ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

【介護経営者の知恵袋03】人財を確保する採用ブランディング戦略とは

【介護経営者の知恵袋03】人財を確保する採用ブランディング戦略とは
募集をしても人が来ない。業界の傾向とはいえ、離職率が高くて、人手が足りない。がんばって残った人財が疲弊してしまう。。。
そんな、 悪循環で苦しみ、 年間の採用費を考えれば、 数人雇えるはずだったのに、 、 、 と
広告料・紹介料を払ってでも採りたいと動いても、 人材確保が難しい傾向にあります。
この課題は、 今後ますます深刻化していく日本の課題でもあります。
しかし、 そんな中、 スタッフが充実し、 利用者数も満たしている施設がある事も事実です。
その違いは、 どこにあるのでしょうか?


これは、 施設のブランド価値(=選ばれる価値)が形成され、
伝わっているか?いないか?の違いです。

 

  1. まず、 新卒・中途の求職者が、 その施設の存在に気づいているでしょうか?
  2. 存在に気づいた時に、 選ばれる理由があるでしょうか?
  3. 求職者が何を求めているか知っているでしょうか?
  4. 施設の価値が求職者に、 魅力的・効果的に伝わっているでしょうか?
  5. そもそも、 魅力が見つからない。 。 。 この業界は人が来ない。 。 。 と嘆いているだけになっていないでしょうか?
 

考えて見れば、 当たり前のプロセスかもしれません。
しかし、 昨今の情報社会の中で、 存在感を示すことも困難になってきたのは現実です。
介護業界は、 介護保険や補助金が多いものの、 売上に天井がある独特の経営環境で進んできました。 競争すること、 利益を出すことに対して、 抵抗心さえ働いてしまう既成概念がありますが、 これは大きな落とし穴なのです。 介護業界も遂に競争社会に突入したのは、 市場原理の歴史を見れば、 自然な流れで、 その中で、 明暗が別れるのも現実なのです。
一般市場であれば、 商品・サービス・集客など、 様々な競合他社と競い合い、 人材採用にも知恵と労力を費やし、 社員教育に注力し、 企業価値=ブランド力を高めてきました。

そこに、 大きなヒントがあり、 解決策はあります。
やるべき行動と良いアイデアを組み合わせれば、 どの時代・環境にも対応は可能です。
経営の要は、 人=採用+教育です。

今後、 限られる求職者から、 選び選ばれる状態をつくり、
自社の価値や魅力を知る人財を育み、 離職率を下げていくこと。
それが、 採用ブランディング戦略です。


採用ブランディングは、 人を獲得するだけが目的ではなく、
社員のモチベーションづくりに繋げます。 しいては、 集客にも繋がるブランド価値を
形成することもできる戦略なのです。

あの施設で働きたい! 
自分の将来をこの会社で!
この仕事、 この職場でよかった!


そんな声が聞こえる施設や 職場 やしていくこ とが、
介護業界 労働 人口を 増やしていくこと
繋がっていくのだ と思います
 

 

ブランディング・デザイン・教育を行う会社:株式会社アイディーエイの創業者である井上勲は、 現在6つの介護施設(株式会社アイリーフ)を運営。 介護経営の現場に、 戦略アイデアと独自の教育を取り入れ、 黒字化する介護経営を続けてきました。
そこで、 業界への使命感を感じ、 介護×デザインという2社のノウハウを集約した
介護・医療に特化したブランディング戦略を提供・支援するサービスを開始。

3/17 無料セミナーを開催
求職者に選ばれる採用戦略 離職率を下げる教育戦略

日 時  2017年3月17日(金) 10:50~11:20
場 所  東京ビッグサイト CareTEX2017(介護施設ソリューション展)
申 込  ホームページ: http://caretex.jp  出展商品紹介セミナーから申込み可能
     電話 03-6303-9801 CareTEX2017事務局/ブティックス株式会社
問合せ  株式会社アイディーエイ 086-244-1661  担当:西江

▽アイディーエイ サービス紹介
http://www.ida-web.com/kaigo/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です