ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

メンズストリートスタイル澁谷忠臣氏とのコラボレーション「EYES LOVE TOKYO」2018年5月7日(月)より販売開始

メンズストリートスタイル澁谷忠臣氏とのコラボレーション「EYES LOVE TOKYO」2018年5月7日(月)より販売開始
「YOUR FREEDOM 自分を新しくする自由を。 」がブランドメッセージのジーユーは、 2018年5月7日(月)より、 世界で活躍するアーティスト兼イラストレーターの澁谷忠臣氏とコラボレーションしたメンズのストリートスタイルコレクション「EYES LOVE TOKYO」を、 全国のジーユー店舗およびオンラインストアで販売を開始し、 同時にコンセプトムービーを公式ウェブサイトで公開します。

「EYES LOVE TOKYO」は、 アーティストの視点(EYES)から見たTOKYOと、 世界で活躍する澁谷氏のTOKYOへの愛(I LOVE TOKYO)を掛け合わせたストリートスタイルのコレクションです。 グラフィックは、 澁谷氏独自の直線的なアートワークで、 TOKYOを象徴するビル群や交差点、 ネオンなどを表現しています。

今シーズンも引き続き注目されている、 ストリートファッション。 ジーユーの「EYES LOVE TOKYO」コレクションでは、 スーパービッグTやスーパービッグプルパーカなど、 着るだけでストリートスタイルをお楽しみいただけるビッグシルエットのアイテムを、 多数ご用意しています。 ボトムスには、 スマートなスタイリングに欠かせないテーパードパンツやスキニーパンツ、 クリーンな印象のアンクルパンツなどを合わせ、 今年らしいストリートスタイルをお楽しみください。



■コンセプトムービーについて
真っ白なキャンバスを前にする澁谷氏。 世界で活躍するアーティストとして感じるTOKYOを、 独自の直線的なアートワークで表現。 心地良いリズムとともに、 TOKYOで活躍するシンガー、 モデル、 ダンサーの3人によるパフォーマンスがシンクロし、 たくさんの可能性がある街、 自由な発想でモノやコトが生まれる街、 TOKYOを感じられるムービーにご注目ください。

タイトル:GU×SHIBUYA TADAOMI EYES LOVE TOKYO
公開期間:2018年5月7日(月)~2018年6月3日(日)
URL: https://www.gu-japan.com/jp/feature/eyeslovetokyo/men/
YouTube: https://youtu.be/Z6xGsNr6S7o


<出演者プロフィール>

Kento NAGATSUKA  (WONK)
東京を拠点に活動する4人組エクスペリメンタル・ソウルバンド「WONK」のボーカル。 2016年9月に全国リリースした、 自身初のフルアルバム『Sphere』は第9回CDショップ大賞ジャズ賞を受賞。 ジャズやソウル、 ヒップホップなど様々なジャンルの影響を感じさせる彼らの音楽は、 国内外問わず多方面から注目されており、 注目度急上昇中のミュージシャン。

 

SUMIRE
ミュージシャンの母・Charaと、 俳優の父・浅野忠信の長女として、 アートや音楽に自然と触れ合う環境で育ち、 モデルの仕事を始める。 2013年11月にCharaのMVに出演し注目を集め、 2014年4月より雑誌『装苑』専属モデルに。 2018年公開の映画『サラバ静寂』『リバーズ・エッジ』に出演し、 女優としてもキャリアをスタート。 エンターテインメント業界で最も話題沸騰のモデル・女優。
 

GENDAI
2013年にダンスチーム「NUMBERS」を結成し、 結成半年にしてNYのApollo TheaterのAmateur Nightで4週連続優勝、 日本人では12年ぶりの快挙となる年間チャンピオンに輝く。 2016年にプロデュースしたフリースタイルチーム「UNVISION」は、 LAで行われた「WORLD OF DANCE Final 2016」で世界チャンピオンに。 東京のみならず、 世界が注目するダンサー。


 


■澁谷忠臣(しぶや ただおみ)氏プロフィール
直線的に再構築する世界観を持つアーティスト/イラストレーター。
その独自のスタイルで、 数々のグローバル企業とのコラボ、 クライアントワークを行っており、 2008年にGIVENCHYのエンブレムデザイン、 ロンドンでのBECK’S BEERのビルボード広告、 2011年にはNIKE AIR JORDAN CP3.IVのポスターなど、 ビジュアル全般を手がけた。 また、 2009年のWeSC GALLERY PARISでの個展や、 ロンドン、 NY、 LAなどで数々の展示に参加。 表現の場は国内外、 ジャンルを問わず多岐に渡る。

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です