ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

デルタ航空が出展する「もっと!海外へ2018 ~羽田から世界へ~」が開幕

デルタ航空が出展する「もっと!海外へ2018 ~羽田から世界へ~」が開幕
4月1日(日)までの3日間、羽田とアメリカ本土を結ぶネットワークと機内サービスを紹介

【東京、 2018年3月30日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)が出展する「もっと!海外へ2018 ~羽田から世界へ~」(入場無料、 主催:東京国際空港ターミナル株式会社(TIAT))が本日開幕し、 初日から多くの来場者でにぎわっています。 当イベントは4月1日(日)までの3日間、 朝10時から夕方18時まで羽田空港国際線ターミナルで開催されます。

デルタ航空ブースでは、 現役のパイロット、 客室乗務員、 地上職員や整備担当のスタッフが皆様をお迎えします。 航空機の写真を背景にデルタ航空の現役の機長や客室乗務員と一緒に写真を撮ることができるフォトコーナーを設けており、 お子様にはパイロットや客室乗務員の衣装を来て写真を撮っていただくこともできます。

来場者がフォトコーナーで撮影した写真をその場でご自身のSNSに投稿していただくと、 デルタ航空のロゴ入りステッカー、 ラゲージタグまたはボールペンを差しあげます。 (数量限定・無くなり次第終了)

デルタ航空では、 羽田空港からミネアポリスとロサンゼルスの2つの米国本土のゲートウェイに向けて直行便を毎日運航しています。 ミネアポリス便は、 中西部や東海岸、 カナダへの乗り継ぎの利便性が高く、 ニューヨークのラ・ガーディア空港やマイアミのオーランド等への乗り継ぎのご利用が多い路線です。 ロサンゼルス便は、 ロスへの渡航はもちろん、 ラスベガスなど人気の渡航地へのスムーズな乗継で好評を得ています。

 


「もっと!海外へ2018 ~羽田から世界へ~」について
2018年3月30日(金)から4月1日(日)まで、 羽田空港国際線ターミナルで開催するアウトバウンドの祭典です。 世界各地23の国や地域から、 39の航空会社や政府機関などによるPRブースや、 旅行会社などによる21の海外旅行セミナーを実施する他、 旅にゆかりのあるスペシャルゲストによるライブやトークなどのステージイベント、 世界のパフォーマーや各出展団体によるステージプログラム、 来場者参加型のワークショップや回遊イベント、 グルメ企画を展開し、 来場者の方々に世界の文化と魅力を体感いただけるイベントとしてお楽しみいただけます。 イベント詳細は公式サイトをご参照ください。 https://haneda-to-world.com/


デルタ航空について
デルタ航空は年間約1億8, 000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。 フォーチュン誌の「2018年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2018 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、 8年間で7度目の1位を獲得し、 「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも5年連続で選ばれたほか、 米ビジネストラベルニュース誌調査で初の7年連続トップに選ばれました。 デルタ航空およびデルタ・コネクションは、 世界54カ国、 314都市に向けてフライトを運航しています。 米国ジョージア州アトランタに本社を置き、 世界で8万人超の従業員を擁し、 800機以上の主要機材を運航しています。 航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、 大西洋路線においてはエールフランス-KLM、 アリタリア-イタリア航空、 およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。 アトランタ、 ボストン、 デトロイト、 ロサンゼルス、 ミネアポリス/セントポール、 ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、 ソルトレイクシティ、 シアトル、 アムステルダム、 パリ(シャルルドゴール)、 ロンドン(ヒースロー)、 サンパウロ、 メキシコシティ、 ソウルおよび東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、 提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。 機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、 空港施設や機内プロダクトの改善、 サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。 詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です