ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

薪火グリル「L'IGNIS(リグニス)」恵比寿で人気の定番メニューが楽しめるコースを販売開始

薪火グリル「L'IGNIS(リグニス)」恵比寿で人気の定番メニューが楽しめるコースを販売開始
シェフ渾身の料理を前菜からデザートまで5,800円で
とっておきのホワイトデーディナーや記念日にもおすすめ
国内、 LAに54店舗のレストランを展開をしている株式会社グローバルダイニング(本社:東京都港区南青山7丁目/代表取締役社長:長谷川耕造)は、 薪火グリルレストラン「L’IGNIS(リグニス)」恵比寿にて、 薪火グリル料理をメインとした「リグニスコース」の販売を開始いたしました。
人気の定番メニュー「ハンキングテンダ―のウッドバーニンググリル」や「ロリポップフォアグラ」を含む、 シェフ渾身料理5品がコースメニューでお楽しみいただけます。  ホワイトデーや記念日にいかがでしょうか。


【販売期間】 通年
【料金】 コース(5品) 5,800円
【コース詳細】 ロリポップフォアグラ キンカンとピスタチオ/ マグロとアボカドのタルタル仕立て/ ハマグリとケールとカラスミのペペロンチーノ/ ハンキングテンダーのウッドバーニンググリル/ タルトシトロン
※表示価格は、 すべて税別です。
※仕入れ状況により事前の予告なく変更となる場合がございます。


■ロリポップフォアグラ キンカンとピスタチオ
大人気のロリポップフォアグラの新シリーズ。 ピスタチオのこうばしさをアクセントに。


■マグロとアボカドのタルタル仕立て
まろやかなタルタルとペコロスのシャキシャキした食感の対比をお楽しみください。 海藻のマヨネーズがユニーク!


■ハマグリとケールとカラスミのペペロンチーノ
アーリオオーリオをベースとした旬のハマグリのうまみがぎゅっと凝縮されたパスタです。


■ハンキングテンダーのウッドバーニンググリル
薪の香りをまとったジューシーな肉のうまみをお楽しみください。 表面にしっかりと焼き色をつけ、 豪快に焼き上げました。

■タルトシトロン
タルトシトロンをクリーム、 メレンゲ、 レモンのムース、 マスカルポーネ、 タルト生地をパーツ毎に分解をして、 一皿で表現いたしました。 シェフの独創性を楽しめる一品です。


■薪火グリル料理の魅力

薪火グリル料理とは、 薪で火をおこして料理する原始的な調理法のこと。 火入れの仕方次第で素材そのものの旨味を最大限に引き出せるのが魅力です。 「薪火と炭火とどのように違うの?」とよく聞かれますが、 最大の違いは、 薪独特の香りと、 やさしく柔らかく火が入るところ。 荒々しい炎の中で焼きあげる為、 火が均一に入らない分様々な表情を楽しむことができます。 自慢の自社熟成肉をはじめ、 日本全国、 世界各地から集めた肉や魚、 野菜など、 こだわりの素材を薪の炎で焼き上げました。 どこか優しく懐かしい薪の香る店内で、 ゆらゆらとゆらめく炎を眺めながら、 ダイナミックな薪火料理をお楽しみください。

■店舗情報

店舗名   :L’IGNIS(リグニス)
住所    :東京都渋谷区恵比寿4-27-1 pagoda SKビル 1F
アクセス  :恵比寿駅東口より徒歩5分
席数      :50席
面積      :65平米(キッチン含まない)
電話番号  : 03-6721-9580
HP    : http://www.lignis.jp
Facebook: https://www.facebook.com/lignisebisu/
Instagram: https://www.instagram.com/lignis_ebisu/
オープン日:2016年5月2日
 

■空間
「L’IGNIS(リグニス)」の空間テーマは、 まるで友人の家に訪れたかのような温もりと空気感の、 “第二の我が家 セカンドハウス“です。 温かな明かりが灯り、 心地好い音楽が流れる店内には、 ゆったりと座れるソファー席や一人でも気軽に過ごすことのできるカウンター席をご用意します。 内装は、 白を基調とし、 銅やレザーなど質感のあるものを取り入れ、 どこか懐かしく落ち着きのある大人な空間です。 大切な人との会食や、 少人数での集まりなどどんなシーンでもお楽しみいただけます。

■シェフのご紹介
Executive Chef
鈴木 昌嗣

1984年生まれ。
15歳で料理の世界に入り、 2005年19歳で渡仏。 フランスの一つ星レストラン「レ・ベアティーユ」での研修後、 都内フレンチレストランにて地道な修行を経て、 2008年に再渡仏。 フランス屈指の星付き レストラン「ステラマリス」や「ジェラール・ベッソン」、 「ラ・ペルーズ」、 「TOYO」ビストロなどで3年間の経験を積み帰国。 帰国後の2013年には、 本場フランスにて10年連続でミシュランスターの獲得を誇る本格フレンチ 「KEISUKE MATSUSHIMA」の東京・原宿店である「レストランアイ(現ケイスケマツシマ)」のスーシェフに就任。 2015年1月「レガート」のエグゼクティブシェフに就任。 2016年3月にL’IGNISのシェフに就任し、 現在は各店の料理開発、 監修に努める。
 


Chef
三島伴博

都内の高級フランス料理レストランで修業を重ね、 星付きレストランで研修を受ける。 ガストロノミーとフランスの食材を組み合わせた料理を得意とし、 様々なシーンでお客様に楽しんでいただけるよう、 自身の経験を最大限に生かした料理を提供。 グローバルダイニングには、 シェフ鈴木の元で修業をするため入社。 リグニスの薪火料理に北欧スタイルのエッセンスを加えるなど、 更に進化するレストランを目指す。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です