ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

簡単なアレンジから寄せ植えまで、花を楽しむアイデアが満載 『シック スタイル フラワーズ 12か月の寄せ植えとフラワーアレンジ』発売

簡単なアレンジから寄せ植えまで、花を楽しむアイデアが満載 『シック スタイル フラワーズ 12か月の寄せ植えとフラワーアレンジ』発売
株式会社パイ インターナショナル(豊島区)は、 2017年2月9日(木)に書籍『シック スタイル フラワーズ 12か月の寄せ植えとフラワーアレンジ 』を刊行いたします。

自由が丘の人気アンティークショップ「ブロカント」のオーナー松田尚美さんが、 季節の花を取り入れた寄せ植えやアレンジを月ごとに紹介します。 シックでお洒落な花の組み合わせや配色、 身近な小物を利用した花器や部屋に飾るアイデアなど、 日々の暮らしを豊にしてくれる、 花の楽しみが満載です。

~本文より~
植物たちに耳をかたむけて、 じっくりと対話する。 それが長く楽しむための、 なによりの秘訣です
出会った草花たちと対話をすることを忘れないでください。 お気に入りの草花を寄せ植えした後は、 日々のコンディションに耳をかたむけてみましょう。 例えば、 日当りが好きなのかどうか?水がたっぷり欲しいのかどうか?そんなふうに耳をかたむけてじっくり見つめることで、 答えはすべて草花たちが教えてくれます。

『シック スタイル フラワーズ 12か月の寄せ植えとフラワーアレンジ 』
http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4860
 
  • 誌面イメージ
 

(4月:ワイヤーバスケットの寄せ植え)気持ちが軽やかになってくる4月は、  春らしい色合いの花を使ってコーディネート
(4月:ワイヤーバスケットの寄せ植え)気持ちが軽やかになってくる4月は、 春らしい色合いの花を使ってコーディネート

 

(4月:ワイヤーバスケットの寄せ植え)基本的には苗をポットから取り出したままの状態で植えていくだけなので、  手軽に挑戦できます。
(4月:ワイヤーバスケットの寄せ植え)基本的には苗をポットから取り出したままの状態で植えていくだけなので、 手軽に挑戦できます。

 

(6月:アジサイのブーケ)6月に咲く花といえば、  やはりアジサイは欠かせません。
(6月:アジサイのブーケ)6月に咲く花といえば、 やはりアジサイは欠かせません。

 

(8月:メタルカップの小さな植物/アンスリウムのテラリウム)テラリウムは植物をガラス容器などで栽培する方法のこと。  ガーデニングファンの間で人気があります。
(8月:メタルカップの小さな植物/アンスリウムのテラリウム)テラリウムは植物をガラス容器などで栽培する方法のこと。 ガーデニングファンの間で人気があります。

 

(1月:スノードロップの小さな庭)小さな白い花はシンプルに見せることでより可憐さが引き立ちます。
(1月:スノードロップの小さな庭)小さな白い花はシンプルに見せることでより可憐さが引き立ちます。

 
  • 書籍概要
書名:『シック スタイル フラワーズ 12か月の寄せ植えとフラワーアレンジ 』
http://pie.co.jp/search/detail.php?ID=4860
仕様:B5判(257×182mm)/ソフトカバー/ 144 Pages (Full Color)
定価:(本体1,800円+税)
ISBN: 978-4-7562-4860-2  C0070 
発売日:2017年2月9日
発売元:パイ インターナショナル

著者:松田尚美(まつだ・なおみ)
15歳の頃から生け花を習い、 学生時代も花の学校へ通う。 アパレル業界へ就職後、 フローリストの世界へ。 その後夫とともに立ち上げた東京都自由ヶ丘にある造園のプランニングとフランスアンティークを販売する「BROCANTE」の店主・バイヤーとなる。 2児の母。

BROCANT(ブロカント)
フランス各地で直接買い付けた、 アンティーク家具やインテリア雑貨を中心に取り扱う。 また、 ガーデンプランニングや、 撮影スタジオの貸し出しなども行っている。 「古いものにこそ価値がある」という精神を重視し、 自然を感じながら暮らすことの大切さを提案。
<shopdata>
東京都目黒区自由が丘3-7-7
TEL&FAX 03-3725-5584
Open 13:00-18:00
毎週水曜・第一木曜定休
http://www.brocante-jp.biz/
 
  • 書籍に関するお問い合わせ
株式会社パイ インターナショナル
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-32-4
TEL:03-3944-3981
ホームページ: http://pie.co.jp/
フェイスブック: https://www.facebook.com/pieinternational
ツイッター: https://twitter.com/PIE_BOOKS
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です