ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

人間国宝の踊り手・奏者監修による琉球古典芸能の集大成「グロリアス琉球」をサンシャイン劇場にて特別公演!【サンシャインシティ40周年、沖縄めんそーれフェスタ10周年企画】

人間国宝の踊り手・奏者監修による琉球古典芸能の集大成「グロリアス琉球」をサンシャイン劇場にて特別公演!【サンシャインシティ40周年、沖縄めんそーれフェスタ10周年企画】
3月24日(土)よりチケット発売開始。公演日時:5月26日(土)

サンシャインシティ(東京・池袋)では、 日本が誇る観光地“沖縄”をテーマにした「沖縄めんそーれフェスタ2018」を5月25日(金)~6月3日(日)に開催します。 サンシャインシティ40周年/沖縄めんそーれフェスタ10周年を記念して、 沖縄県立芸術大学琉球芸能専攻OB会による琉球古典芸能の集大成「グロリアス琉球」をサンシャイン劇場にて5月26日(土)に特別公演 します。


 本公演は、 人間国宝の踊り手・奏者が監修 し、 沖縄若手芸能家トップレベルである沖縄県立芸術大学琉球芸能専攻OB会が出演。 2010年ユネスコ世界文化遺産に登録され「世界の芸能」として認められた、 約300年の歴史を誇る「組踊(くみおどり)」 では、 琉球音楽の奏でにのせて、 美しい紅型の衣装などで琉球舞踊を用いた歌舞劇を披露します。 約600年の琉球舞踊の歴史から現代までを表現する創作舞踊 「琉球幻想絵巻 グロリアス琉球」 では、 琉球王朝時代が想像できる華やかな衣装で、 古典舞踊や、 農業・漁業など庶民の暮らしを表した踊りといった数々の琉球芸能を繰り広げます。
 
  • 概要
公演名:サンシャインシティ40周年/沖縄めんそーれフェスタ10周年記念 グロリアス琉球
日 時:5月26日(土) 昼公演 開場13:30、 開演14:00/夜公演 開場17:30、 開演18:00
会 場:サンシャイン劇場(東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ 文化会館ビル4階)
料 金:4,000円 ※全席自由 ※未就学児入場不可 ※売上の一部をサンシャイン水族館「サンゴプロジェクト」の活動資金とさせていただきます

★3月24日(土)10:00よりチケット発売開始となります。
【キョードー東京(0570-550-799)、 チケットぴあ(0570-02-9999)、 ローソンチケット(0570-084-003)、 イープラス( http://eplus.jp )他】


【第1部 組踊(くみおどり)執心鐘入(しゅうしんかねいり)(約40分)】
ストーリー
美少年の中城(なかぐすく)若松(わかまつ)は首里城(しゅりじょう)へのご奉公の途中、 日暮れになったために山中の一軒家を訪ね、 一夜の宿を乞います。 出てきた女は親の留守を理由に一度は断りますが、 相手が美少年で噂の中城若松と知ると態度を一変、 家の中に案内します。 旅の疲れから早々と寝てしまう若松に、 女は「語り明かそう」と言い寄りますが、 若松は奉公へ行くことを理由にかたくなに断ります。 なおも言い寄る女に身の危険を感じた若松は、 夜明けも待たずに家を飛び出します。 一緒に死のうと追ってくる女に若松は恐ろしさのあまり、 末吉
(すえよし)の寺へ駆け込み救いを求めます。 事のいきさつを聞いた住職は鐘の中に若松を隠し、 小僧たちに見張りを言い付けますが、 寺へやってきた女は、 怒りのあまり鬼女へと化けます。  

 組踊とは? 
1719年に中国からの使者を歓待するために初めて上演されました。 台詞、 音楽、 踊りで構成された沖縄の伝統的な歌舞劇で、 国の重要無形文化財であり、 2010年にはユネスコ世界文化遺産に登録され「世界の芸能」として認められました。  ※初めてご覧いただく方のために登場人物の紹介、 内容、 見どころ等の解説付きです。

