ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

お茶農家が本気でつくった「濃厚抹茶ティラミス」を販売中!全国で3%しか作られていない希少品種「おくみどり」を贅沢に使用

お茶農家が本気でつくった「濃厚抹茶ティラミス」を販売中!全国で3%しか作られていない希少品種「おくみどり」を贅沢に使用
和束町にてお茶を生産する農業法人「D-matcha株式会社」は、 全国で3%しか作られていない希少なお茶の品種「おくみどり」を贅沢に使用した「濃厚抹茶ティラミス」を12月より販売開始しました。
 京都府・和束町にてお茶を生産する農業法人「D-matcha株式会社」(本社:京都府相楽郡和束町、 代表取締役:田中大貴、 以下「D-matcha」)は、 全国で3%しか作られていない希少なお茶の品種「おくみどり」を贅沢に使用した「濃厚抹茶ティラミス」を12月より販売開始しました。

スプーンですくうととろりとしたマスカルポーネクリームが抹茶をもちあげる
スプーンですくうととろりとしたマスカルポーネクリームが抹茶をもちあげる

 希少なお茶の品種である「おくみどり」を100%使用した抹茶ティラミスは、 色鮮やかな抹茶の豊かな旨味がマスカルポーネクリームと重なりとろけ合い、 こっくりとした甘く濃厚な味わいに。 お茶農家だからこそ実現できた贅沢な抹茶の味わいをご堪能頂けます。

和束町の店舗では豪華なパフェで、 京都市内ではお持ち帰りタイプを
 D-matchaが和束町にて運営するカフェ「d:matcha Kyoto CAFE&KITCHEN」ではクリスマスまでの期間限定で、 クリスマス限定デザインの「抹茶ティラミスパフェ」として販売しています。 パフェの容器にたっぷりと作られた濃厚抹茶ティラミスには、 クリスマスツリーを模した粉糖デコレーションが載せられており、 見た目にも華やかです。

12月25日まで限定、  クリスマスデザインの抹茶ティラミスパフェ
12月25日まで限定、 クリスマスデザインの抹茶ティラミスパフェ

 また、 12/25までは京都市内の地下街「ゼスト御池」にて開催中の「ジングルウィーク」にてD-matchaがブース出店しており、 お持ち帰りできるカップタイプも販売しています。

12月25日まで、  ゼスト御池にてブース出展中!京都市内で手に入れる機会をお見逃しなく!
12月25日まで、 ゼスト御池にてブース出展中!京都市内で手に入れる機会をお見逃しなく!

全国で3%しか作られていない希少な品種「おくみどり」
 おくみどりの品種としての特徴は、 まるでミルクを連想させるような、 まろやかな甘い香りが特徴的。 また、 おく”みどり”の名前の通り、 粉末にした時の抹茶の色は深みがありつつもすっきりとした緑色で、 見た目にも美しく楽しみが広がります。

 おくみどりの生産量は全国のお茶の生産量のうち、 わずか3%と言われています。 (※1)年々その美味しさが注目され生産量は増大傾向にありますが、 まだまだ希少な品種です。
(※1 出典「H28年5月 農林水産省発表 茶をめぐる情勢」より)
http://www.maff.go.jp/j/seisan/tokusan/cha/pdf/cha_meguji_h2805.pdf

希少な抹茶を贅沢に振りかけた、 お茶農家だからこそ実現した抹茶ティラミス
 D-matchaは自ら茶畑を管理し茶業を営む農業法人でありながら、 生産地である和束町にてカフェを営んでいます。 豊かな日本茶の文化を生産地である和束町から国内外に発信したいとの想いから、 2017年4月に和束町へメンバーが移住し、 カフェをオープン致しました。

美しい茶畑が広がる和束町にて農業を営みつつ、  日本茶文化を発信するカフェを運営しています。
美しい茶畑が広がる和束町にて農業を営みつつ、 日本茶文化を発信するカフェを運営しています。

 

