ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

ロンブー淳が「大学病院」で「居座り。」。手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」で、驚きの最先端医療技術をシミュレーション体験! 

ロンブー淳が「大学病院」で「居座り。」。手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」で、驚きの最先端医療技術をシミュレーション体験! 
ロンドンブーツ1号2号の田村淳が「関西のとある場所」にアジトを作り、 LINEで集まって来る周辺の人や物などさまざまな情報を収集。 興味を持った情報提供者たちと実際に会い、 その場所のリアルな実態を掘り下げ、 またある時は体験しつつ、 アジトに居座り続けるMBSテレビの深夜番組「ロンブー淳の居座り。 」。 4月13日(深夜0:35~1:35関西ローカル)放送の第7弾は、 医療ドラマの舞台にもなる「大学病院編」。 大阪府枚方市にある関西医科大学に居座り、 学生たちから学校生活や部活の話、 先生から最新医療の情報などを聞き、 大学病院の実際に迫っていく。 手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」がある病院のロボット支援手術センターへも潜入。 手術操作のシミュレーション機能がある「ダ・ヴィンチ」で淳が手術に挑戦!  果たして「ドクター淳」の点数は?
桜が満開の関西医科大学(大阪府枚方市)にやって来た淳。 5年前に移転したばかりで、 附属病院と渡り廊下でつながったまだ新しい学舎に「町みたいだね~」。 「白い巨塔」など医療ドラマの舞台になっている大学病院。 リアルな医学生や先生の姿とは? 

関西医科大学に居座りに来たロンブー淳。
関西医科大学に居座りに来たロンブー淳。

最初にやって来たのは、 シミュレーションセンター。 ここはいわゆる自習室で、 学生たちがダミーで血管縫合の練習をしたり、 医療用マネキンを使って、 心肺蘇生に取り組んだり、 聴診器で心音や肺音を聞いたりしていて、 「ドラマに出てきそう」と淳。 交渉の上、 最初のアジトはこのシミュレーションセンターに。 専攻も学年もさまざまな学生30人あまりが公開収録のように見守るなか、 居座りスタートする。

聴診器で肺音を聴いてみる淳。
聴診器で肺音を聴いてみる淳。

LINEでさまざまな情報が寄せられるが、 意外と部活に関するネタが多いのにまずビックリ。 ほとんどの学生が部活を掛け持ちしているという。 「軟式テニス部は美人が多いので有名ですが、 女(じょ)バスも負けてません」や、 軟式テニス部からも「5回生に可愛い先輩がいます」という情報が来て、 興味しんしんの淳。 女子医大生の学生生活とは? リアル医大生の話に淳は「勉強ばっかりかと思ったら、 楽しそうだね~。 青春を謳歌してるね」。
一方、 「リアルなドクターの話、 教えましょうか?」と、 自らLINEしてやって来た名物先生が、 あの人気医療ドラマにダメ出し連発!? 手術中のドクターのリアルな姿を暴露するのも見もの。

 

この後、 アジトを食堂に移動。 「ネッタイシマカの脅威が日本に迫ってます」というLINEで、 スタッフを引き連れてやって来た西山利正教授は、 そのオーラに食堂の学生も集まって来るほど。 専門は公衆衛生学の西山教授が力説する、 温暖化による感染症の脅威は、 必見。

公衆衛生学の西山教授が力説する、  温暖化による感染症の脅威に耳を傾ける。
公衆衛生学の西山教授が力説する、 温暖化による感染症の脅威に耳を傾ける。

このほか「関西医大のインスタ女王」にLINE電話してみたり、 「柔道部にいる男子より強い女子部員」に来てもらったり、 「自作のミステリードラマを撮影している先生がいます」という情報にもコンタクト。
さらに、 「これからの手術はロボットの時代。 「ダ・ヴィンチ」を触ってみませんか?」というLINEが。 手術操作のシミュレーションが体験できるという話に、 淳の興味はMAXに! 完全な手術衣に着替え、 手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」でシミュレーション手術に挑戦! その結果は? 
6時間近くの居座りを終えた淳は「 ニュースでしか見てない新しい医療に対するイメージが、 体感すると全然違う。 先生を通じた信頼感もあるし。 もっと居座りたかった」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です