【第2部 琉球幻想絵巻 グロリアス琉球(約50分)】
初めて琉球舞踊が披露されたのが1404年。 琉球王朝時代から現代までの琉球舞踊の歴史をたどります。 2013年にはオーストラリア、 シドニー、 ダーウィンでの海外公演を実現し多くの観客を魅了しました。 沖縄県文化観光戦略推進事業において採択された作品です。

構成  
水平線の彼方へ「琉球国王の誕生」、 祝祭のはじまり「琉球王国の宴」、 海渡る風~祈りの海「旅立つ海人(うみんちゅ)(漁師)、 見送る女たち」、 太陽の鼓動「畑人(はるんちゅ)(農家)と海人(うみんちゅ)(漁師)の踊り」、 民俗文化「獅子舞、 武の舞、 じゅり馬、 エイサー」、 躍動する未来「春や春」 

指導
(立 方)宮城能鳳(みやぎのうほう)(重要無形文化財「組踊立方」保持者(各個認定)※人間国宝)
(歌三線)城間徳太郎(しろまとくたろう)、 西江喜春(にしえきしゅん)
     (重要無形文化財「組踊音楽歌三線」保持者(各個認定)※両名ともに人間国宝)
(太 鼓)比嘉聰(ひがさとし) (重要無形文化財「組踊音楽太鼓」保持者(各個認定)※人間国宝)

出演
沖縄県立芸術大学琉球芸能専攻OB会 ( http://www.ii-okinawa.ne.jp/people/okigeidai-obkai/
沖縄県立芸術大学琉球芸能専攻の卒業生で2004年に結成。 現在約130名の会員がおり、 三線・琉球舞踊の世界では若手トップクラスの実力を持ち、 沖縄県文化振興会「かりゆし芸能派遣事業」等、 国内外にて活躍。 会員の多くが国立劇場おきなわ主催公演にも多数出演しています。

チケット問合せ:キョードー東京(0570-550-799 ※平日11:00~18:00、 土日祝10:00~18:00)
公演に関する問合せ:沖縄県立芸術大学琉球芸能専攻OB会 WEBサイト
          ( http://www.ii-okinawa.ne.jp/people/okigeidai-obkai/

 
  • 沖縄めんそーれフェスタ2018 概要
イベント名:沖縄めんそーれフェスタ2018
開 催 期 間:5月25日(金)~6月3日(日)
会   場:サンシャインシティ館内各所(東京都豊島区東池袋3-1)
内   容:今年で開催10周年となる日本が誇る観光地“沖縄”をテーマにしたイベントです。 サンシャインシティ
            内の各施設で沖縄にちなんだ様々なイベントを実施します。 「沖縄そば」「海ぶどう」「牛汁」
      「サーターアンダギー」など沖縄直送の食材や食事・スイーツを販売する【沖縄物産展】や【ビア
      ガーデン】、 沖縄食材を使用したメニューを提供する【沖縄レストランフェア】、 さらにエイサーな
      どの伝統芸能に加え、 超豪華な沖縄出身アーティストの生ライブを開催する【沖縄ライブステージ】
      のほか、 離島を含む沖縄各地の観光PRブースなど、 様々な角度から沖縄の魅力をお楽しみいただけ
                  ます。



※演目、 出演者は都合により変更になる可能性がございます。 あらかじめご了承ください。 ※金額はすべて税込です。 ※画像は全てイメージです。

 ※本リリースPDFはこちらよりダウンロードいただけます→ https://prtimes.jp/a/?f=d20364-20180322-9511.pdf

————————————————————————————————————
■サンシャインシティ 概要
所在地:東京都豊島区東池袋3-1
営業時間:各施設により異なる
問合せ先:サンシャインシティ総合案内  03-3989-3331   http://www.sunshinecity.co.jp
————————————————————————————————————

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です