ニュースリリースを中心に世の中の最新情報を発信するWebメディア

大注目の画家、池田学を特集! 極細の線で描く壮大な絵画世界に迫る

大注目の画家、池田学を特集! 極細の線で描く壮大な絵画世界に迫る
いま、 日本初の大規模個展が大熱狂をおこしている画家、 池田学。 世界が驚愕する、 緻密なペン画による壮大な作品世界は、 いかにして生みだされるのか?

3月17日(金)発売の『美術手帖』4月号は、 日本のアーティスト「池田学」を大特集。

池田は現在、 故郷の佐賀県立美術館での大規模個展が、
開幕から約7週間で入場者数7万人を突破するなど、 地方の展覧会として異例の熱狂をおこしている。
本展「池田学展 The Pen -凝縮の宇宙-」は、 4月に金沢21世紀美術館(石川県)、 9月に日本橋高島屋(東京都)へと巡回するため、 2017年はますます関心が高まりそうだ。

 
池田は、 1mmにも満たない極細のペンによる線で描く、 巨大な絵画で知られる。
今回の個展で日本初公開された新作《誕生》は、 3×4mという大画面で、 その全体をペンの線が覆う。
構想に2年、 制作に3年3か月。 強靭な忍耐力と精神力に支えられた、 ペン画の傑作だ。

東日本大震災を発端に描かれた本作は、 世界中で起こりうる災害がテーマ。
文明と自然の共存、 生命の生と死、 復興への祈りなどが描きこめられた、
想像力あふれる壮大なイメージが見る者を魅了する。
 

新作《誕生》の大判ポスター
新作《誕生》の大判ポスター


『美術手帖』4月号では、 《誕生》の大判ポスターを封入するほか、 池田のロングインタビューや、
作品解説、 30ページにわたる豪華ビジュアルページなどを掲載。
登山や旅、 スタジオジブリ作品など、 自らの作品に影響を与えたものについても語っている。

東京藝術大学時代の後輩であった、 俳優・映画監督の伊勢谷友介や、
美術史家の山下裕二、 生物学者の福岡伸一ら、 親交が深い著名人も、 池田の作品や人となりについてインタビューにこたえている。

 

対談:毛利衛×池田学
対談:毛利衛×池田学


さらに、 宇宙飛行士・毛利衛との対談では、 科学者と芸術家というそれぞれの立場から、 世界や宇宙のとらえかたを語りあう。

 
いまもっとも熱い注目を集める日本人アーティストのひとりである池田の、 画業の歩みから人柄にまで迫る本特集。
大規模個展とあわせて読めば、 その類いまれな作品世界を深く知ることができるだろう。

____

『美術手帖』4月号
【特集】 池田学 ペンで登る絵画の頂

・新作《誕生》特別ポスター
・作品ビジュアルページ「The Art of Manabu Ikeda」
・ロング・インタビュー 細部の重なりから生まれる、 イマジネーションの世界 福住廉=聞き手・文
・池田学が解説! 細部と全体を往還する《誕生》をめぐる視点の旅
・《誕生》を育んだ マディソンの3年間 ラッセル・パンチェンコ(マディソン美術館長)インタビュー
・池田学をつくる10のもの
 山/虫/釣り/ジブリ/旅/スキー/日常の風景/家族/病気/ペン
・対談:毛利衛×池田学 科学と芸術は世界をどうとらえるか?
・池田学 画業アルバム 1973-2017
・関係者10人に聞く! 池田学の素顔と作品
 三潴末雄/山下裕二/福岡伸一/中島千波/手塚美和子/
 秋山沙也子/内呂博之/有山達也/伊勢谷友介/金子剛
・論考:誕生と生誕のあいだ──池田学が描く「近さと遠さ」について 椹木野衣=文

 ___

ARTIST INTERVIEW N・S・ハルシャ
Artist Pick Up ユルゲン・テラー
ART NAVI 今月の美術館・ギャラリーガイド
___

美術手帖4月号3月17日(金)発売
定価1600円+税
発行元=美術出版社

『美術手帖』公式サイト http://www.bijutsu.press/books/
Amazonサイト  http://amzn.asia/3bqe2CP

 
*******

【池田学 展覧会情報】
「池田学  The Pen -凝縮の宇宙-」展
・佐賀県立美術館(佐賀県)
会期:1月20日(金)~3月20日(月・祝)

・金沢21世紀美術館(石川県)
会期:4月8日(土)~7月9日(日)

・日本橋高島屋(東京都
 会期:9月27日(水)~10月9日(月・祝)

All works: (C) IKEDA Manabu Courtesy of Mizuma Art Gallery
*******

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です