ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

「鉄旅 OF THE YEAR 2016」 DC賞を受賞

「鉄旅 OF THE YEAR 2016」 DC賞を受賞
『中国鉄道コンチェルト<第1楽章>~瀬戸内観光列車旅の章~3日間』
KNT-CTホールディングス株式会社(東京都千代田区、 代表取締役社長:戸川和良)のグループ会社であるクラブツーリズム株式会社(東京都新宿区、 代表取締役社長:小山佳延、 以下クラブツーリズム)の国内旅行商品(募集型企画旅行)『中国鉄道コンチェルト<第1楽章>~瀬戸内観光列車旅の章~3日間』が、 「鉄旅 OF THE YEAR 2016」(主催:鉄旅オブザイヤー実行委員会/2017年1月25日(水)結果発表・授賞式開催)において、 DC(ディスティネーションキャンペーン)賞を受賞しました。

岡山県の観光列車「みまさかノスタルジー」
岡山県の観光列車「みまさかノスタルジー」

 

 

広島県の観光列車「瀬戸内マリンビュー」
広島県の観光列車「瀬戸内マリンビュー」


■DC賞 受賞ツアー概要
『 中国鉄道コンチェルト<第1楽章>~瀬戸内観光列車旅の章~3日間 』
【出 発 日】2016年4月30日(2泊3日)
【旅行代金】160,000円
【企画担当者】第3国内旅行センター 増成宜迪(ますなりよしみち)
【ツアーのポイント】
・鉄道ファンにおくる、 個人では実現不可能な夢の列車旅「鉄道コンチェルト」
 シリーズ第9弾として企画
・2016年4月実施の岡山ディスティネーションキャンペーン(以下、 岡山DC)と
  その後展開される広域キャンペーンを見据え、 瀬戸内エリアを舞台に設定
・デビュー直後となる2つの岡山観光列車「みまさかノスタルジー」と「ラ・マルせとうち」に
   岡山DCの目玉となる岡山後楽園・春の幻想庭園や、 オープン直後の津山まなびの鉄道館
 などトレンドを意識したツアー内容
・元祖・瀬戸内観光列車の瀬戸内マリンビューや、 岡山電気軌道の貸切運行および基地見学
 といった希少体験に加え、 団体ツアーでの利用は稀有な「500 TYPE EVA」車両
 (山陽新幹線全線開業40周年「エヴァンゲリオンプロジェクト」の一環)の
 実物大コックピット搭乗体験をご用意
・2泊とも駅直結のホテルグランヴィアに宿泊

【行程】
<1日目>
東京(7:50発)品川新横浜新幹線のぞみ号・グリーン車[禁煙席]岡山(ホテルに荷物を預けます/乗換)観光列車「みまさかノスタルジー」・指定席/2016年4月運行開始!「レトロなタイムカプセルに乗って、さあ懐かしいまちへ!」がコンセプトの観光列車。びんジュース用の栓抜きや青色のモケット(シート生地)など懐かしいインテリアが郷愁を誘います津山(津山まなびの鉄道館)観光列車「みまさかノスタルジー」・自由席岡山…岡山(泊)

※市内散策に便利なJR岡山駅直結のシティホテル。夕食は、郷土料理「烏城黄金かくし寿司」をお楽しみください
※夕食後、 「岡山DC」にあわせ、夕食後に岡山後楽園で開催される限定イベント「春の幻想庭園」にご案内

<2日目>
岡山…岡山駅前電停岡山電気軌道/案内人付きで本ツアー貸切運行東山車庫(車両基地見学)…東山電停岡山電気軌道・自由席岡山駅前電停…岡山(乗換)観光列車「ラ・マルせとうち」・グリーン車/旅の道具箱(トランク)がコンセプトの観光列車。“期待を膨らませて計画し、旅支度をする特別な時間を楽しむ列車”です宇野=三原観光列車「瀬戸内マリンビュー」・指定席[禁煙席]/船を思わせる丸窓の外観がユニークな優雅な観光列車。瀬戸内海の美しい車窓をお楽しみ広島…広島(泊)

※市内散策に便利なJR広島駅直結のシティホテル。夕食は、洋食コースをお楽しみください

<3日目>
広島…広島新幹線こだま号(8:24発予定)/「500 TYPE EVA」・指定席/「新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト」。1号車「展示・体験ルーム」への入室と「実物大コックピット搭乗体験」をお楽しみ…新大阪(乗換) 新幹線のぞみ号・グリーン車[禁煙席]…新横浜…品川…東京(14:15~14:45着)

■DC賞受賞にあたっての審査ポイント
・鉄道ファンなら誰もが懐かしく感じる観光列車「みまさかノスタルジー」から始まり多くの魅力的な観光列車を組み合わせた鉄道旅は、 列車好きではなくても、 行ってみたいコースに仕上がっているように思います。
 また近年盛り上がっている瀬戸内海観光や、 「岡山DC」に合わせたこの時期ならではのイベントを組み込んだところも特別感を感じました。
   復路も単純なアクセスにせず、 山陽新幹線の「「500 TYPE EVA」に乗車でき最後まで飽きさせないコース設定は見事です。

・鉄道自体はもちろん、 鉄旅を通じて、 その土地の魅力をしっかり味わえる丁寧な仕立てだなと感じました。
   プランから、 瀬戸内の街や情景が浮かんでくるようでした。
   個人旅行の自由さと、 イベントのような団体旅行の楽しさがちょうど良くミックスされているところがとても魅力的。

  ■受賞を受けての企画担当者のコメント
  鉄道ファンにおくる、 個人では実現不可能な夢の列車旅「鉄道コンチェルト」シリーズも13作目を迎えました。   リピーターのお客様も多く、 お客様の想像を超えるツアー企画を心がけています。
  そうした中、 岡山DCと瀬戸内、 そしてJR西日本の路線を舞台にした中国編の初楽章となる第9作目の今作品がDC賞受賞となり大変光栄に思います。
  引き続き、 ツアーならではの特別感と地域の魅力を盛り込んだ続章にご期待下さい。

 ※「鉄旅 OF THE YEAR 2016」 (  http://www.tetsutabi-award.net/
  鉄旅オブザイヤー実行委員会が主催し、 企画性やオリジナリティにこだわって造成した日本国内の優れた鉄道旅行を審査・表彰する賞で、 今年度で第6回を迎えます。 本年は2015年11月から2016年10月までに催行された106作品の応募があり、 グランプリ1作品、 準グランプリ1作品、 DC賞1作品、 審査員特別賞1作品、 ルーキー賞1作品の計5作品が選ばれました。 審査は委員長の芦原伸氏(「旅と鉄道」編集長、 日本旅行作家協会常任理事)をはじめとした、 鉄道をこよなく愛しつつも“旅行者”に近い目線を持つ審査員によって実施されました。

 クラブツーリズムでは、 これからも鉄道会社各社、 地方自治体のご協力のもと、 鉄道旅行の魅力を伝え、 お客様に感動していただけるツアーを提供してまいります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です