ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

『アサヒもぎたて 期間限定手摘み白桃』新発売

『アサヒもぎたて 期間限定手摘み白桃』新発売
春の訪れを告げる、桃の節句やお花見にぴったりな缶チューハイ!
  アサヒビール株式会社(本社 東京、 社長 平野伸一)は、 RTD(※1)の主力ブランド「アサヒもぎたて」より、 期間限定フレーバー<手摘み白桃>(缶500ml・缶350ml)を2月6日(火)から4月末まで全国で発売します。


『アサヒもぎたて 期間限定手摘み白桃』は、 みずみずしい白桃の味わいと程よい甘さが楽しめる缶チューハイです。 一つ一つ丁寧に手摘みされた白桃を、 収穫後24時間以内に搾汁した白桃果汁のみを使用し、 独自技術の「新<もぎたて>キープ製法」(※2)を採用することで、 果実本来の香味成分の劣化を抑制し、 つくりたてのおいしさと活きた果実の味わいを実現しています。 アルコール度数は9%で、 しっかりとした飲みごたえです。

 パッケージデザインは、 桃の節句をイメージした「期間限定」のアイコンと「収穫後24時間以内搾汁」の文字を大きく配し、 摘みたてのみずみずしい白桃を大きく描くことで、 鮮度や果汁にこだわった商品であることを訴求します。

 「アサヒもぎたて」は、 “しっかりとした果実感が楽しめる高アルコールRTD”としてお客様に高く支持いただき、 2017年の販売実績は934万箱(前年比132.3%)となりました。 本年の「アサヒ もぎたて」ブランドは通年商品に加え、 期間限定商品を継続的に発売することでRTD事業の代表ブランドとして高アルコール市場の更なる活性化を図ります。 本商品は1月に発売する<手摘み青梅>に次ぐ、 本年の期間限定商品の第2弾となります。

 アサヒビール(株)は本年も引き続きTVCMを中心とした広告をはじめ、 積極的な販促活動を展開し、 年間販売目標の達成、 並びに事業全体のさらなる成長を目指します。

 (※1)「Ready to Drink」の略。 購入後、 そのまま飲用可能な缶チューハイなどを指します。 以下同じ。
(※2)果実本来の香味成分の劣化を抑制し、 果実の新鮮な味わいをキープする「アサヒフレッシュキープ製法」を進化させ、 より低い温度帯での低温殺菌を実現し、 果実由来の新鮮な味わいをより高める製法。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です