ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

車椅子視線でストリービュー パラリンピックを360°で

車椅子視線でストリービュー パラリンピックを360°で
介助者も一緒により便利にそして安心安全に
パラリンピックに向けて2018年4月16日(月)より車椅子視線と介助者視線のストリートビュー撮影編集登録を行います。 目的地や経路の情報で、 選手や関係者、 観戦者はもちろん観光やグルメなど事前に撮影する事により世界中から確認できます。 全国対応の為各地に支部を作り会員(無料)を募集します。 同時に全国の車椅子移動を支援するNPOとの連携を模索します。
報道関係各位
2018年4月6日
一般社団法人VR革新機構

車椅子視線で ストリービュー パラリンピックを360°で》
~ 介助者も一緒により便利にそして安心安全に ~
一般社団法人VR革新機構(本社:東京都千代田区、 代表理事:横松繁)ストリートビュー認定フォトグラファーパートナー会は、 車椅子や避難車視線のストリービューを撮影、 編集、 登録する「120sv:one twenty streetview」を2018年4月16日(月)より発売いたします。

【URL】 https://stp-p.com


120sv の3つの特徴

1.110cm~120cmの車椅子視線と140cm~150cmの介助者視線を昼夜天候別に撮影
2.誰でも撮れる360°カメラRicohThetaでスマホ/タブレットはもちろん大画面やライブも
3.パラリンピックに向け選手や関係者及び観戦者に事前情報を提供し開催中の記録撮影も

120sv 誕生の背景

車椅子による移動の難しさで目的地や車移動の前後の経路情報がほとんどなく、 高齢者などは移動の難しさから旅行はもちろん日常生活も介助者に多くの気を使わせることが多い。
自分が起因し、 介助者が行きたいところや食べたい場所など制限されてしまう事がある。
短長距離でも目的地や移動経路が事前画像で確認できれば仕事、 旅行、 趣味、 食事そして避難経路も可能になる。 バーチャル避難訓練で災害対策の一助にならないか。
 

1 20sv の使い方・利用シーン
目的地までと目的地での移動経路事前撮影しストリートビューに登録。 特にバリヤフリー環境を旅行では建造物などの見学順路などを予め知っておくことにより多く楽しめる。
長距離移動の冠婚葬祭、 観光、 スポーツ観戦、 帰郷、 遠征、 そして災害対策の避難経路を予め確認できる。 ストリートビュー認定フォトグラファー登録も支援し誰でも撮影できるようにする。


120sv: ワントュエンティ エスブイ 概要
価格:50ポイント25万円~ 
販売方法:会員による提案及びホームページからのお申し込み
販売対象:旅行代理店・自治体・観光協会・商工会議所・介護施設・障がい者施設等
提携模索:全国の車椅子移動支援を行うNPO・パラリンピック関係者
 

 

 


一般社団法人VR革新機構 について

当機構は2017年10月ストリートビュー認定フォトグラファーパートナー会設立準備委員会として発足しました。 全国のストリートビュー認定フォトグラファーとのビジネス模索とストリートビュー認定フォトグラファーの育成を目的としました。 2018年1月22日正式に会として組織を立ち上げ、 2018年3月28日に非営利徹底型の一般社団法人として登記しました。
全国に支部をつくり、 地域に根差した地元の中小企業や個人事業主とVR推進を行ってまいります。 特に登録会員(無料)を多数募集しストリービュー及びVRビジネスを支援いたします。

【法人概要】
名称:一般社団法人VR革新機構「ストリートビュー認定フォトグラファーパートナー会」
所在地:東京都千代田区二番町9-3 THE BASE麹町
代表者:代表理事 横松 繁
設立:2018年3月28日
URL: https://stp-p.com
事業内容:バーチャルリアリティー(仮想現実 以下VRとする)の360°画像や動画を提案及び提供しVRを普及させることを目的とし、 その目的に資するため、 次の事業を行う。
(1)高度な撮影編集技術者と管理者の育成と認定
(2)ストリートビューや高所及びドローン空撮による制作技術の普及活動
(3)ホームページなどのWEBサイト制作によるVR表現の促進
(4)人工知能・ビッグデータ・IoTを活用したVRの研究開発

【お客様からのお問い合わせ先】
一般社団法人VR革新機構「ストリートビュー認定フォトグラファーパートナー会」
e-mail: stpp-info@stp-p.com
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です