワードで鑑賞。美術入門画集『直感こども美術館 すごいぞ!ニッポン美術』(西村書店)発売!
土偶、絵巻、浮世絵、戯画–。世界に誇るニッポンのすばらしい美術を、 わかりやすいキーワードとともにユーモアたっぷりの文章で紹介。日本美術がもっと身近になる画集!
西村書店(千代田区、 代表取締役:西村正徳)は、 11月22日『すごいぞ!ニッポン美術』を発売します。

(カバー表の作品:川瀬巴水『芝 増上寺』/1925年)
東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく)、 葛飾北斎(かつしかほくさい)、 歌川広重(うたがわひろしげ)、 尾形光琳(おがたこうりん)など、 すばらしい日本の絵師たちの作品が、 つぎつぎと日本における展覧会で公開され、 話題を集めています。 京都国立博物館の国宝展も大きな話題を呼び、 いま、 まさに日本美術が一大ブームです。

本書は、 アートディレクターでもある結城昌子さんが、 西洋美術を紹介した『直感こども美術館 見てごらん!名画だよ』のシリーズ続編としてつくった日本編です。

なんとも不思議な姿の土偶、 平安貴族のみやびを伝える「源氏物語絵巻」、 ユーモラスな「鳥獣人物戯画」、 北斎や歌麿の浮世絵、 個性的な若冲や蕭白の作品、 絢爛豪華な襖絵–。 日本が世界に誇るすばらしい美術作品の数々に、 本書では、 ユニークなキーワードを付し、 読者と対話するような親しみやすい語り口で、 名品の見どころをわかりやすく紹介していきます。

「大きなおしり!」 の縄文時代の土偶、 「はっけよい のこった のこった」 の場面の鳥獣戯画、 「お江戸のアイドル」 である歌麿の三美人、 そして、 源氏物語からは 「千年前の夫婦げんか」 など、 なにそれ?どんな絵なの?と思わず興味をひかれるユーモラスなキーワードに導かれながら、 美術を通して、 日本のスゴイ!を実感できる、 子どものための、 そして大人も楽しめる画集です。

【ページ見本】

(『源氏物語絵巻』〈夕霧部分〉/平安時代【国宝】)
 

(葛飾北斎『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』/1830年代はじめ)


■話題の国宝も多数掲載!

■各紹介ページの背景には、 「薄紅藤」「新橋色」など、 日本の伝統色を使っています。

■巻末資料「年代順作品マップ」「作品を見られる美術館・博物館 案内」付き。

 



●紹介作品(計24点)  ■掲載順
・ 縄文のビーナス(紀元前3000年頃・縄文時代)【国宝】
・ 遮光器土偶(紀元前1000年頃・縄文時代)
・『普賢菩薩像』(12世紀中頃・平安時代)【国宝】
・『風神雷神図屏風』俵屋宗達(17世紀前半・江戸時代)【国宝】
・『龍図』長沢芦雪(18世紀後半・江戸時代)
・『枯木鳴鵙図』宮本武蔵(17世紀前半・江戸時代)
・『池辺群虫図』伊藤若冲(18世紀中頃・江戸時代)
・『炎舞』速水御舟(1925年・大正時代)
・『鳥獣人物戯画(甲巻部分)』(12世紀後半・平安時代~鎌倉時代)【国宝】
・『狗子図』円山応挙(18世紀後半・江戸時代)
・『つきしま物語絵巻(部分)』(16世紀・室町時代)
・『源氏物語絵巻(夕霧部分)』(12世紀・平安時代)【国宝】
・『群仙図屏風』曾我蕭白(1764年・江戸時代)
・『洛中洛外図屏風(舟木本)(右隻)』岩佐又兵衛(1615年頃・江戸時代)【国宝】
・『東海道五拾三次之内 日本橋朝之景』歌川広重(1830年代・江戸時代)
・『当時三美人 富本豊ひな 難波屋きた 高しまひさ』喜多川歌麿(18世紀末頃・江戸時代)
・『三代目大谷鬼次の江戸兵衛』東洲斎写楽(1794年・江戸時代)
・『見返り美人図』菱川師宣(17世紀末頃・江戸時代)
・『芝 増上寺』川瀬巴水(1925年・江戸時代)
・『紅白梅図屏風』尾形光琳(18世紀初め頃・江戸時代)【国宝】
・『桜図』長谷川久蔵(1592年頃・安土桃山時代)【国宝】
・『群青富士』横山大観(1917-18年頃・大正時代)  
・『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』葛飾北斎(1830年代初め頃・江戸時代)
・『宝船七福神』歌川国芳 歌川国貞 渓斎英泉(19世紀・江戸時代)




文●結城昌子(ゆうき・まさこ)
武蔵野美術大学卒業。 アートディレクター、 エッセイスト。 1993年以降、 子どものためのアート絵本の企画、 制作をきっかけに子どもとアートをつなぐ活動を開始。 「名画に挑戦」と銘打ったオリジナルのワークショップや講演、 そのほか小中学生を対象とした各種コンクールの審査などを続けている。 小学館児童出版文化賞、 産経児童出版文化賞、 久留島武彦文化賞受賞。 代表作に、 『小学館あーとぶっく』シリーズ 画家別13巻、 『ひらめき美術館』全3巻、 『原寸美術館 画家の手もとに迫る』(以上小学館)、 監訳『直感こども美術館 見てごらん!名画だよ』『直感こども美術館 プリミティブ・アートってなぁに?』(西村書店)などがある。


【書誌情報】
■『直感こども美術館 すごいぞ!ニッポン』
■発行日:2017年11月22日 ■ISBN 978-4-89013-987-3 ■定価:本体2400円+税
■結城昌子 文 ■B4変型判・上製・58ページ ■発行・発売:西村書店 
http://www.nishimurashoten.co.jp/book/archives/9790
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
■好評既刊
●『直感こども美術館 見てごらん!名画だよ』 ■定価:本体2800円+税
http://www.nishimurashoten.co.jp/book/archives/3036
 


名画は友だち!
15世紀から現代アートまで巨匠45人の名画を独自の視点で紹介する美術絵本。








=====================================
●『直感こども美術館 プリミティブ・アートってなぁに?』 ■定価:本体2800円+税
http://www.nishimurashoten.co.jp/book/archives/4639
 



キュートでポップな世界の精霊が大集合! 
人々の祈りがこめられた仮面や道具などのアート作品を詳しく解説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です