 近年流行している抹茶ティラミスを開発する際には「私たちだからこそできる、 抹茶ティラミスにしよう」と思い、 抹茶の選定から慎重に行いました。 茶畑からキッチンまで広範囲に及ぶ日本茶の知識を活用し、 選ばれたのは豊かな旨味と香りをもち、 目に見ても美しい「おくみどり」。 そのまま点てても薄茶として味わえる質の良い抹茶を軸に、 ティラミスの他素材を検討、 他にはない贅沢な抹茶ティラミスを開発しました。

ゼスト御池にてブース出展している持ち帰りタイプは、  抹茶味とほうじ茶味があります。
ゼスト御池にてブース出展している持ち帰りタイプは、 抹茶味とほうじ茶味があります。

 カフェで抹茶ティラミスパフェを味わったお客様からは、 「分厚くかけられた抹茶が贅沢」「とろりとしたクリームと抹茶の相性が抜群」「スプーンで崩す最初の瞬間がとても儚くきれい」というように、 ご好評の声を頂いております。
 

 

販売概要
1.京都府・和束町にあるD-matcha運営のカフェ「d:matcha Kyoto CAFE&KITCHEN」にて
クリスマス限定デザイン、 抹茶ティラミスパフェ・・・850円(税込)

パフェの中には、  アクセントでミックスベリーと抹茶スフレが隠れています。
パフェの中には、 アクセントでミックスベリーと抹茶スフレが隠れています。

※クリスマスのデザインは12/25までとなります。 26日以降は別デザインとなり、 抹茶ティラミスの販売は継続致します。

2.12月25日まで、 ゼスト御池にて開催中「ジングルウィーク」内、 d:matcha Kyoto販売ブースにて
濃厚抹茶ティラミス・・・450円(税込)

※こちらの販売ブースは12/25までの期間限定です。
※数量限定のため、 品切れとなる可能性がございます。 予めご了承ください。
※12/26以降は店舗での取扱いを予定しています。 詳しくはお問合せくださいませ。
※ほうじ茶パウダーをたっぷりふりかけた「ほうじ茶ティラミス」も合わせて販売しております。


■D-matchaについて~お茶の生産から加工・販売・輸出までを一挙に手掛ける、 お茶農家~

 D-matchaは、 自ら茶畑を管理し茶葉を収穫し、 またその茶葉を加工・企画・販売するカフェ・店舗を運営し、 また海外への日本茶の輸出も積極的に行う農業法人です。 そのため、 D-matchaは川上から川下までを視野に入れ、 日本茶に関わる全ての工程へのタッチが可能です。 その強みを活かし、 ほかの日本茶の産地では開発できないような日本茶を使った商品や体験企画を用意し、 もっと日本茶が好きになり、 日本茶への興味関心が醸成できるような機会の提供に励みます。
 
【観光産業・旅行業の方へ】
 2017年は「お茶の京都博」が開催されており、 「「なりわい」としての宇治茶づくりが息づく、 京都府南部・山城地域」を盛り上げていく、 様々な関連イベントが企画されており、 宇治茶への興味関心喚起が様々な場所で行われています。
 D-matchaは、 産地に店を構えるお茶農家ならではの様々なコンテンツの提供が可能です。 お茶関連イベントについて、 企画をお持ちの方はどうぞお気軽にご相談ください。

【店舗情報】
店舗名:d:matcha Kyoto CAFE&KITCHEN
ヨミ:ディーマッチャキョウトカフェアンドキッチン
住所:京都府相楽郡和束町釜塚京町17番地
営業時間:11:00-16:00
定休日:水・木曜日
電話番号:0774-74-8205
HP URL: https://dmatcha.jp/
メールアドレス:info@dmatcha.com

【会社概要】
会社名:D-matcha株式会社
所在地:京都府相楽郡和束町釜塚京町17番地
代表者:田中大貴
設立:2016年6月
コーポレートURL: http://dmatcha.co.jp/
事業内容:和束町の日本茶の生産、 加工、 商品企画、 販売、 カフェ運営、 輸出など

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
D-matcha株式会社 担当:渡辺
e-mail:info@dmatcha.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です