ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

「日記療法」により病気が改善した様々な事例とともに、病気を予防し治療する画期的な日記のつけ方、日記で免疫力が上がるメカニズムまでを紹介。注目の新刊『日記を書くと血圧が下がる』発売!

「日記療法」により病気が改善した様々な事例とともに、病気を予防し治療する画期的な日記のつけ方、日記で免疫力が上がるメカニズムまでを紹介。注目の新刊『日記を書くと血圧が下がる』発売!
高血圧、 腰痛などの慢性痛、 関節リウマチ、 ぜん息、 ヘルペス、 不眠症、 うつ、 がんの痛みといった医療面から、 学業成績や男女関係などの生活面まで、 「1日15分、 たった3回」書くだけで効果があることが科学的に検証された「感情日記」の正しいつけ方。

日記を書くと血圧が下がる 体と心が健康になる「感情日記」のつけ方 最上 悠 著 CCCメディアハウス ●定価 本体1500円(税別)
日記を書くと血圧が下がる 体と心が健康になる「感情日記」のつけ方 最上 悠 著 CCCメディアハウス ●定価 本体1500円(税別)


1日15分、 たった3回、 「感情日記」を書いただけで
・手術後の傷の治りが2倍、 早くなる。
・血圧が下がる。
・頭痛や腰痛などの慢性痛、 関節リウマチやぜん息、 ヘルペス、 不眠、 うつ、 がんの痛みなどの症状が改善する。
・病気の治療だけでなく、 学業成績や男女関係といった日常生活にも効果が。
 
このところ欧米では、 日記をつけることが、 身体的・心理的・社会的な健康すべてにわたって効果があることが科学的に検証され、 注目されている。 実際に、 日常の出来事など(とくに不愉快だったこと)について感じたこと・考えたことを日記のように綴ることがEW(Expressive Writing)、 WED(Written emotional disclosure)と呼ばれるテクニックとして確立されている。
 
そのメカニズムは、 適切な感情処理を通じて、 崩れていた体内の自律神経系、 内分泌系、 免疫系のバランスが整うためであるとされる。 また、 健康な人にとってはワクチンの効果が高まるなど、 病気全般の予防効果も期待できるという。

本書では、 日記療法により病気が改善した様々な事例とともに、 病気を予防し治療する画期的な日記のつけ方、 日記で免疫力が上がるメカニズムまでを紹介する。

http://books.cccmh.co.jp/list/detail/2240/
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です