ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

鳥取県と岡山県のモノ・コト・情報が集まる共同アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」得選NEWS Vo.5

鳥取県と岡山県のモノ・コト・情報が集まる共同アンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」得選NEWS Vo.5
2017年1月のおすすめ催事をご案内!
1.オマチスト(雄町の日本酒ファン)必見! 『備前焼で愉しむ雄町米(おまちまい)の地酒BAR』開催!
 チケット購入の先着500名様に岡山の伝統工芸品『備前焼』のぐい呑みプレゼントも!
 【開催日】 1月12日(木)~13日(金)

2.山野町長、 自らが行うトップセールス相談会(移住相談会)実施!
  矢掛町ブランド・移住・観光PRフェア 
 【開催日】 1月14日(土)~15日(日)
岡山県の「もも」と鳥取県の「なし」を組み合わせ、 皆さまを「おもてなし」する「ももてなし」をコンセプトに運営する『とっとり・おかやま新橋館』(港区新橋一丁目11番7号 )。  両県の特産品などが手に入るショップ(1F)や地元食材が自慢のビストロカフェ「ももてなし家」(2F)を展開。

そして、 食や文化の魅力をお伝えする各種イベントや移住相談会など、 様々な催しを開催しています。
 


1.オマチスト(雄町の日本酒ファン)必見! 『備前焼で愉しむ雄町米の地酒BAR』開催!
 岡山が誇る幻の酒米「雄町」の地酒を岡山の伝統工芸品「備前焼」で味わえるイベント、 『備前焼で愉しむ雄町米の地酒BAR』を2017年1月12日(木)・13日(金)の2日間、 期間限定で開催します。  このイベントでは、 酒造好適米の「雄町」の地酒に、 お酒がさらにおいしくなる「備前焼」、 そして瀬戸内のおいしいおつまみをお愉しみいただけます。  この機会に、 備前焼で雄町の地酒を味わってみてはいかがでしょうか?

■開催日時  2017年1月12日(木)・13日(金) ※各日とも17:00~20:30(L.O.20:00)
■開催場所  「とっとり・おかやま新橋館」 2階 催事スペース
■出展者   蔵元(計3社):1.利守酒造(赤磐市)2.宮下酒造(岡山市)3.室町酒造(赤磐市)
■主催    岡山県備前県民局  TEL:086-233-9880(問い合わせ対応時間: 平日08:30~17:00)
■開催内容  備前焼で愉しむ雄町米の地酒BAR

《岡山の酒米「雄町」3蔵元の地酒が登場!》
幻の酒米「雄町」は、 約150 年前から岡山で栽培が始まった、 酒米の原生種です。  最高級品種として評価が高く、 山田錦や五百万石などは、 実は雄町がルーツとなっています。  現在も生産量の約95%を岡山県が占めていますが、 背丈が高いため倒れやすく病害虫に弱いなど、 栽培が難しいことから、 希少性の高い“幻の酒米”と呼ばれています。  また、 「雄町」の酒は、 丸みのあるふくよかな味わいと、 熟成したときの旨みが特徴で、 昨今の日本酒人気の中においても特に熱い注目を浴び、 雄町ファンのことを指す“オマチスト”という造語も誕生しています。   今回のイベントでは、 利守酒造(赤磐市)、 宮下酒造(岡山市)、 室町酒造(赤磐市)の3蔵元それぞれイチオシの銘柄「赤磐雄町 荒走り(季節限定)」、 「極聖 純米吟醸高島雄町」、 「純米吟醸 佐近」が登場します。
 

 

 

 





 







《瀬戸内のおいしいおつまみを提供します!》
 ◆「焼ままかり」・・・あまりの旨さについ食べ過ぎて隣の家から飯(まま)を借りたという
                 「ままかり」。 三杯酢に漬け込んだ岡山地方の伝統料理。
 ◆「げんこつ鶏」・・・自然の中を走り回りすくすくと育った平飼いの親鶏の炭火焼き鳥。
                噛めば噛むほど溢れ出すうま味と鶏の香りがたまらないおいしさ。
 ◆「牡蠣」・・・・・・岡山で注目のイタリア料理店「頭島レストラン」を経営する
            寺田真紀夫シェフ監修のカキ料理。
 ◆「ふなめし」・・・・コクのある脂ののった「寒鮒」とたっぷりの冬野菜が
            入った熱々の岡山県南部の郷土料理。

《チケット制1,000円(200円×5枚)》
 ぐい呑み1 杯(60ml)200 円・おつまみ1 皿200 円にご利用いただけます。
 ※お酒の銘柄によりチケット枚数は異なる場合があります。  


2.山野町長、 自らが行うトップセールス相談会(移住相談会)実施!
  矢掛町ブランド・移住・観光PRフェア

 矢掛町は、 岡山県の南西部に位置し、 江戸時代に宿場町として栄え参勤交代で諸大名が往来しました。  本陣や脇本陣などが往時の姿を残す町並みは美しく、 11月には町並みを舞台として「宿場まつり 大名行列」も行われ、 歴史が現代の人びとの暮らしの中に息づいています。  平成25年度には、 「やかげ町家交流館」が、 平成26年度には宿泊施設「矢掛屋」が古民家を改装してオープンし、 歴史ある町並みに新たなにぎわいが生まれました。
 フェア当日は、 矢掛町の町長自らが魅力を発信するトップセールス相談会(移住相談会)や、 矢掛町特産品の販売、 矢掛町観光PR、 やかげ観光大使「やかっぴー」によるじゃんけん大会、 来場者への記念品プレゼントなどを予定しております。  この機会に、 「矢掛町」の魅力を、 来て!見て!感じてください。
 

                       【旧矢掛本陣】

                       【矢掛屋】

                    【やかげ町家交流館】

                    【旧矢掛脇本陣脇の小路】

■開催日時  2017年1月14日(土) 13:00~17:00
       2017年1月15日(日) 10:00~14:00
■開催場所  「とっとり・おかやま新橋館」内
■主催    矢掛町  TEL:0866-82-1016(矢掛町役場産業観光課)
       問い合わせ対応時間: 平日08:30~17:15
■開催内容

 


(1)トップセールス相談会(移住相談会)
  ・矢掛町への移住希望者等に対して、
   山野町長自ら矢掛町の魅力を発信。


 


(2)矢掛町特産品の販売、 矢掛町観光PR

 

  ・「矢掛町ブランド」認定品の販売
   (矢掛町の恵まれた環境と風土の中で育まれ、
    優れた素材・技術を生かした高い品質をもつ特産品。
    平成22年度から開始し、 平成28年11月現在で46品目を認定。 )

 



  ・「みかわてらすピクルス」の販売

   (矢掛町の中でも特に自然の山々と水、 棚田が美しく調和した美川地
    区の採れたて野菜の旨味をギュッと詰め込んだピクルス/ディップ
    ソースなどがあります。
    名前の由来は、 『みかわ(=美川)』
    『てらす(=Terrace、 照らす)』です。 )

  ・矢掛町観光PR(旧矢掛本陣など観光名所 など)



(3)やかげ観光大使「やかっぴー」じゃんけん大会
  (時間は変更する場合があります。 )
  ・2017年1月14日(土)13:30~(1回目)、 15:00~(2回目)
  ・2017年1月15日(日)11:00~
   ※優勝者(入賞者)に記念品プレゼント。
   (矢掛町ブランド認定品を予定)




(4)来場者への記念品
  ・両日先着50名様(予定)に記念品プレゼント。 (やかっぴーグッズを予定)




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です