ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

書籍化希望が殺到した話題作がついに刊行! 戸塚祥太(A.B.C-Z)著『ジョーダンバットが鳴っている』3月31日(土)発売!

書籍化希望が殺到した話題作がついに刊行! 戸塚祥太(A.B.C-Z)著『ジョーダンバットが鳴っている』3月31日(土)発売!
株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:松原眞樹)は戸塚祥太(A.B.C-Z)著『ジョーダンバットが鳴っている』を発売しました。

 


ジャニーズのアイドルが綴る、
『ダ・ヴィンチ』連載の極私的フォトエッセイ


『ジョーダンバットが鳴っている』は、 戸塚祥太が、 本の情報誌『ダ・ヴィンチ』で連載(2013年11月号~2016年2月号)していたフォトエッセイ。 ジャニーズ入所時のエピソードや、 家族や友人の話、 幼少時や中学時代の思い出、 出演した映画や舞台、 ライヴの裏話、 大好きな作家・伊坂幸太郎との出会いと秘められた交流など、 戸塚祥太が自らの青春を本とリンクさせて綴っている。
 

【タイトルについて】
僕が初めて読んだ伊坂幸太郎さんの小説が『重力ピエロ』。 「ジョーダンバット」はこの中に出てくる泉水と春の兄弟をつなぐ重要なアイテムだ。 この作品を読んだとき、 僕は電車の中にもかかわらず涙が止まらないような状況に陥った。 それは感動というよりもバットで殴られたような衝撃に近く、 いまだにその振動音は僕の中で鳴り響いている。 そして、 その振動こそが「書きたい」という気持ちに僕を駆り立ててくれるような気がするのだ。 (本文より)



 

写真=江森康之
写真=江森康之


著者:戸塚 祥太(とつか・しょうた)
●1986年生まれ、 東京都出身。 99年ジャニーズ事務所入所。 アイドルグループA.B.C-Zのメンバーとして、 2012年DVDデビュー。 出演作に、 舞台『熱海殺人事件』『出発』『広島に原爆を落とす日』『寝盗られ宗介』『Defiled』、 映画『恋する・ヴァンパイア』『日本のいちばん長い日』、 ドラマ『癒し屋キリコの約束』『この声をきみに』など。 A.B.C-Zとしてバラエティ『ABChanZoo』にレギュラー出演中。

 

 

■書籍情報
タイトル:ジョーダンバットが鳴っている
発売日:2018年3月31日(土)
定価:本体3000円(税抜)
仕様:A5判/304ページ
発行:KADOKAWA

■「『好き』という思いは、 僕を『書く』という世界に連れて行ってくれた」(「まえがき」より)。 『ダ・ヴィンチ』の連載をまとめた、 戸塚祥太の初フォトエッセイ集。 連載時未掲載写真、 伊坂幸太郎、 阿部和重との対談、 書店員体験ルポ、 書き下ろし小説、 そしてA.B.C-Zメンバーへのインタビューも収録。


ダ・ヴィンチ5月号(2018年4月6日発売)は『ジョーダンバットが鳴っている』刊行記念 A.B.C-Z特集!
メンバーそれぞれがお世話になったあの人とじっくり対談。

(ゲスト:片岡愛之助、 上川隆也、 山里亮太、 他)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です