ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

スマホでも「ひなちゃん」が読める! 連載20年の「ひなちゃんの日常」コミックス電子版、23冊一斉発売

スマホでも「ひなちゃん」が読める! 連載20年の「ひなちゃんの日常」コミックス電子版、23冊一斉発売
産経新聞で好評連載中の漫画『ひなちゃんの日常』の電子書籍版計23冊が3月23日、 産経新聞出版から一斉発売されます。 素直でやさしい「癒しのひなちゃんワールド」が、 いつでもどこでも楽しめるようになります。


  「ひなちゃんの日常」は、 南ひろこさんが描く幼稚園児の女の子、 ひなちゃんが主人公の人気コミック。 平成10(1998)年9月から産経新聞の生活面で週1回の連載が始まり、 20年からは同紙1面で月曜を除く毎日掲載。 今年で連載20年を迎える長寿新聞漫画です。
 単行本は20年の第1巻発売以来、 最新刊の20巻までと別冊3冊の計23冊が発売され、 累計35万部のロングセラーとなっています。
  今回は、 その既刊23冊が一挙に電子書籍化。 当初はアマゾン「Kindle(キンドル)」版のみ先行発売され、 後日、 他の電子書店でも発売されます。
 漫画単行本の売り上げは昨年、 初めて電子版が紙の書籍を上回り、 普及が進んできました。 紙の書籍だけでなくスマホでもタブレットでも、 お子さんやお孫さんと一緒に読んで、 楽しい時間をお過ごしください。

【ひなちゃんシリーズ・ラインアップ】 (価格はキンドル版、 税込み)
『ひなちゃんの日常』 1巻~20巻(以降続刊、 800円~1200円)
『よりぬき ひなちゃんの日常』 (1000円)
  (南ひろこさん自選の129作品を収録した傑作選)
『ひなちゃんの歳時記』 (1404円)
  (一年の歳時記の解説とひなちゃんの漫画がセットに)
『家族がなかよしになる ひなちゃんの食育』 (1296円)
  (ひなちゃんといっしょに食べ物の秘密を学べる)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です