ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

宇宙航空研究開発機構JAXAと鳥取県が鳥取県民からエコ宣言を募集するキャンペーン「エコ宣言を宇宙に届けようキャンペーン」の発表セレモニーを実施!

宇宙航空研究開発機構JAXAと鳥取県が鳥取県民からエコ宣言を募集するキャンペーン「エコ宣言を宇宙に届けようキャンペーン」の発表セレモニーを実施!
平井鳥取県知事がJAXAをエコひいき宣言!?県民の“エコ宣言”が「いぶき2号」と一緒に宇宙へ!
3月19日、 宇宙航空研究開発機構JAXAと鳥取県が鳥取県民からエコ宣言を募集するキャンペーン「エコ宣言を宇宙に届けようキャンペーン」の発表セレモニーを実施いたしました。
この企画は温室効果ガス観測技術衛星2号「いぶき2号」を開発している宇宙航空研究開発機構JAXA GOSAT2プロジェクトが、 公式Twitterアカウント(@ibuki2_JAXA)を通じて実施している衛星やロケットに温暖化対策の誓いを搭載する取組に賛同した鳥取県 環境立県推進課が名乗りを挙げたことで実現したコラボレーション・キャンペーンです。


「エコ宣言を宇宙に届けようキャンペーン」は、 宇宙航空研究開発機構(JAXA)GOSAT2プロジェクトが公式Twitterアカウント(@ibuki2_JAXA)を通じて実施している取組みに自治体として初めて参加したことで実現したキャンペーンです。  

キャンペーン開始に先立ちダジャレで有名な平井知事がキャンペーン発表セレモニーで鳥取県民第一号のエコ宣言「星取県は地球環境を「エコひいき」します!」を発表しました。  

キャンペーン発表会ではGOSAT-2プロジェクトチームの平林毅プロジェクトマネージャーから「いぶき2号」の取り組みや温暖化をもう一度考えるきっかけを持ってほしいという思いを話してもらうとともにキャンペーン発表会に参加していた小さき花幼稚園の園児達からもエコ宣言を書いた葉っぱをエコ宣言ポスターに貼ってもらうイベントも行われ、 たくさんのエコ宣言でキャンペーンをスタートすることができました。  

イベントの最後にはトリピー(鳥取県のキャラクター)も「自転車を使って二酸化炭素削減!」という驚きのエコ宣言も飛び出し、 終始なごやかな発表会になりました。  


【キャンペーン発表セレモニー実施概要】 
■日 時  2018年3月19日(月) 10:55~11:15
■会 場    鳥取県庁 本庁舎1階ロビー   [所在地:鳥取県鳥取市東町1丁目 220 ]
■参加者 
鳥取県知事 平井 伸治知事
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)  いぶき2号プロジェクトマネージャー 平林 毅氏
小さき花園幼稚園児(27人)
トリピー
■内 容
・平井知事あいさつ
・平林プロジェクトマネージャあいさつ
・知事及び小さき花園幼稚園児によるエコ宣言
(エコ宣言を付箋に記入し、 メッセージボードに貼り付けます)
・トリピー 地球温暖化対策メッセージをツイート
・「とっとり星空応援キッズ」バッジ、 いぶき2号特製ピンバッジを園児に贈呈


「エコ宣言を宇宙に届けようキャンペーン」 の概要 
■キャンペーン期間 2018年3月19日(月) ~ 2018年5月31日(木)
■キャンペーン特典   鳥取県民でエコ宣言をしていただいた中から抽選で下記をプレゼント
1:3組(1組3名様まで)人工衛星開発現場にご招待
2:100名様にいぶき2号ピンバッジ


いぶき2号公式Twitter(@ibuki2_JAXA)「#あなたの個人的な温暖化対策をJAXAが宇宙へお届け」 の概要 

「#あなたの個人的な温暖化対策をJAXAが宇宙にお届け」とハッシュタグをつけてツイートするだけで、 いぶき2号衛星本体、 及びH-IIAロケットデカールに書きこむ取組みです。 いぶき2号公式アカウント(@ibuki2_JAXA)では開発現場の生の声や人工衛星の分かりやすい豆知識を、 研究者・開発者が日々発信しており、 ファンを集めています。  
■ツイート募集期間 2018年2月22日(木) ~ 2018年5月31日(木)17:00
■ツイート特典
条件を満たすメッセージはすべて2018年度打ち上げ予定の「いぶき2号」衛星本体に搭載されます。 「いぶき2号」運用期間中、 皆さんの誓いの実行を宇宙から見守ります。 さらに先着特典としてさらに先着のメッセージについては、 H-IIAロケットに貼るデカールデザインにメッセージを埋め込みます。 (数には限りがあります)


温室効果ガス観測技術衛星2号「いぶき2号」


「いぶき2号」は、 環境省、 宇宙航空研究開発機構、 国立環境研究所の3機関による共同プロジェクトで、 2009年に打上げた温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」の後継機です。 従来の二酸化炭素及びメタン濃度に加え、 今回新たに一酸化炭素を観測できるよう進化した「いぶき2号」は、 人為起源の二酸化炭素排出量推定を行います。  
「いぶき2号」は来年度の打上を予定しており、 宇宙からの高精度で均一な観測データによって、 パリ協定に基づく世界各国の温暖化対策の実施に貢献します。  

http://www.satnavi.jaxa.jp/project/gosat2/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です