ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

JCB、ラテンアメリカ最大級の政府系金融機関CAIXAと提携しカード発行を開始   

JCB、ラテンアメリカ最大級の政府系金融機関CAIXAと提携しカード発行を開始   
ブラジル初のJCBカードの発行を開始
日本発唯一の国際カードブランド運営主体である株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、 代表取締役兼執行役員社長:浜川 一郎)の海外業務を行う子会社、 株式会社ジェーシービー・インターナショナル(本社:東京都港区、 代表取締役社長:今田 公久) (以下、 総称して「JCB」)は、 ラテンアメリカ最大級の政府系金融機関Caixa Econômica Federal(ブラジル連邦貯蓄銀行)(本社:ブラジリア、 CEO:Nelson Antônio de Souza、 以下:CAIXA(カイシャ))と、 現地時間の2018年5月3日(木)よりクレジットカード「CAIXA JCB Único(ウニコ)カード」の発行を開始しました。 また、 同日サンパウロにて発行セレモニーを行いました。
本カードは、 ラテンアメリカ初となるJCBカードです。
<発行開始セレモニーの模様>


 CAIXAは、 1861年にブラジルで設立されたラテンアメリカ最大級の政府系金融機関で、 州政府や都市のインフラ整備に関する融資から、 民間企業・個人への一般融資まで行っています。 同国内でクレジットカードおよびデビットカードの発行を行うなど、 カード事業にも注力しています。

<「CAIXA JCB Únicoカード」券面デザイン>


このたびの提携は、 国際ブランドとの提携によりサービスを拡充させたいCAIXAと、 ブラジルにおけるJCBカードの発行により、 ラテンアメリカでの会員基盤の拡大を目指すJCBの狙いが合致し、 実現したものです。

JCBは、 「おもてなしの心」「きめ細やかな心づかい」でお客様一人ひとりのご期待に応えていきます。 そして「便利だ」「頼れる」「持っていてよかった」と思っていただける、 お客様にとっての世界にひとつを目指し続けます。

プレスリリースPDF版はこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d11361-20180507-9187.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です